« 臨時特急上り「海幸山幸」とバス「日南めぐり号」 | トップページ | 神戸市電最期の日 »

二つのB&S~ 宮崎から大阪へ

 宮崎からの帰りは、JR九州推奨の最速ルートをとってみることにした。九州新幹線の全通に伴い、新八代と宮崎とを結ぶ高速バスの運行をJR九州バスが始めた。これと新幹線とを乗り継ぐのが、福岡~宮崎間の陸路最速となったのである。
 福岡と宮崎を直線で結ぼうとしても、阿蘇山が立ちはだかっている。それで、鉄道も道路も、自然と迂回ルートになる。日豊本線経由の在来線特急もあるし、JR九州自身も福岡~宮崎間直通の高速バスを運行しているのだが、新幹線で時間を稼げる新八代経由が、乗換時間を含めても最速なのだ。

 この高速バス、「B&Sみやざき」にまず乗った。Bはバス、Sは新幹線のイニシャルである。九州産交バス・宮崎交通との共同運行だ。
 宮崎駅前にバスが入ってきた。この便は宮崎交通の担当である。

121081363

 年始の連休の中日なので、あまり乗客は多くない。余裕のあるトランクに荷物を預け、席に着いた。

121081481

 しばらくは宮崎市街を行き、南宮崎駅に近い宮交シティに停車する。が、乗車はない。そこから郊外まで、さらに幹線道路をかなり走ってインターチェンジに辿り着く。大都市発の高速バスによくある感じの走りだしである。
 宮崎自動車道に入ると、交通量も少なく、快調に走る。都城北に停車した。市街からはかなり離れているが、バスを待つ客が多い。十数人も屯しているので、これはかなり席が埋まるのか、と思ったら、乗り込んだのは一人だけである。他の人は博多行を待つのだろうか。
 吉都線と何度も交叉しながら北西に向かい、小林インターチェンジにも停まるが、乗車はない。その先のえびのジャンクションで、鹿児島方面からの道と合流し、北へ向かう。一部便はえびのインターチェンジに停まるが、この便は停まらない。全長六キロにも及ぶ加久藤トンネルを抜ける。山間なのにまっすぐに掘られている。この区間は平成7年の開通と新しく、ここを最後に、青森から鹿児島までが高速道路で結ばれたのである。トンネルを抜けても、両側に山が壁と立っている。左上の山腹には、肥薩線の大畑ループが巻いているはずだが、見上げてもよく分からない。
 間もなく、人吉の市街地が左側に見えてくる。大きく右へ回り込んで、人吉インターチェンジを下りる。取付道路は一キロ近くもあるが、それを根元まで辿り、一般道路との結節点にバス停がある。せっかくそこまで足を伸ばしたのに、乗車はなく、座席の半分ほどでこの便の客数は確定した。
 高速道に戻り、肥薩線とは別の谷筋を通って八代に向かう。列車への乗継ぎなので遅れが心配だったが、順調な走行で、定刻より五分ほど早く新八代駅に到着した。

121081590

 接続列車の「さくら420号」博多行に一駅乗って、熊本に向かう。バスとは違い、自由席は満席に近い。熊本では新大阪行まで二十八分もの待ち合わせとなる。新大阪直通の「さくら」の多くは新八代に停まらない。「B&S」はあくまで博多までの連絡を意図しているのだろう。

 熊本発17時24分の「さくら574号」も、やはり全体に込み合っている。博多で乗務員が入れ替わった。この列車に乗ったのは、少々魂胆がある。
 以前の記事にも書いたとおり、山陽新幹線の一部列車で、生ビールの提供を始めたので、それを味わいたかったのである。それが何だ、と言われそうだが、わたしなどは列車が絡むと何だって嬉しい。
 ワゴンが来るのを待ちかねてビールを注文する。アサヒスーパードライのビールサーバを搭載したワゴンは、なかなか貫祿があった。

121081781b

 蓋を付けたプラスチックカップで渡される。つまみは、新八代駅で買った薩摩揚げである。宮崎から来たのだから、宮崎らしいものがあればよかったのだが、見あたらなかった。

121081893

 ビールと薩摩揚げ、こっちもまたB&Sのコラボレーションとなった。

(2012年1月乗車)

|

« 臨時特急上り「海幸山幸」とバス「日南めぐり号」 | トップページ | 神戸市電最期の日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。