『高専ライブ』ご案内・次回予告

 ラジオ番組『高専ライブ』は、福井高専が得意とするものづくりを、もっと地域の皆様に活用していただけるよう、お送りしています。 国立高専機構 福井高専の提供です。

  Web配信のご案内・お便りの宛先は、下の方をご覧ください。

 

 次回『高専ライブ』は、

 7月12日(日)11時から第680回 放送です。
   

  出演予定

 電子情報科 西教員
 4年機械科   木村
  同物質科   田中
 2年電気電子科 高橋
 
 
の出演でお送りします。      


 コーナーは「サイエンス共和国」第36回
 「i-phoneで儲ける技術者の話」 (平成30年8月5日放送分) 
 をお送りします。      

 お話は、応用物理・長谷川教員、ききては専攻科環境システム
 1年・水島
です。

 出演者・内容は都合により変更することがあります。 


 7月5日(日)は、第679回(教員のみ出演)をお送りしました。
 出演者・内容は、5日付記事をご参照ください。
 
再放送は、7月11日(土)23時からです。
 
 

 『高専ライブ』は、福井高専放送・メディア研究会(部活)が主に制作・出演しています。
  メディア研Facebookページ https://www.facebook.com/fukuibmc/ 
 学生・教員のパーソナリティを中心に、高専とその周辺の話題を楽しく語ります。また、高専にゆかりの様々な方とのインタビューもお届けします(定期試験期間、異常気象時など学生の課外活動が制限される際は、教員のみによる制作・放送となることがあります)。
 

 たんなん夢レディオ(丹南FM 79.1MHz)からお届けしています。放送はYou Tube Liveでも同時配信していますので、世界中どこでも『高専ライブ』をお聞きになれます。
 Google Chromeにて、
たんなん夢レディオのホームページ http://tannan.fm/ からのリンクをご利用ください
 現在、同時配信が不調のため、ライブストリーミングをご利用ください。上記ホームページからご利用になれます。 

  番組やコーナーへのご質問・ご感想メールは、k@tannan.fm で受け付けております。また、たんなん夢レディオのホームページからもメッセージをお送りいただけます。たくさんのお便りをお待ちしております。 

2020年7月 6日 (月)

コロナ休校後初の高専での活動

 今日は、およそ四カ月ぶりに、高専での部活が実現しました!
 まずは、ソーシャル・ディスタンスを考慮してA-labに集合。ここで、ミーティングと話し方勉強会を行いしました。
 ミーティングでは、学生・顧問・指導員が一体となって、この遠隔収録主体となっているなかで、よりいい放送にしていくにはどうすればいいかを、熱心に討議しました。
 話し方勉強会は、今日は軽く、発声練習(というか、発声のし方を思い出す)だけで終わりました。マスクしての発声はちょっと苦しいですね。

 その後は、新部室で『高専ライブ』の準備作業を行いました。
 部室の位置はここです。高専OBの方はお分かりと思いますが、元の学生会室ですね。

205131661


 今年度から移設した新部室で、学生が参加しての活動は初めてです。いよいよ、この部室にも魂が吹き込まれた感じですね。

205131490

205131492

 メディア研の部室に、謎の扉があるのは宿命なのでしょうか。 

 まだまだ厳しい環境が続きますが、メディア研はがんばって活動していきますよ。

2020年7月 5日 (日)

『高専ライブ』679回報告(教員回・山脇先生)


 7月5日679回目の放送は、数学・長水教員、国語・市村教員、電子情報科・西教員の出演でお送りしました。
 新任教員ゲストとして、5月に着任されたばかりの物質科・山脇夢彦(むげん)教員をお迎えしました。

※新型コロナウイルスの影響で学生の課外活動が制限されていますので、教員のみによる放送とします。
 
本日のお話


◎山脇先生に聞く(1)
 有機化学のご担当で、光エネルギーを活用して有機合成をする、という最先端の研究をなさっています。
 光合成のメカニズムは未だ解明されていないのだそうですが、一つ一つ明らかにしつつ応用しているのですね。

◎山脇先生に聞く(2)
 小学校4年からバドミントンを始め、中学校からはかなり打ち込まれたそうです。病気に気づかずにバドミントンを続けて大変なことになったことも。それでもやめられないほどお好きでした。
 いまでも週一回くらいはなさっているそうです。 

