« 神戸市電最期の日 | トップページ | 裏道を抜ける臨時特急下り「リゾート踊り子」 »

高速線からの奈良行と阪神三宮駅線路切替

 阪神なんば線開通以来、同線経由で阪神と近鉄とを直通運転する快速急行は、近鉄奈良~三宮(さんのみや)間で運転されてきた。
 なんば線を長年心待ちにしていたわたしは、ちょっとがっかりしていたのである。直通する社線の数が増えると、いろんなことがややこしくなるということは分かっているのだが、せっかく神戸高速・山陽(さんよう)方面に線路がつながっているのに、もったいないと思った。それに、子供の頃から山陽電鉄線、せめて神戸高速線からの近鉄直通電車を夢想してきたもので、もうちょっとの所で止まっているのがもどかしい。こういう思いについては、いくら体が大人になっても、子供の感性のままくすぶるものである。

 それが、この春のダイヤ改正から、少しだけだが、運転区間が西へ延伸された。ようやく神戸高速線に達したのである。

 しかし、その延長ぶりは、実に慎ましいものである。休日の朝、初発から三本の近鉄奈良行快速急行が、従来の三宮始発から新開地(しんかいち)始発になっただけである。平日にはないし、下りの新開地行というのもない。運用やホームのやりくりの都合でたまたま延長になっただけではないのか、と思わせるような、イレギュラーな伸ばし方だ。
 しかも、三本とも充てられる車輌は阪神車であって、近鉄車の神戸高速線乗入れは実現しなかった。だから、車輌のうえでは、従来と比べて特に目新しくはない。

 そうではあっても、その新開地発快速急行を実見しに出かけるに足る魅力は、わたしにとってはある。
 というのは、これも子供の頃からああだこうだと考え続けてきたことなのだが、新開地・高速神戸から近鉄線への直通列車が走った場合、自動放送の文言はどうなるのか、大いに関心があったのである。

 ご存じの方はご存じだと思うが、神戸高速の上り方面は、阪急方面・阪神方面の二手に分かれる。阪急と阪神の梅田行特急が同じホームから発車するのである。ライバル同士の競演は、趣味的には面白いのだが、誤乗のおそれが常にある。
 このため、新開地・高速神戸両駅の自動放送による発車案内では、昔から、「行先や種別は後回しで、まず社線名を、それも二度連呼する」という鉄則が貫かれてきた。

ただ今到着の列車は、阪神方面、阪神梅田(うめだ)行 直通特急でございます。
1番線、阪急、 阪急 梅田行 特急 発車いたします。

 などという具合である。方面 が入ったり入らなかったりするのだが、わたしが長年聞いてきた限りでは、阪神と阪急とで同じ名前の駅がある駅が行先の場合、阪神は 方面 を付け、阪急は付けない。独自の名前の駅が行先の場合、阪急は 方面 を付け、阪神は付けない。というルールがあったように思われる。もっとも、神戸を離れたので、最近の状況をわたしは知らないし、高速神戸と新開地とで微妙に異なったりして、よく分からない。
 分からないまま記憶だけ辿ると、

阪急方面、 阪急 西宮(にしのみや)北口行 普通
阪急方面 阪急六甲
(ろっこう)行 普通
阪神、 阪神大石
(おおいし)行 普通
阪神方面、 阪神 三宮行 普通

 などが耳に残っている。今はない行先もある。
 下りの場合は、単に、

姫路(ひめじ)行、 姫路行 普通

 などとなって、山陽方面などとは言わない。姫路の正式な駅名は「山陽姫路」なのだが、その「山陽」も省略する。社線名連呼は、上りの特殊事情に見合った、ここならではの措置なのだ。

 さて、それをずっと聞いてきたので、これが近鉄直通となると、いったいどうなるのか。子供の時分から妄想を巧ましくしていたのである。

阪神方面、 近鉄 西大寺(さいだいじ)
阪神、 阪神方面、 近鉄奈良行
阪神、 阪神 大阪難波から、 東生駒
(ひがしいこま)
阪神方面、 阪神から近鉄直通、 瓢箪山
(ひょうたんやま)

