« トワイライトエクスプレスの不祥事 | トップページ | 負のダイヤ改正 »

誰の席かを表示しよう

 今日もJRの特急に乗った。今日はダイヤは乱れていなかった。
 しかし、車内で座席に関するトラブル、席の重複を二件目撃した。空いていれば何とでもなるだろうが、あいにく満席であった。

 一件は号車間違い、一件は指定券の重複発売のようであった(これだってよくよく見れば翌日の指定券、というパターンなのかもしれない)。
 高速バスなどで予約制の場合は、運転手さんが座席台帳を持っていて、乗客の名前やチケット発売箇所(出発駅か、バス会社の営業所か、コンビニか、インターネット決済か、など)が一つ一つの席について分かるようになっていることが多いので、そのようなトラブルは少ない。飛行機も搭乗手続をしたところで、各座席に坐る人の名前まで管理できているはずだ。旅館でも部屋ごとに○○様と書いてあることもある。
 鉄道はこういう点が弱い。車掌さんもどの席がどういう客かまでは恐らく知らされていないだろうし、発車間際に買って途中駅から乗る客もいるから、何人の客が乗ってくるかも分からない。

 しかし、これだけ進んだ世の中だから、そういう点の管理もできるのではないだろうか。カード決済で特急券を買った客は名前も分かるだろう。その特急券が改札機を通れば、確実に乗るわけだから、座席(壁か背もたれ)に小さなディスプレイを用意しておいて、そこに「新大阪→東京 ○○様御席」などと自動的に表示される。そういうことはできないのだろうか。名前を表示されてはいやだという客もいるだろうから、そういう場合は表示用のハンドルネームを登録しておけばよい。
 隣の席の客がどこで降りるのかは、けっこう関心事だ。通路側に坐っているとき、窓側の客が下車する駅によって駅弁を拡げるタイミングを考えないといけない。現状ではそのへんの推理の手がかりは、検札時に切符を盗み見たり車掌さんのつぶやきを聞いたりする、あるいはその人の言葉のアクセントで判断する、などしかない。表示してくれると助かる。
 また、自分の名前が表示されていたら、ゴミの分別のように少しは車内のマナーが向上するのではないだろうか。
 とりあえずグリーン車あたりからこういうサービスを始めてほしいものだ。できたら、食事サービスも。

(平成18年1月執筆)

|

« トワイライトエクスプレスの不祥事 | トップページ | 負のダイヤ改正 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。