◎山脇先生に聞く(3)
 地元の福井大学の大学院を修了されたあと、薬品会社に勤めた後、着任されました。以前から教員になりたいという気持ちはおありだったのですね。
 これから、世界で通用するような研究員を高専から輩出できれば、と思っていらっしゃるそうです。先生の実験を見せるライブ授業は学生にも好評のようです。
 
◎山脇夢彦先生から学生のみなさんへのメッセージ
 夢を諦めずに、思い切って行動して挑戦することで、かないます。頑張ってください。 
 
 コーナーはお休みでした。
  
♭本日流した曲(いずれも山脇先生select)
「Pretender」Official髭男dism
「ピエロ -Twilight City arranged-」SEKAI NO OWARI
「同じ空の下」高橋優 

2020年6月28日 (日)

『高専ライブ』678回報告

 6月28日678回目の放送は、一般科目教員・市村教員、4年機械科・木村、同物質科・田中、3年機械科・武村でお送りしました。

※新型コロナウィルスの影響で学生の課外活動が制限されていますので、遠隔会議システムを用いて、学生は自宅から出演しました。
※本日は、YouTube Liveが聴き取りにくく、申し訳ありません。お聴きになれなかった方は、ぜひ、再放送でお楽しみください。

本日のお話

◎ 自粛期間中の料理の話🍳
 この自粛期間、最近になり少し色々と緩和してきたように思います。そんな自粛期間で、ラジオメンバーは料理をしているのか...?ということを聞いてみました。
 ちょっとした料理をしたり、カップ麺生活だった、などやはりそれぞれでしたね。
 皆さんはこの期間中に何か料理されましたか?

◎パーフェクトの話💮
 6月28日は"パフェの日"という事なのですが...これは語呂合わせでなく、甘いパフェの日でもなくて、パーフェクトの"パフェ"だと。私はてっきりフルーツが沢山乗ったりしている甘味のパフェだと思っていました。
 そこで皆さんには、皆さんに自分のここはパーフェクトだって思うことをお聞きしました。
 やはり、難しいです。自分を見つめ直してみるとなかなかに見つける事ができない...と思い込んでしまいますね。

◎ 小さい時から大切にしてる物の話
 皆さんは幼い頃から大切にしているものはありますか? 私はショルダーバックとぬいぐるみです。
 やはり、想いのこもったものは大切にしますよね。ラジオメンバーもぬいぐるみだったり、家族から貰ったものだったり。
 心が温かくなる、そんなお話でした。
 
♭本日流した曲
「ニホンノミカタ -ネバダカラキマシタ-」矢島美容室
「gift」Mr.Children

2020年6月23日 (火)

『高専ライブ』677回報告

 6月21日677回目の放送は、国語・市村教員、専攻科生産システム1年・西島、4年環境都市科・椎林、2年機械工学科・山内、でお送りしました。
※新型コロナウィルスの影響で学生の課外活動が制限されていますので、遠隔会議システムを用いて、学生は自宅から出演しました。
 

本日のお話


◎梅雨入り
 とうとう梅雨入りしました。例年この時期になると全国各地で大雨による災害が起きています。コロナの影響で避難が思うようにできない今、どういった対策が取れるのかメンバーと話し合いました。この機会に皆さんも家族と話し合ってみてください。

◎夏至
 気が付けばもう夏になっていました。コロナの影響で窮屈な夏になるかもしれませんがメンバーにこの夏してみたい事、できたらいいなって事を話してもらいました。ちなみに私(椎林)は温泉に行きたいです。皆さんは何がしたいですか?

◎ 自粛期間に身についた事
 自粛解除から1ヶ月が経ち、元の生活に戻りつつあります。そこで、長い自粛期間の生活によって身に付いた悪い癖、良い習慣などをメンバーに聞きました。皆さんはどんな事が身に付きましたか?
 
☆コーナー
本日は、2018年10月14日に放送されたPES cafe 第9回「トレーニングのお話」の再放送をお送りしました。お話は保健体育・松井教員、ききては3年電子情報工学科・山野でした。
 

♭本日流した曲
「白日」king Gnu 
「月と花束」さユり

2020年6月16日 (火)

『高専ライブ』676回報告

 6月14日676回目の放送は、一般科目教員・市村教員、3年物質工学科・坂田、2年機械工学科・山内、2年電気電子工学科・南茂でお送りしました。
※新型コロナウィルスの影響で学生の課外活動が制限されていますので、遠隔会議システムを用いて、学生は自宅から出演しました。

本日のお話...
◎ 自粛明けの話題
 緊急事態宣言が解除され、まだ油断が出来ませんが外をある程度出歩けるようにはなりましたが、メンバーには外出したところはあるかどうか聞きました?皆さんはどこか外出しましたか?

