« カツカレー選集(25)~ レスティいなだや | トップページ | カツカレー選集(27)~ マーシン »

カツカレー選集(26)~ 吉ちょう

 カツカレーが印象的だった店を紹介するカテゴリーの記事です。なぜカツカレーにこだわるか、はカテゴリーのもくじをご覧ください。

 福井の中心部、放送会館の地下にある和食中心の食堂が「吉ちょう」だが、麺類・丼類など、メニューとそのバリエーションが非常に豊富な店である。こぶりや大盛、あいのり(そばとうどん両方を盛っている)その他いろいろな組み合わせのセットメニューがある。
 ボリュームを求める人にも対応するし、普通の蕎麦屋でもあるし、ということだろう。地方都市では、目的を限定した店はなかなか成立しない。

 放送会館内のカルチャーセンターで開かれていたヴォイストレーニングに通っていた時期があったりした関係で、何度かこの店で食事することになった。

 放送会館の正面玄関にテナントの案内は出ている。

145151579b

 が、「吉ちょう」へは、ビル右側の階段を下りる方が近い。

145151576b

 この階段を下りてすぐの所に店が構えられている。

145151562

 「とんかつ そば」と銘打っているように、基本的に蕎麦屋なのだが、揚げ物のトッピングをともなう麺類や丼物、あるいは揚げ物を主菜とした定食類などもある。

145151563

 洋食系のメニューはカレーだけである。カツとエビとプレーンの三種類なので、当然カツカレーライスを注文する。

 接客のおばちゃんの愛想はとてもよく、何といっても温かい。それだけでも、この店にしてよかった、と思わされる。

 やがてカツカレーライスが運ばれた。

143061192

 カツのほとんどがルーに浸っているのは残念だが、まずはスプーンを入れる。
 ルーの味はオーソドックスな感じで、日本の、というか、蕎麦屋のカレーの典型である。しっかりしたスパイスの刺激はありながらも、全体の味はマイルドである。
 ご飯はルーに対してやや多めで、漬物を考慮しているようだ。漬物は福神漬けではなく柴漬けで、後味を整えるのにはなかなかよい。添付されているサラダは、特徴はなく特に美味しいとも思わなかった。
 カツは、カツカレーのものとしては肉も厚く噛みごたえがあるが、柔らかくてスプーンで十分に切れる。食べやすさを考えてくれている。

 全体としては、また食べてみたい、あるいは、他のメニューも試してみたい、と思うものであったから、後日もう一度訪ねて、福井新名物メニューである醤油カツ丼を食べてみたが、これもまた安心できる美味しさであった。

145151566

 鰹節で下が見えないが、この下に醤油で味付けしたカツがあるのだ。
 なお醤油カツ丼は、店によって内容と盛り付けにかなりの懸隔があるので、注意されたい。

 周囲に事業所が多いので、昼食時はサラリーマン御用達のようである。分煙もされていないので、煙草に弱い人は、混雑時はつらいかもしれない。
 薄暗い地下街にある店ではあるが、中は清潔である。先述の接客と併せて、くつろいだ気持ちになれる。

(平成26年5月利用)

« カツカレー選集(25)~ レスティいなだや | トップページ | カツカレー選集(27)~ マーシン »

4.3.8   カツカレー選集」カテゴリの記事

リンク集(出歩く)

各種商品リンク1

  • ↓楽天ブックスで本・CDなど購入できます。

     
  • ↓楽天トラベルでホテル探し(予約もできます)

楽天モーションウィジェット

  • 楽天市場の商品ページにリンクしています。
無料ブログはココログ