« 玉子サンド選集(2)~ OCM | トップページ | カツカレー選集(30)~ カツカレーの店 Kappa »

玉子サンド選集(3)/カツカレー選集(29)~ チロル

 玉子サンドが印象的だった店を紹介するカテゴリーの記事です。なぜ玉子サンドにこだわるか、は「玉子サンド選集」カテゴリーのもくじをご覧ください。
 カツカレーが印象的だった店を紹介するカテゴリーの記事です。なぜカツカレーにこだわるか、は「カツカレー選集」カテゴリーのもくじをご覧ください。

 カツカレーのシリーズをずっとやってきて、玉子サンドのシリーズを始めたところで、両方が美味しい店があると面白いんだが、と思っていた。
 幸い、京都でその店に出会うことができた。二条城の西、神泉苑のそばにある、「チロル」という店である。

 ここも、両シリーズに登場する多くの店と同じく、昭和の香り漂う昔ながらの喫茶店である。

148221186 148221187

 シックな内装と調度品が迎えてくれる。
 壁には昔の京都の写真が飾られている。二条駅の旧駅舎(梅小路に移設されたもの)や、堀川を走るN電(京都市電の狭軌線)の姿もある。二条駅も堀川通りも、歩いて行ける距離である。
 

148221171 148221185 148231170

 まずは、カツカレーを注文する。すると、「ご飯ものセット」とも言うべき一揃いがテーブルに運ばれた。常置ではないのである。着色していない福神漬のガラス容器も来た。えてして昔ながらの店は昔ながらの真っ赤っかの福神漬が出たりするのだが、ここは好感がもてる。
 注文を聞き、これらを運んでくるのは、既に老境に入った女性店員たちで、ゆえに動作は緩慢である。

148221170

 ところが、カツカレーが出てくるまでには二十分を要した。
 昼時になる前で、店はそんなに込んではいないのだが、わたしの後に入ってきたおばさんが注文したオムライスやサラダの方が先に運ばれている。おばさんは常連らしいし、京都らしい一見へのいけずをされているのか、と思ったが、そうでもないようで、わたしに「お待たせしてすみません」と声をかけたりする。カツを揚げるのに時間がかかっているのだろうか。
 カウンターの中は飲み物を用意するだけで、さらに奥に厨房があるようである。厨房の中には中年男性が立っているのが窺える。

 やっと出てきたカツカレーは、かなり量がある。皿は飾り気がないが、深さがあるのである。

148221189p

 ルーは煮込まれた野菜と肉のエキスがよくきいていて、塩味も含め、しっかりした味がついている。カレーの刺激もしっかりとしているので、子供には向かない。ルーの内容が濃いのは評価できる。
 ご飯は特に変哲がない。量は一膳半くらいであろうか。常連は、「ご飯少なめ」と注文していたし、そのへんの融通はきく。
 カツは目立った特徴もないものである。肉も衣も、厚くも薄くもないオーソドックスなもので、味もとびきりうまいというわけではない。これだけ時間がかかっている以上、揚げ置きではないと思うのだが、揚げたてらしいジューシーさも感じられない。盛りつけまでの段取りがかかっているのかもしれない。ただ、レア部分を僅かに残した火の通し方は絶妙である。
 カツが完全にご飯の上に置かれていて、全くルーがかかっていない。これは、カツ・ご飯・ルーのアレンジと組み合わせが任意にできる、ということであり、わたしにとっては高評価である。

 一緒に頼んだアイスコーヒーは、これまた飾り気のないグラスで出てきた。

148231171

 お勘定のとき、「えらいお待たせしたので」と、端数の硬貨を返してくれた。

 その翌日、同じ時間帯に再訪すると、おばさん店員はわたしを覚えていて、二人席に坐ろうとしたわたしを、「どうぞ広いとこ使うてください」と、四人席に案内すると、「昨日はお待たせして」とまた詫びてくれた。何だかこっちが却って恐縮してしまう。

 今度は玉子サンドを注文する。昨日に懲りてカツカレーをやめたと思われたとしたら申し訳ないが。

 玉子サンドは、昨日のカツカレーほどの時間はかからなかったが、決して迅速というわけではない。
 そして、この玉子サンドも、際立った特徴のあるものではなかった。  

148231180p

 関西では一般的な、薄焼き玉子のサンドイッチである。薄焼き玉子は熱々だ。半熟感はなく、しっかり火が通っている。
 一緒に挟んである野菜がキュウリであるのも、標準的だ。
 全体の味付けは、軽く塩を一振りして丁度よくなる感じである。パンは柔らかくて香りがいいので、このシンプルな具をうまく受け止めている。しんなりと倒れてしまいそうな頼りなさも、美味しい玉子サンドの証である。

 カツカレーも玉子サンドも、奇を衒うことはなく、家庭的な味の傾向を目指しつつも、家庭では出せないレベルと安定感を覚えさせる、いかにも昔ながらの喫茶店である。
 お昼が近づくと、ガイドブックを片手にした観光客が次々に入ってきて、多くはカツカレーを注文しているから、評判の店として掲載されているのだろう。しかし、カップルの女性の方が、カツカレーは重すぎるからとカレーを注文すると、女性が食べ終わる頃になってやっと男性のカツカレーが運ばれる、というタイミングになる。時間はゆったり流れる店なのである。
 焦慮の客はやめた方がいいと思うが、コーヒーを啜りつつ超然と新聞を読む常連さんたちとともに、時間を忘れてくつろぐつもりで行けば、とてもいい店だと思う。味の安心感とおばちゃん店員の温かさに包まれて、気持ちよく過ごせるだろう。
 

(平成26年8月利用)

« 玉子サンド選集(2)~ OCM | トップページ | カツカレー選集(30)~ カツカレーの店 Kappa »

4.3.7   玉子サンド選集」カテゴリの記事

4.3.8   カツカレー選集」カテゴリの記事

リンク集(出歩く)

各種商品リンク1

  • ↓楽天ブックスで本・CDなど購入できます。

     
  • ↓楽天トラベルでホテル探し(予約もできます)

楽天モーションウィジェット

  • 楽天市場の商品ページにリンクしています。
無料ブログはココログ