◎お気に入りの作品の話題
 自粛期間が長引いていたことから様々な作品に触れる機会が増えたことだと思います。そこでメンバーにはお気に入りの映画やアニメ、ドラマ、本等々などを聞きました。大河ドラマで触れましたが、私(坂田)が好きな武将は本田忠勝ですね。傷一つ負ったことがないというのは心躍ります。

◎ ☆献血の話
  6月14日は世界献血者デーとされ、カール・ラントシュタイナーというABO式血液型を発見した科学者の誕生日から制定されました。メンバーはみんな行ったことがないそうでしたが、無料でジュースが飲み放題だったりお菓子やアイスなども貰えたり、血液の状態の確認も診断書付きで貰えたりと、いいことが多いのでリスナーさんも行ってみてはどうですか?

◎コーナー
本日は、2019年11月3日に放送された数学の部屋 ~season2~ 第11回「方程式と数学者達」の再放送をお送りしました。お話は長水教員、ききては当時1年F1クラス・野々垣、1年F4クラス・吹寄でした。

♭本日流した曲
Van Halen 「Pretty Woman」
Marty McFly 「Johnny B.Goode」

2020年6月 7日 (日)

『高専ライブ』675回報告

 6月7日675回目の放送は、一般科目教員・市村教員、5年電気電子工学科・越後、4年機械工学科・木村、3年電子情報工学科・山野でお送りしました。
※新型コロナウィルスの影響で学生の課外活動が制限されていますので、遠隔会議システムを用いて、学生は自宅から出演しました。...

本日のお話

◎ お家での生活事情🏘
 高専生は3月頭頃から春休みが始まり、気がつけば4月、5月と終わってしまい。もう6月です。"....はっ。"と振り返ってみるとすごい長い時間お家にいるんだな...と思いました。そんな中、皆さんが自宅で何をしているのか聞いてみました。Pcで自分の趣味を広げていたり、動画配信サイト等で映画やドラマなどを見てのんびり過ごしたり...などやはり過ごし方は色々ですね。まだ、自粛期間は続きますが皆さんも頑張ってこの事態を乗り切りましょう。

◎暑さ対策のお話🏖
 最近はかなり気温の差が激しく、熱中症の方々も増えてきたみたいです。と言う私も脱水症状になってしまい、つい先日点滴をしてきました。そんなこの季節で活用できる暑さ対策を皆さんにお聞きしました。扇風機を動かし、部屋の空気を循環させる。自然の風に任せるなど様々な意見ありましたが、やはり自然の風は皆さんにとって大切な暑さ対策の必需品という事がわかりましたね。

◎ ちょっとだけやらかしてしまったお話
 ピリピリとしたこんなご時世、少しほっこりするようなお話が聞きたくてこんな話題を皆さんに聞いてみました。やはり、配達業者関係のトラブルが多いみたいです。予約名を自分達じゃないと思い込んでいたりもありました。でも、なにより素麺の汁を珈琲と間違って飲んでしまったお話が今回のベストトラブルですね。(笑)

◎コーナー
本日は、サイエンス共和国 第18回「食品に使われる材料のお話」の再放送をお送りしました。お話は長谷川教員、ききては水島さんでした。

♭本日流した曲
「Moster」Starset
「高嶺の花子さん」back number
「MINT」Suchmos (コーナー内)

2020年5月31日 (日)

『高専ライブ』674回報告

 5月31日674回目の放送は、電子情報科・西教員、専攻科生産システム1年・西島、同環境システム1年・水島、2年機械科・山内の出演でお送りしました。
※新型コロナウィルスの影響で学生の課外活動が制限されていますので、遠隔会議システムを用いて、学生は自宅から出演しました。
 
本日のお話

◎今授業で勉強していること
 今後、少人数の実験・演習科目を登校して実施するようになります。機械科2年では、実際に工具や機械などを触ってみる授業があります。
 専攻科では、デザイン系の授業もカリキュラムに含まれており、これまでにない内容が学べそうです。ものづくりについても、作ったもののコストや安全性など、より社会での影響を考えた観点から考えています。

◎夏への備え
 衣替えの時季になりましたが、今年は「マスクの衣替え」で夏向きの薄手や保冷剤の入れられるマスクを検討しよう、という話が出ました。涼しそうな作務衣に意外に人気も。
 高専指定の夏服(ポロシャツ)は、なかなか着心地がいいそうです。
 熱中症対策も考えないといけない季節ですね。みなさんもお気をつけください。
 
