« カツカレー選集(13)~ るう~ | トップページ | シェラトンホテル広島 2 »

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート

 新年の連休、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート(左記リンクは、『楽天トラベル』の同ホテルページにつながります。予約もできます)に二泊した。このホテルに泊まるのは、五年ぶりくらいになろうか。
 かなり純粋なリゾートホテルだし、旅行禁止の間、足が遠のいていた。宮崎というのは、なかなか縁や必然性がないので、来る用事や口実ができにくいのである。九州唯一のスターウッドホテルとして貴重な存在ではあるのだが、できれば福岡か長崎あたりにもう一館くらいあれば、と思う。

 宮崎駅からバスで二十五分くらいで着くことができる。タクシーなら二千円くらいであろう。空港からの直通バスもあるが、本数は限られる。シーガイア園内のシャトルバスもあるが、以前乗り入れていたイオンには、現在は入っていないようである。その代わり、空港連絡バスがイオンに寄る。

 そのバスで1階の玄関に到着した。メインの車寄せは2階なので、ドアマンはいないが、入ったところに待機するスタッフがいる。ところが、ここでは他の客の行動で出鼻をくじかれた。なんでホテルを利用するのに鷹揚にふるまえないのか、と思う。
 バスの前方座席に坐っていたので、わたしが先に降りた。後ろから初老の夫婦が降りてきた。ホテル滞在中の客らしく、軽い荷物しか持っていない。わたしはショルダーバッグを肩げ、大きなキャリーバッグを引いている。ところが、件の夫婦、というか、ご主人が、わ たしのすぐ後ろをすたすたとついてくる足音がする。三人しかいないし、連れではないのだから、少し距離をおけばどうかと思うが、わたしが少し早足気味になっても、さらに頑張ってついてくる。奥さんもしかたなくそれに従っている様子だ。背後だからよく分からないが。
 案の定スタッフは、わたしたち三人を連れだと思って、軽く会釈しただけである。が、幸いこの若い女性スタッフの仕事熱心が客の不作法を上回った。わたし一人が大きな荷物を抱えている不自然さ、そしてわたしだけがフロントはどこかと戸惑っている様子に、背中からすぐ気付いてくれた。挨拶したらもう仕事は終わり、と機械的に目を逸らすのでなく、ちゃんと目を配っていたのである。すぐにわたしに駆け寄ってきて荷物を取り、名前を訊く。
 そこで手に持った宿泊者名簿のコピーと照合して既に当方がプラチナメンバーだと把握し、ただちにフロントではなくコンシェルジュデスクまで案内し、引き継いでくれた。ここがスターウッド会員用受付を兼ねるらしい。スムーズな流れに感心する。
 ここで、プラチナの特典などいろいろ説明されるが、併設する温泉の無料券と朝食の無料券とが選択になっていた。なかなか迷うところで、できれば両方つけてほしい、せめて一泊めと二泊めで換えさせてほしいものだが、いろいろ都合があるのだろう。朝食を選択した。
 愛想のよい女性コンシェルジュがてきぱきとチェックインを扱ってくれ、そのまま部屋まで案内してくれる。

 今回は、29階のグランデオーシャングランドスイートという長い名前の部屋にアップグレードしてもらった。前回の滞在もこのタイプの部屋だった気がする。
 ドアを開けると、短い廊下のようになっていて、その左側にクローゼット、右側にトイレがある。そこからもう一つドアを通るとリビングになる。ソファとライティングデスク、テレビが配置されていて、空間も十分にある。そのリビングの奥にある引戸を開けると寝室で、ベッドが二つ並ぶ。さらにその奥、入口ドアの方向に廻り込むように進むとバスルームがあり、ここにもトイレがセパレートされている。シャワーブースも独立している。
 派手さはないが、寛ぎやすい配置になっている感じである。三方向に、電動開閉カーテン付きの大きな窓があり、シティビュー・オーシャンビューが愉しめる。海とその手前の広大な林は目に優しい(写真右は、寝室の窓からみた海の景色。朝なので逆光である)121080961 ただし、シティの方は、市街地のはずれであり、田んぼも多くて、特にいい景色というわけではない。
 広さも71平米と、十分である。有効面積でいうと、自宅より広いかもしれない。いわゆる角部屋なのだが、ウェスティン大阪のコーナースィートなどに比べて、うまく配置されていると思う。

 備品も整っているので、特に不自由はなかった。
 ただ、洗面所の身だしなみ用具(歯ブラシ・カミソリ・櫛など)は、まとめて袋に入れられ、口が縛ってあった。使うときにはこれをいちいちほどかねばならないし、一泊めに歯ブラシだけを使ったら、その後袋まるごと補充されていた。何かと無駄だと思うが、袋に入れるのは、温泉に持っていけるようにということだろうか。
 温泉併設だけに、部屋には下駄が備えられている。浴衣もかなり本格的なので、これは館内を着て歩いてもいいものである。バスルームにはこれとは別にバスローブもある。
 プラチナ向けのサービスとして、無料のミネラルウォーターが二本テーブルに置いてあった。冷蔵庫にも同タイプの物が二本あったが、これが無料なのかどうかは、判然としない。

