« 高知駅前電停移設と朝倉の路地 | トップページ | 神戸新交通8000型さよなら »

上町・阪堺線直通

 阪堺電気軌道(はんかいでんききどう)は、文字どおり大阪市と堺市とを結ぶ路面電車である。学生時代は大阪に通っていたので馴染みがあったが、ここのところ乗る機会が少なかった。
 大阪市の恵美須町(えびすちょう)と堺市の浜寺駅前(はまでらえきまえ)とを結ぶ阪堺(はんかい)線が一応メインルートだが、そこから派生する上町(うえまち)線(天王寺駅前(てんのうじえきまえ)~住吉公園(すみよしこうえん))も運行している。従来は比較的線区と運転系統とが一致していたのだが、先日から上町~阪堺線の直通運転を始めた、とのことである。
 小変化ではあるが、久しぶりに乗りに行くための、自分のなかの口実になり、お盆休みに出かけてみた。

 上町線の起点である天王寺駅前電停は地下道からも歩道橋からもアクセスできる。なかなか立体的であるが、エスカレーターなどはない。ここで電車を待つ人は絶えることがない。
 従来、ここから出る電車は、上町線を終点まで直進する住吉公園行と、途中交叉する阪堺線に乗り入れて途中の我孫子道(あびこみち)まで行く電車とが交互に出るのがパターンであった。住吉公園も我孫子道も大阪市内の電停であり、天王寺駅前から堺市に直通する電車はなかった。堺市内へは途中で阪堺線の恵美須町~浜寺駅前の系統に乗継ぐ必要があった。
 それが今回、天王寺駅前~浜寺駅前という系統が新設されたのである。我孫子道折返の系統を延長したかたちであり、代わって恵美須町発着の系統が我孫子道止りとなった。恵美須町周辺は電器店街の南端としてはそれなりに賑わっているし、その一つ南の南霞町(みなみかすみちょう)電停は、地下鉄やJR各線と連絡する。しかしやはり、副都心で一大ターミナルをなす天王寺の方が利用客の志向が強い、という判断であろう。それどころか、阪堺線の北半分が廃止される、という噂も何年も前からあり、今回の措置がその布石でないことを願う。

 天王寺駅前電停に停まっていたのは、住吉公園行であった。目指す系統ではないが、とりあえず乗ってみる。夕方なので、買物帰りの客が多い。
 あべの筋は軌道の外側に一車線ずつしかないので、狭苦しい通りである。しかし基本的に軌道にクルマは乗り入れてこないので、信号待ち以外はスムーズに走る。阿倍野(あべの)を過ぎると、右に大きくカーブし、減速はしても停車はせず、信号でクルマを停めておいて専用軌道に入っていく。
 北畠顕家の墓があることに因む名の北畠(きたばたけ)電停から再び併用軌道となる。道幅は一段と狭くなったが、この道は古くからの熊野街道なのだそうだ。

 わたしは帝塚山三丁目(てづかやまさんちょうめ)で一旦電車を降りた。帝塚山近辺を久しぶりにちょっと歩いてみたかったのである。ここから軌道沿いに天王寺駅前方面に戻ってみる。
 お盆で店はほとんど休業である。僅かにパン屋やパブが営業している。帝塚山は明治以来の高級住宅街で、派手さのない渋い街並みが続く。その昔は郊外であったこの地域は空襲にも遭っていないので、重厚な洋風建築も残っている。郵便局など、日本郵便のロゴが似合わないこと。98151765_2
 姫松(ひめまつ)電停まで戻ってみると、もはや軌道の外側にクルマ一台分の幅はなく、この間の土佐電鉄朝倉付近にも似ている。違うのは、それほど狭いのにちゃんと安全地帯が設けられていることである。路上から直接乗り降りさせないのはよいが、クルマは軌道上を通るしかなく、電車と行き合うのは危なっかしい。安全地帯の外側はバイクくらいしか通らないので、自転車置場と化している。しかし、それを嫌がってクルマは最初から他の道に回るのかもしれず、交通量は少ない。981517809815176298151763 
 姫松は路上電停ながらちゃんと待合室まである。学生時代、この近くにあった先輩の下宿で酔いつぶされそうになり、未明に逃げ出してここの椅子に寝ころんで醒ましたことがある。今からすると若気の思い出だが、あの時は建物を眺める余裕などなかった。たかが待合室でもなかなか風格があるではないか。