★コーナーは「PES Cafe」傑作選として、第24回「救急処置」(令和元年5月26日放送分)をお送りしました。
 119番から救急車が来るまでの時間は平均8分ほど、ということで、意外に早いのですね。でも、その8分が待てない心停止の場合に救急処置が大切ですね。助かる命が増えるように。
 お話は、保健体育・松井教員、ききては、3年電子情報科・山野でした。
 
◎6月の予定と楽しみ
 まだまだ予定が立てにくい状況ですね。
 学校に行く機会ができるのは、ちょっと楽しみですね。カフェでちょっとくつろいだり、ライブや温泉などに行ったりしてみたい、という人も…。
  
♭本日流した曲
「青春サンポ」ナオト・インティライミ
「太陽」コブクロ
「どか~ん」真心ブラザーズ(「PES Cafe」内)

2020年5月24日 (日)

『高専ライブ』673回報告

 5月24日673回目の放送は、電子情報科・西教員、4年機械科・木村、同物質科・田中、2年機械科・井上の出演でお送りしました。
※新型コロナウィルスの影響で学生の課外活動が制限されていますので、遠隔会議システムを用いて、学生は自宅から出演しました。
 
本日のお話

◎遠隔授業を受けてみて
 先週に続いて学生に訊いてみました。
 パワーポイントで進む授業はテンポが早くて大変、先生が一方的に話すので質問のタイミングが難しい、といった問題点が感じられるようです。
 でも、オンデマンドで後から動画を見返すことができたり、周囲の学生の話し声などに気が散ることなく楽な姿勢で授業を受けられる、といったメリットもあります。

◎楽しみにしているイベントなど
 コロナが終息したら、行ってみたい、やってみたいイベント・活動などを訊きました。
 コミックマーケットやオリンピックが中止・延期になったのがやっぱり残念ですね。2年生は、せっかく授業で実習系の専門科目が始まるのに、まだできていないのが残念です。先輩からは、面白かった授業のことを教えてもらえましたよ。 
 
★コーナーは「数学の部屋 season2」傑作選として、第4回「無理数」(令和元年8月4日放送分) をお送りしました。
 専門領域によって、数学の「文字」の使い方が違うこともあるのは、ややこしいですね。自然数が無限個あるのは分かりますが、有理数と無理数はどっちが多い? と訊かれるとちょっととまどってしまいます。答えは意外なものでした。
 お話は、数学・長水教員、ききては、2年電気電子科・高橋、同環境都市科・野々垣でした。
 
◎おしゃべりで玉子焼き
 家や地域によって違う玉子焼き、学生パーソナリティの家ではどうでしょうか?
 紅しょうがを混ぜて焼くのがお気に入り、甘いのと甘くないのと2種類作る、だしを効かせたうま味のあるのがいい、など、それぞれ全く違う味がありました。
 みなさんも、自分のこだわりの玉子焼きについて、教えてくださいね。
  
♭本日流した曲
「ボクノート」スキマスイッチ
「逢いたくて今」Misia

2020年5月17日 (日)

『高専ライブ』672回報告

 5月17日672回目の放送は、電子情報科・西教員、専攻科生産システム1年・西島、3年物質科・坂田、2年機械科・山内の出演でお送りしました。
※新型コロナウィルスの影響で学生の課外活動が制限されていますので、遠隔会議システムを用いて、学生は自宅から出演しました。
 
本日のお話


◎遠隔授業を受けてみて
 質問がすぐに返信できるところや、難しいところを何回でも再生できるところは便利です。
 でも、教室の空気感が感じられないのは、やはり寂しい感じがします。

◎自粛生活のなかで気づくこと
 飲食店のバイトは、混雑してきつかったそうです。人と会うこと、なにげない会話がとても大事だったのだ、と思い知らされた人もいます。こういうときだからこそ、ポジティブな気持ちを保つことがたいせつ、という意見も出ました。
 みなさんも、このところの生活でお気づきの点があれば、お教えくださいね。 
 
★コーナーは「サイエンス共和国」傑作選として、第38回「化学物質の話」(平成30年8月22日放送分) をお送りしました。
 毒ガスのマスタードガスを元に抗癌剤が作られた、というエピソードは意外でした。何事も、使い方次第で毒にも薬にもなるのですね。
 お話は応用物理・長谷川教員、ききては専攻科環境システム1年科・水島でした。
 