 ルームサービスでは、各種メニューがいただける。
 わたしはグラスワインにチーズの盛り合わせで晩酌としたが、チーズはこの種のメニューとしては種類も多く、クラッカーとフランスパンの輪切りも十分にあって、満足した。121062085
 また、夕食ではじゃこのピラフというのをとった。醤油味が薄くついて、野菜も細かく刻んで入っている。適度な焦げ目もついて、なかなか香ばしい味だった。量も十分だったのだが、これは「ヘルシーメニュー」のところに入っていて、505キロカロリーしかないというのが信じられない。玉子とじのスープも添えられている。一緒にとった海藻サラダやデザートのブリュレも、そこそこ美味しかった(写真右が、この自分で形成したサパーセット)。調味用に付いている塩と胡椒は、かなり粗挽きで、ちょっとかけただけで辛くなりすぎるので、注意が必要である 。

 朝食券は、1階のインターナショナルダイニング「パインテラス」で使えることになるが、これが別棟にあって、非常に遠い。エレベーターを降りてから延々表示に従って歩かねばならない。
 ホテルの玄関を出て外を歩くことになる。そうは思わず上着を着ずに出てきたもので、首を竦めた。中から行けるようにしてくれ、と思って見上げると、渡り廊下がある。それで、二日めは2階で降りてみると、外に出ずに辿り着くことができた。これなら2階で降りるように案内した方がよさそうである。
 「パインテラス」は広大なビュッフェレストランだが、意外に料理は取りやすい配置になっている。和洋の料理がかなり充実し、オーダーオムレツはコックさんが二人常駐していて、待たずにいただける。
 面白いのは、パンのコーナーでサンドイッチを作れるようになっていることだ。シェラトン統一規格の巨大なクロワッサンには切れ目が入れてあり、具のチーズやハム・野菜類が刻んで置いてある。マヨネーズも塗れて、ほとんどこれだけで一食になりそうである。
 テーブルに備えられているのは、ルームサービスと同じ荒挽きの塩と胡椒である。
 コーヒー・紅茶は係員が注いでくれる。のはいいが、テーブル備え付けのミルク(残念ながらパック)と砂糖を入れたものの、かき混ぜるものがない。結局スプーンは自分で席を立って取りに行かないといけないので、それならセルフサービスとあまり差がなく、意味がない。考えてほしいところだ。
 このほか、連休で忙しいためか、空き皿を引くタイミングなど、ちょっと首を傾げる対応もあったのは、残念である。
 今回、レストランはこの「パインテラス」しか使わなかったが、レストランはかなり数多くある。人気の川越シェフの店もあり、バラエティーに富む。

 ラグジュアリーラウンジというのが、他のホテルで言うところのエグゼクティブラウンジとして40階に設けられている。一般的な客室の一室分くらいしかない広さのささやかなものである。
 ソフトドリンクの他、ビールと日本酒が用意されているが、食べるものはおかきなどの乾き物程度である。
 それに、二回利用したが、係員とは全く会わなかった。用意だけはしておくからあとは勝手にやってくれ、ということらしい。スタッフルームで物音はしていたので、いないわけではないと思うのだが。コーヒーメーカーは「セツデンタイオウ」と表示されて休止しており、使い方も分からないし、訊く相手もいない。
 そもそも、チェックイン時に渡された案内カードでは、営業時間が15時~20時となっていたのだが、ラウンジの入口には12時~となっている。なんだかおざなりの運営をされているようなラウンジで、そのせいか、二回ともわたししか客はおらず、一人でいても落ち着かないので、十五分ほどで退散せざるを得なかった。何より、自分の部屋よりも狭いラウンジにいてもしかたがない(写真は、閑散として寒々しいラグジュアリーラウンジ)
 あまり、ラウンジに期待して宿泊するホテルではないようだ。以前の滞在では、スタッフもいて丁寧に迎えてくれた。寛げるラウンジだったと記憶しているのだが、合理化されたのだろう。残念である。
121071862 121071863 121081174

 いろいろとまどうこともあった滞在だが、チェックアウトのコンシェルジュの対応は、かなり上質なもので、終わりよければ、ということで最終的な印象はよかった。
 ただ、手放しで「お勧め」というわけにはいかないので、そのカテゴリーには入れないでおく。 

 (下の画像は、楽天市場の同ホテルページにリンクします。宿泊などの予約もできます)
※ 楽天トラベルから予約すると、スターウッドのポイント獲得その他特典のほとんどを受けることができません。特典を受けるには、スターウッドまたはホテルオフィシャル彩図からの予約が必要です。 

« カツカレー選集(13)~ るう~ | トップページ | シェラトンホテル広島 2 »

3.0ホテル」カテゴリの記事

リンク集(出歩く)

各種商品リンク1

  • ↓楽天ブックスで本・CDなど購入できます。

     
  • ↓楽天トラベルでホテル探し(予約もできます)

楽天モーションウィジェット

  • 楽天市場の商品ページにリンクしています。
無料ブログはココログ