 などと、何パターンも想定していた。
 そして、正解を確かめるためにだけ、休日の朝、新開地に出かけた。

 一本めが到着する直前、ホームの表示が出た。

123250795b

 あれ? この表示も、必ず阪神か阪急かを明示していたはずなのに、単に 奈良 である。
 嫌な予感をよそに、いよいよ電車が入ってくる。新開地の2・3番線は、電車の発着時に実にうるさいブザーが警告音として鳴るので、自動放送がろくに聞き取れない。そのなか懸命に音声を拾いだすと、なんとも拍子抜けしたことに、

…到着の列車は、奈良行 快速急行でございます。

 と言っているではないか。 

123250794

 わたしの三十年来の苦悩を返せ、と言いたくなるような単純なアナウンスである。
 阪神・近鉄と両社線を出すのは混乱の元かもしれないが、せめて 阪神方面 であることを示さないといけないのではないのか。しかもこの列車は、通常阪急特急の折返しに使用している2番線から発車する。阪神方面 と言わないと、誤乗を招く。そう心配になるが、奈良 という行先があまりにインパクトに満ちているため、社線名を言う必要はない、という判断だろうか。早朝の三本だけだから、大勢に影響はない、ということか。
 念のため、次の高速神戸でも一本めを降りて二本めの発着を観察してみたが、同じ表示とアナウンスであった。

123250798

 がっかりしたけれど、これは、「神戸高速の上りなのに社線名を言わない」という、画期的もしくは突拍子もないバリエーションが生まれたことを、面白がる方がよいのだろう。
 そうは言っても、社線名連呼という名物を、守りとおして欲しかった、との無念は拭い去れない。

 気を取り直し、三本めの奈良行で阪神の三宮に行き、下車した。
 この三宮駅は、数年にわたる長い改修・改装工事が施されている。ホームを拡張・延長するとともに、西側一カ所だった改札口を、東側にも新設したのである。
 東口の供用が開始されても、ホームはまだ工事が続いている。

123250860 123250883 123250873

 東口のコンコースに上がってみる。昭和初期に開設されたこの地下駅も、発着する電車や周囲の地下構造物など、全く異なる環境となり、大きく近代化されるに至った。そんな旧い駅と思えないほど明るく、お洒落なコンコースである。
123250863
 妙な話だが、トイレが非常に使いやすく清潔だったのが、わたしの東口に対する強烈な印象である。早朝からうろうろしたので、催してきたのだ。

 
 さて、これまで、梅田方からの折返しに使っていた3番線は、南端のホームだった。北から上り1番線、下り2番線、折返し3番線、という順に並んでいたわけで、上り電車から折返し電車に乗り換えるには、階段を使ってホームを移らないといけなかった。快速急行も全てこの3番線から発車していた。
 が、この6月2日からは線路とホームを切替え、中央の2番線を折返し線に変更した。3番線は下り線となった。つまり、上下線が折返し線を抱き込む形にしたわけで、折返し電車は上り下り双方の電車との間で、同ホームの乗換えが可能となった。
 そういう意味では、3月の時点では、新開地発の3本は、上りホームから出る快速急行、山陽電鉄線方面から同ホームで乗り換えられる近鉄直通電車、という貴重な存在だったのだが、その意義は三カ月たらずで失われた。新開地発の設定の狙いは奈辺にあったのか、今後の展開を見守っていかねばなるまい。

 日を改め、この切替えがなされた後にも、三宮駅を利用した。駅の随所に掲示されていた紙で見る、上段「現在」の状態である。

126091699_2

 1番線の上り電車と2・3番線の停車位置が西と東に大きくずれている。工事の都合である。1番線と2・3番線が地続きになり、どっちの階段を降りてもどっちのホームにも行けるようになったのは、便利だ。その真ん中に折返し線があるのも、新鮮だ。現在上り電車が停まっているあたりは、少し広めの空間にするようだ(写真左は、手前の2番線と奥の3番線で、それぞれ近鉄奈良行快速急行と山陽姫路行直通特急が停まっている。右は2番線と1番線を見たところで、1番線は梅田行特急)

126091695_2 126091762

 旧折返し線だった3番線に立ち、東から西を見通すと、ちゃんと向こうにトンネルが口を開けている。幼い頃、妙な形のホームを見て驚き、しかも電車が停まっているのを見たことがなかったので、不思議に思っていたこの3番線であるが、このようになってみると、感慨深い。

126091780

 まだ付帯工事は続いていて、三宮駅改良工事が完了するのは、来月になるそうである。

|

« 神戸市電最期の日 | トップページ | 裏道を抜ける臨時特急下り「リゾート踊り子」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。