◎インターネットがなかったら
 遠隔でのコミュニケーションができなくなったり、情報を得る手段が限られたりして不便そうですが、なかった時代もなんとかなっていたんだから、という声もあります。
 これほどインターネットに頼っている時期だからこそ、ちょっとインターネットについて考えてみたいですね。 

 
♭本日流した曲
「君がいるだけで」米米CLUB
「ありがとう」いきものがかり
「海」サザンオールスターズ(「サイエンス共和国」内)

2020年5月10日 (日)

『高専ライブ』671回報告

 5月10日671回目の放送は、電子情報科・西教員、4年環境都市科・椎林、2年機械科・井上、同電気電子科・高橋の出演でお送りしました。
※新型コロナウィルスの影響で学生の課外活動が制限されていますので、遠隔会議システムを用いて、学生は自宅から出演しました。回線事情により、一部お聴き苦しいところがあったことをお詫びします。
 
本日のお話

◎学生の家での過ごし方
 課題を少しずつやり、取ったばかりの免許を活かして近場でドライブしたりする人。やることが少ないのでゲームばかりして体力が落ちてる人。もともと外に出ることが少ないので、いつもどおり趣味に時間を割いている人。
 さまざまな過ごし方がありますね。

◎今年度の抱負
 課題に追われたりせず、余裕のある一年にしたい。
 得意教科だけでなく、バランスよく勉強したい。
 就職を見据えて、資格を取る年にしたい。
 それぞれ立派な抱負ですね。今の状況なので、じゅうぶんに勉強などの活動ができるかどうか、覚束ないところがつらいですが…。 
 
★コーナーは「PES Cafe」傑作選として、第25回「甲子園」(令和元年9月1日放送分) の回をお送りしました。
 一大会内の最多奪三振記録を持っているのは、板東英二さんだそうです。野球選手のイメージが薄いですが、偉大な方なんですね。球数制限が考えられていたり、継投が普通になってきたことを考えると、今後も破られることはないと言われているそうです。
 お話は保健体育・松井教員、ききては3年電子情報科・山野でした。
 
◎お母さんのイメージ
 お母さんは怖いけれど優しいところもある。
 厳しいところはあるけれど、それと別に元気で一緒に楽しめる印象がある。
 自分と似てないように見えて、基本的な考え方が似ているところで、親子のつながりを感じる。
 母親にはいろんなイメージが重なるようですね。今日の「母の日」にあたって、改めてお母さんについて考えてみるのもいいかもしれません。 
 
♭本日流した曲
「Tomorrow never knows」Mr. Children
「ルージュの伝言」荒井由実
「やさしさに包まれたなら」荒井由実

2020年5月 3日 (日)

『高専ライブ』670回報告(コロナ遠隔)

 5月3日670回目の放送は、電子情報科・西教員、4年機械科・木村、同物質科・田中、3年物質科・坂田、2年機械科・山内の出演でお送りしました。
※新型コロナウィルスの影響で学生の課外活動が制限されていますので、遠隔会議システムを用いて、学生は自宅から出演しました。そのため、多少お聴き苦しい点もあったかと思います。お詫びいたします。
 
本日のお話

◎学生の家での過ごし方
 家にある漫画や雑誌のお出かけ情報を読んでいる人、動画配信サービスで映画などを観ている人、iPadを新たに買ってそれと格闘している人、友達とオンラインゲームをしている人など、過ごし方はさまざまです。家業の手伝いに精を出しているという人もいて、有意義に過ごせているようですね。

◎今年度の抱負
 いろいろなことに計画的にとりくみ、生活を律する。
 赤点を取らないように、生活を根幹から見なおして規則正しく生活する。
 何事も自分から率先して実践し、教わったことを自分なりに咀嚼する。
 集中力を磨いて本気を出せるようにする。
 と、立派な抱負が並びました。今の状況ではなかなか思いどおりに暮らせないかもしれませんが、皆さんの今年の抱負はどんなものですか? 
 