 さて、次に来る南行の電車は浜寺駅前行のはず、と思ったのだが、意外にも我孫子道行であった。その系統はなくなったのでは、と思ったが、電停の時刻表を見ると、イレギュラーなかたちで一日数本我孫子道止りがあるようだ。我孫子道には車庫があるので、その関係だろうか。最終近くの便を除いて、我孫子道止りは我孫子道で浜寺駅前行に接続する。98151783
 それにしても、電車を見ていると、大阪人の気質に合わせたのか、路面電車としては結構なスピードを出しており、ダッシュもいい。活気を感じさせる。吊掛モーターの加速音も、余所の路面電車と異なり、どこか宇宙的な響きを感じさせる尻上がりである。
 その後もう一本住吉公園行を見送り、やっと浜寺駅前行に乗ることができた。ちょうど席が埋まる程度の乗りである。

 帝塚山四丁目(てづかやまよんちょうめ)や神ノ木(かみのき)でかなり空いたが、その次の住吉(すみよし)では、待つ客が多かった。住吉で阪堺線と上町線が交叉している。乗ってきたのは恐らく阪堺線からの乗継客だろう。しかし上町線から乗り続ける客の方が多い。
 上町線はここを直進して次の住吉公園で終点となる。住吉公園電停は南海電鉄の住吉大社駅の構内と言っていい位置にある。この電車はここから渡り線で阪堺線に乗り入れ、次は住吉鳥居前(すみよしとりいまえ)である。文字どおり、大阪の初詣名所である住吉大社の門前にあるが、住吉公園電停とは歩いても二分もかからない距離である。住吉公園は一応独立した電停にはなっているが、折返用の引上線のような性格である。
 ここから少々電停間距離が長くなった感じがする。上町線は「市内電車」、阪堺線は「郊外電車」なのであろう。
 我孫子道で乗務員交替のため暫く停車する。が、客は三分の一くらいしか降りない。市境に位置するこの電停で、ほとんどの客が入れ替わるものと思っていたが、意外に乗り続ける客が多い。

 軌道線としては立派すぎる大和川(やまとがわ)の鉄橋を渡り、堺市に入った。堤防の上にある大和川電停で数人が下車する。他の鉄道線の駅からは中途な距離のようだ。
 綾ノ町(あやのちょう)電停からは、堺市街を南北に貫くその名も大道筋の中央を走るが、車道とはリザベーションされており、邪魔されることなく走る。
 しかし、車道と軌道を隔てる分離帯に、区画毎に異なる種類の花が植えられて色とりどりなのはよいが、車窓から間近に花を見ると、やはり排気ガスに晒されるからか、無残な状態である。季節の花であるひまわりも、二カ所に植わっていたが、一カ所は葉が萎びかけていたし、もう一カ所は花びらの黄色がすっかり褪せていた。
 大小路(おおしょうじ)から宿院(しゅくいん)にかけてが、堺市の中心である。降りる客以上に乗る客が多い。
 御陵前(ごりょうまえ)で大道筋は尽き、専用軌道に戻る。また電停間距離は伸び、郊外電車らしくなった。東湊(ひがしみなと)、石津(いしづ)、船尾(ふなお)と、平行する南海電車にもそれぞれ対応する駅がある。
 しかし、石津で降りた家族連れは、天王寺駅前から乗ってきたと思われる。幼児を連れているうえ、双子用ベビーカーを押している。ベビーカーは降車口の前扉を通らないので、後扉を開けてもらって降りている。船尾で降りた人も、わたしが乗ったときには既に乗っていた。この人は旅行帰りなのか、航空会社のタグをつけたままの大きなスーツケースを転がしている。こういう人たちは、多少時間がかかっても、乗降が安直な路面電車を選ぶのだろう。ともあれ、直通運転するかいはあったわけである。98151870 98151862 98151890

 終点の浜寺駅前に着いた。片面ホームではあるが、ちゃんと駅舎まである立派な電停だ。電車はここで折返して天王寺駅前行となる。髪を濡らして浮輪など持った子が大挙して折返の電車に乗り込む。市営浜寺プールで遊んできたのだろう。
 ホームの時刻表を見ると、この次に来る電車は、なぜか阪堺線の恵美須町行である。こういう系統もなくなったはずだったが、時刻表によれば朝夕を中心に一日数本だけ恵美須町行がある。これも運のいいことなので、その折返も見てから、南海電車の浜寺公園駅へ歩く。
 南海電鉄は、日本最古の私鉄ということもあり、こちらも明治を今に伝えている。ここの駅舎は登録有形文化財である。現在この付近の高架化計画が進んでいるが、この駅舎は保存されるそうだ。ホームの待合室もどっしりとしている。が、通過していく電車は近代的なデザインで乗り心地もよさそうだ。9815188198151860 
 阪堺電車といい南海といい、何か新旧が彩りよく混ぜ合わせられた大阪を見た気がした。

(2009年9月) 

|

« 高知駅前電停移設と朝倉の路地 | トップページ | 神戸新交通8000型さよなら »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。