« カツカレー選集(27)~ マーシン | トップページ | カツカレー選集(28)~ ビィヤント »

玉子サンド選集(1)~ カフェ・バール こうべっこ

 玉子サンドが印象的だった店を紹介するカテゴリーの記事です。なぜ玉子サンドにこだわるか、はカテゴリーのもくじをご覧ください。

 このカテゴリー最初の店は、出身地神戸でサンドイッチに定評のある「カフェ・バール こうべっこ」を訪ねることにする。

 神戸では、けっこう口コミで噂が広がっていたようだ。わたしは神戸出身なのに、最近までこの店を知らなかった。それが悔やまれるほどの玉子サンドだったのである。

 店は、三ノ宮駅と新神戸駅の間、やや新神戸よりのフラワーロード沿いに位置する。入口付近は雑然としていて、あんまり名店という感じはない。店もごく小さい。

148231582b
 148231581

 店内は、薄暗いけれど、目が慣れてくると、いろんな飾りつけが目に入る。古い映画のスチール写真やポスターが主である。壁に置かれた戸棚には、それこそ雑多なものが置いてあるとも飾ってあるともつかない詰め込み方をされている。以前この店でアルバイトしていたらしい人からの葉書なども読める。
 
 

148231574 148231575 148231572

 店主らしいおじいさんは、カウンターの中でてきぱき仕事している。そして、アルバイトらしい若い女の子が、水などを持ってきてくれる。狭い店だから、おじいさんに叫べば、注文は伝わる。
 

 とりあえず、玉子サンドとアイスコーヒーを頼む。今後のこのシリーズでは、この組み合わせを定位とするつもりである。

 飲み物はいつ出すか、と訊かれることもなく、アイスコーヒーがすぐ出てくる。コースターは店名入りで、なかなかいいセンスのデザインだと思う。
 紙ナプキンがグラスに差し込まれ、注文の都度置かれるのもいい。グラスは脚の部分がちょっと欠けていたから、破損したグラスをこの用途に供しているのかもしれない。
 
 

148231560 148231573

 そして、待望の玉子サンドである。
 玉子は、関西で主流の薄焼き玉子だ。これが、半熟というほど柔らかくはないが、ほんの少し液状の部分も残り、口当たりよい火の通り方で仕上がっている。玉子にはごく薄い味しかついていない。好みに合わせて塩を振ればいいらしい。
 マヨネーズには茹で玉子のみじん切りが入っていて、タルタルソース状になっている。これが玉子サンドの主たる具である店も多い中、惜しげもなく調味料として使われている。いわば、ダブル玉子サンドである。
 そして一緒に挟んである野菜は、トマトだ。キュウリでないのはこだわりなのだろうが、トマトというのは、温かくしても意外に旨い野菜で、それでいて温もっても瑞々しさは失わないので、薄焼き玉子のサンドイッチに合わせるにはいい選択である。
 パンも柔らかく弾力があって、申し分ない。

148231561p

 ただし、こういう構成である以上、手には持ちにくい。すぐに形が崩れてしまうから、手や服を汚さないよう、注意が必要だ。サンドイッチの食べやすさよりも、味と舌触りの方が選ばれているのだろう。 
 そして、デザート代わりに、小皿に少量の果物がついてくる。これは季節によって変わるらしい。わたしのときは梨だったが、サンドイッチに振った塩が少しかかってしまった。これはこれで、スイカのような味と歯応えになって、なんだか懐かしく感じた。

 接客は可もなく不可もない感じで、とくに不愉快な思いはしなかったが、店が狭いので、あまり長居する雰囲気でもない。

 それでも、全体に神戸を代表する玉子サンドの店ということは間違いない。なかなかこれを上回る玉子サンドには出会えないだろう。これからも是非立ち寄りたい店であり、玉子サンドシリーズのトップに飾るに相応しい貫祿を感じる。

(平成26年8月利用)

« カツカレー選集(27)~ マーシン | トップページ | カツカレー選集(28)~ ビィヤント »

4.3.7   玉子サンド選集」カテゴリの記事

リンク集(出歩く)

各種商品リンク1

  • ↓楽天ブックスで本・CDなど購入できます。

     
  • ↓楽天トラベルでホテル探し(予約もできます)

楽天モーションウィジェット

  • 楽天市場の商品ページにリンクしています。
無料ブログはココログ