★コーナーは「数学の部屋」傑作選として、season2第2回「恒等式と方程式」(令和元年7月21日放送分) の話題の回をお送りしました。
 計算が苦手でも、数学を怖がることはない、というのはありがたい話でしたね。恒等式は、実際にはなかなか出てこないように思いますが、公式も恒等式の一種なんだそうです。
 お話は、数学・長水教員、ききては山内のほか、2年電気電子科・高橋でした。
 
◎今思う「学校」とは?
 学校に通っていない今だからこそ、学校が協調性・社会性なども通して育てる場所だ、と実感できますね。人としての学びができるのが、学校だということなんですね。授業があって提出期限があるからこそ、勉強の意欲が湧く、という声も。他人との関わりのなかで考え方を拡げ、規律を生み出してくれる場所である、ということのようです。
 早く学校に学生の姿が戻るといいですね。
 
♭本日流した曲
「家に帰ろう」竹内まりや
「世界でいちばん遠い場所」渡辺美里

2020年4月12日 (日)

『高専ライブ』669回報告(木村先生・コロナ1年家庭学習)

 4月12日669回目の放送は、数学・長水、国語・市村、電子情報科・西の各教員の出演でお送りしました。
 そして新任教員ゲストとして、歴史・木村教員をお迎えしてお話を伺いました。
 そのほか、現在家庭学習のための課題が学生に出ていますが、それについての解説などを、各教科の先生にお願いしました。
※新型コロナウィルスの影響で学生の課外活動が制限されていますので、教員のみの出演とさせていただきました。
 
本日のお話


◎木村先生にきく
 専門のご研究は、海軍の師団兵を(拠点が少ないにもかかわらず)どのように広報して全国から集めていたか、といった点についてです。陸軍の徴兵制については知られていますが、海軍についてはあまり研究がなされていないのだそうです。高校生の頃から、歴史のなかでも軍隊に興味を持っておられたとか。

◎1年生の家庭学習の課題についてのお話(1)
 物理基礎(挽野教員):問題演習は、図をきちんと描く
 国語(伊勢教員):「羅生門」をきちんと読めるようにしておき、感想を
 歴史I(木村教員):歴史に関する映画・ドラマを観て(感想だけでなく)評論

◎1年生の家庭学習の課題についてのお話(2)
 基礎解析A・B(長水教員):数学科の動画やホームページを観て参考に
 英語Ⅰ(藤田教員):三つの課題にしっかり取り組んで提出を 

◎家庭学習をすすめるうえでの注意点
 規則正しい生活に努めましょう。いろいろな教科をバランスよくやると効率が上がります。 
 休憩時間とのけじめもしっかりつけ、友達とも情報交換をしながらやりましょう。
 どの日、どの時間にどの課題をやるか、計画的にやるのがいいですね。
 誘惑するようなアイテムを排除し、気が散らないような環境をつくるのも大切です。
 
♭本日流した曲
「SAKURA」いきものがかり
「Sakura」レミオロメン
「桜」コブクロ

2020年4月 1日 (水)

コーナー担当教員ご退職のお知らせとお礼

『高専ライブ』のコーナー「英語の囃子」をご担当くださった英語・吉田先生、「ジャズバー歴史」をご担当くださった歴史・手嶋先生、ともに3月31日付で福井高専を退職なさいました。
 楽しくためになるコーナーで『高専ライブ』を盛り上げてくださったほか、たびたびのゲスト出演などでご協力くださいました両先生に、お礼申し上げるとともに、今後のご活躍をお祈りいたします。
 ありがとうございました。

2020年3月29日 (日)

『高専ライブ』668回報告(コロナ禍中の卒業式インタビュー)

 3月29日668回目の放送は、数学・長水、国語・市村、電子情報科・西の各教員の出演でお送りしました。
※新型コロナウィルスの影響で学生の課外活動が制限されていますので、スタジオ出演は教員のみとさせていただきました。
 
本日のお話

 今年度の卒業・修了式は、3月19日(木)、越前市文化センターで、規模を大幅に縮小して行われました。
 今回は、会場でのインタビューを中心にお送りしました。 

◎卒業・修了生の高専生活の思い出
 友達がたくさんできたこと。徹夜で製図したりボールペンで手書きのレポートを苦心して書いたりなど課題に苦しんだこと。高専祭委員や寮生会で活動したこと。部活でがんばったこと。高専祭で踊ったり露店を出したり、体育祭で旗作りや応援をしたり、行事を楽しんだこと。お土産交換などした3年の研修旅行。高専から三週間の留学に行ったこと。就職につながったインターンシップ。
 などなど、人によって、いろいろなことに思い出があるようです。なかには、何事にも必死で全てが思い出、という人や、毎年留年ぎりぎりだったことが思い出? という人も。
 専攻科生は、さすがに実験室を自由に使っての特別研究や、授業でのグループワークを挙げる人が多かったです。
 
◎卒業・修了生から後輩に贈る言葉
 課題はしっかりやって提出日までに出しましょう、と強調する人が多いようです。就職のためにもしっかり勉強を、ということですね。勉強と遊びを両立することや、先生とコミュニケーションをとることが大事、という人もいました。体調に気をつけて、という基本のアドバイスもありがたいですね。「魂を燃やせ!」という熱いメッセージもありましたよ。
 留学生からは、まちがってもいいから日本語でどんどん話そう、という助言をいただきました。
 そしてどの卒業・修了生からも、後輩への感謝の言葉が聞かれました。もちろん、ご両親への感謝も。
 
◎送辞を読む予定だった4年生から卒業生へ
 初めて出逢った四年前と比べて見違えるように大人になった先輩方、これからも私たちを引っぱってくださると嬉しいです。
 
◎教員から卒業生へ
 皆さんの未来にご多幸ありますように。from 物質科・松野教員
 何より健康第一です。つらくなったらいつでも高専に戻ってきてください。from 電気電子科・丸山教員
 今日の姿を見ると皆ちゃんとやっていけそう。まだまだ人生は長いですが、頑張ってください。from 応用数学・相場教員(現・5年生を1~2年時に担任)
 
 改めまして、卒業・修了生の皆さん、おめでとうございます。
 インタビューに応じてくださった皆さん、ありがとうございました。
 
♭本日流した曲
「YELL」いきものがかり
 
高専ライブは、毎週日曜午前11:00~12:00
丹南FM79.1MHzまたはYouTube Live(丹南FMホームページからリンク)で。
※現在、不調のため暫定的に http://133.167.37.18/live.html でも配信しています。  

番組や「PES cafe」「数学の部屋」「科学のつまみぐい」へのご意見、ご感想、ご質問などのお便りは、Facebookページへの書き込み、k@tannan.fm 宛メール、または丹南FMホームページからメッセージをどうぞ。

2020年3月19日 (木)

卒業式とそのライブ・動画配信中止

 3月19日に予定されておりました福井高専卒業証書・修了証書授与式につきまして、大ホールでの全体の式典は、中止となりました。会場にて学科・専攻科に分かれての証書の授与のみとなります。
 よって、そのライブ配信と録画も中止させていただきます。何卒ご了承ください。

2020年3月 8日 (日)

『高専ライブ』667回報告

 3月8日667回目の放送は、数学・長水、国語・市村、電子情報科・西の各教員の出演でお送りしました。
※新型コロナウィルスの影響で学生の課外活動が制限されていますので、急遽教員のみによる放送とさせていただきました。
 
本日のお話

◎校友会誌『青樹』の話
 福井高専では、毎年一回、主に学生の作文を載せた校友会誌『青樹』を刊行しています。先生方も、理工系の学生でも意外に書けるんだな、若い感性はこういう感じなんだな、などと楽しみに読んでいるようですよ。
 今年度の特集テーマは「東京オリンピック」でした。他にも、随想や小説・詩歌などさまざまなジャンルの文章が掲載されています。どのジャンルを書くかは学生の自由なのですが、不思議に各ジャンルの作品が満遍なく集まります。SNSなどで短い文章に触れることが多くなった昨今にあって、まとまった文章を読む機会は貴重ですね。
 西教員も、学生時代は『青樹』の編集委員を務めたんですよ。    
 
★コーナーは、傑作選を二つお送りしました。
「ジャズバー歴史」75杯目「卒業シーズン」(平成29年3月5日放送分)
 日本で3月が卒業シーズンになったのが、軍隊(徴兵検査)との関係だった、というのは意外でした。気候や農業のスケジュールともうまく合っていた、ということも、なるほど、と思わされます。今後見なおされることもあるんでしょうか?
 お話は歴史・手嶋教員、ききては環境都市科卒・田中さんでした。

「英語の囃子」第1回「カタカナ英語と英語の違い」(平成21年2月1日放送分)
 「マクドナルド」という発音は本場では通じなくて、「ムクダァノー」でないといけないそうです。日本人はどうしてもカタカナ表記に発音が引きずられてしまいますね。子音が続くときの発音のコツなど、学ぶことができました。  
 監修は英語・吉田教員、パーソナリティは電子情報科卒・丸山さんでした。  
 
♭本日流した曲
「空も飛べるはず」スピッツ
「New York State Of Mind」JUJU

2020年3月 1日 (日)

『高専ライブ』666回報告(5年生回)

 3月1日666回目の放送は、電子情報工学科・西教員、5年物質工学科・水島、5年電子情報工学科・西島、5年物質工学科・中島の出演でお送りしました。
 今回は、卒業を控えた5年生を中心とした放送でした。 

 
本日のお話


◎五年間の思い出
 3月にあることといえば、やはり卒業式ではないでしょうか。もう卒業式、五年間本当にあっという間でした。五年間の思い出を振り返ってみると、本当にたくさんのことがありました。なんだかしみじみしてしまいます。
 そこで、皆さんに簡単に五年間の思い出について教えてもらいました。
 1年での友達づくり、2年で増えた専門科目、3年の研修旅行、4年のインターンシップ、そして5年での卒業研究など、たくさんの思い出がありました。

◎ 進路の話
 今回のメンバーは三人とも卒業を控えているということで、気になるのはそれぞれの進路のこと。就職か、進学か、教えてもらいました。
 三人のうち二人が専攻科へ、一人が技科大へということで、三人とも進学でした。
 進学した後、何を学ぶのか、その先何をしたいのか、まだまだ明確なビジョンはみなさん持っていませんでしたが、これから頑張っていきたいところです。

◎ 卒研の話
 卒業式の前に乗り越えなくてはいけないものとして、卒業研究発表があります。それぞれが、初めて自分で責任を持って、行っていた卒業研究ですが、皆さんがどんな研究を行っていたのか聞いてみました。
 パソコンでシュミレーション計算、ボードゲーム、カビの研究、ロボット…なかなか難しいことを皆さんしているようで、とりあえず発表を頑張りたい…と言いたいところでしたが、実はコロナウイルスの感染拡大予防として、卒研発表が中止になりました。残念ですが、仕方ありませんね。みなさんも、体調にはどうか気をつけてください。
 
(コーナーはお休みでした)
 
♭本日流した曲
「ありがとう」FUNKY MONKEY BABYS
 
写真は、5年生3人で撮った記念の1枚です。

88265954_2692656880789611_84438178160202

2020年2月29日 (土)

新型コロナウィルス対応

 新型コロナウィルス対応に関する福井高専からのお知らせは、下記にまとめられていますので、ご参照ください。
 今後、状況の変化に伴って新しいお知らせが掲揚されることもありますので、ご注意ください。

 https://www.fukui-nct.ac.jp/important/
  

 メディア研も、当分の間、活動を休止します。

 『高専ライブ』の3月8日以降の放送については、現在検討中です。決まり次第、順次お知らせします。1日分は事前収録してありましたので、予定どおり放送します。

 

2020年2月26日 (水)

『高専ライブ』665回報告


 2月23日665回目の放送は、国語・市村教員、2年電子情報科・山野、1年F1クラス・高橋、同F4クラス・吹寄の出演でお送りしました。
 
本日のお話…

◎テストの感想
 放送日時点でテストが少しずつ返り始めてきて、「ここがダメだったなあ」や「こうしていればよかったなあ」など皆さん様々な気持ちを抱いていると思います。
 そこで、メンバーには、テストのよかった点や反省、自分にとっての効率の良い勉強法について聞いてみました。

◎王様になったらのお話
 放送日2月23日は今上陛下の即位されて初の御誕生日ということで、まことにおめでたい日となりました。日本にとって非常に重要な日ともなったのではないでしょうか。
 現代の日本では、天皇は日本の象徴と位置づけられています。が、昔の各国の王様は強い権力を持っており、政治に大きな影響を及ぼせる人物でもありました。
 そこで、メンバーには、もしも昔の王様のように、強い権力を握る人物になったら、どのような行動をとってみたいか、について聞いてみました。

◎富士山の日のお話
 2月23日は語呂合わせで富士山の日でもありました。私(高橋)は、富士山には登ったことは無いのですが、中学生の時代の修学旅行にて、新幹線に乗る時に見ることの出来た富士山にとても感動しました。
 そこで、メンバーには、富士山や、その他の山に関するエピソードについて聞いてみました。
 
★コーナーは、「数学の部屋 season2」第21回、「一年の授業を振り返って」のお話をお送りしました。
 1年生の数学を通してのまとめの話でした。やはり、高専1年生の数学は他の公立の人達と比べて非常にテンポが早く、わからない事の連続でしたが、これを理解できた時の快感は凄まじかったです。リスナーの皆さんも1年間の授業を振り返ってみてはいかがでしょうか。
 お話は数学・長水教員、ききては高橋のほか、1年F5クラス・山内、山野でした。
 
♭本日流した曲
「花びらたちのマーチ」Aimer
「I beg you」Aimer
「ポラリス」Aimer

«話し方勉強会~ 三人目の外郎マスター