« 神戸市バス北区の移譲路線 | トップページ | 「あかつき82号」(震災臨時)の記録 »

バスで抜ける~ 本長篠から猿投へ

  JR飯田(いいだ)線の本長篠(ほんながしの)から名鉄三河線の猿投(さなげ)へ。鉄道旅行を主にやっていると、それは豊橋(とよはし)経由の鉄路を辿るという発想しかできないのだが、そこが山間を抜ける路線バスでつながる、と知った時は、なかなか意外であった。しかも、そのルートの一部は鉄道廃線跡や未成線ルートをなぞるという。
 それで、一度そこをバスで抜けてみたいと思っていたが、本数の少ないバスを心許ない乗継ぎ方をしないといけないこともあり、なかなか実現しなかった。
 今年の早春に、やっと出かけることができた。

 特急「ワイドビュー伊那路1号」で本長篠に降り立つ。「伊那路」自体も3輌のごく短い編成で、本長篠駅もささやかな狭いホームが一本あるだけである。
 検札の時に車掌さんに本長篠までの特急券を見せていたので、手前の大海(おおみ)を通過するあたりで車掌さんがわたしの席にやってきて、「乗車券特急券をいただいておきます」と言った。本長篠は、特急が停車し普通電車の何本かも折返すほどの駅なのに、無人駅だというのだ(写真は、本長篠駅に停まった「ワイドビュー伊那路1号」。向かい側は交換した回送電車)
 

133251060

 本長篠は、わたしが初めて飯田線を訪れた時、帰りの電車に乗り込んだ駅でもあり、思い出深い。あの時は、電車こそ湘南形と言われる古いタイプだったが、駅の佇まいはその時とあまり変わっていない。

 無人と案内された駅だが、窓口が開いていて切符も売っている様子だ。しかし、集札はしていない。恐らく委託駅なのだろう。
 ここからバスに乗るのだが、駅前に広場のようなものはなく、鉤形に道が屈曲しているのみだ。バスなど入れそうにないし、ポールも立っていない。わたしは、窓口の係員にバス停の所在を訊ね、正面の道を国道の交叉点まで二分ほど歩いた。小規模なバスターミナルがあった。

 そこへ、「田口(たぐち)」の方向幕を出した豊鉄バスが入ってきた。

133251090

 見覚えがある。さっき「伊那路」が三河東郷(とうごう)を過ぎたあたりで車窓にこのバスを見ながら追い越している。このあたりからも田口行があるんだな、と思って見ていたのだが、それがわたしの乗るバスだったのだ。
 このバスは新城(しんしろ)駅が始発で、本長篠駅で時間調整の後発車する。十数人の老男女のグループと、若干の地元客という陣容だ。定刻11時00分に発車する。

 この路線は、田口鉄道という名で開業した鉄道路線の廃線跡を行く。飯田線の前身である豊川(とよかわ)鉄道や鳳来寺(ほうらいじ)鉄道と同様に名鉄系となった会社で、両鉄道が国鉄に戦時買収されてからも、支線ゆえに私鉄として取り残されながらも、直通運転を行ってきた。その後はやはり名鉄系の豊橋鉄道に合併し、その田口線となった。廃止は昭和38年である。

 その田口線の残骸らしい橋脚のようなものも車窓に見えるが、半世紀近く経つと、流石に明確な線路跡は確認できない。線路跡がこのバス道になっていたりする区間もあるのだろう。
 このバス道は伊那街道と呼ばれる古い道だが、クルマは少ない。数キロ西に国道257号が並行しており、そちらがメインルートなのだろう。
 途中の鳳来寺ではグループ客が全て降りる。鳳来寺は大宝時代に開山された古い寺院だが、近年も参詣客は多い。それゆえにその足を確保するための鉄道が敷かれたりするわけである。寺は東方の山の頂付近にあるので、バス停から登山しなければならない。

 鉄道トンネルを転用した長い直線のトンネルを抜けたりしながら、山中を走り、11時40分に田口に着いた。
 ここで待ち時間が五十分ほどあるので、できれば奥三河郷土館へ行きたいと思っていた。田口線の車輌が保存されていると聞いたからだ。しかし、山あいの町であり、道は入り組んでいる。迷っているうちに時間が過ぎた。
 結局バスターミナル付近をうろついただけで終わったのは残念である(写真は田口のバスターミナル)。待合室に入ろうとしたが、自動ドアが開かない。首を傾げて他の扉に回ると、奥から女性係員が急ぎ飛び出してきてスイッチを入れた。

133251160

 ここからは、12時30分発の設楽(したら)町営バスで稲武に向かう。これはマイクロバスで、クラブ帰りの高校生が主な客である。ダイヤに余裕があるのか、なかなか車庫から出てこず、五分ほど遅れて出発した。
 田口の市街から左側に急峻で曲がりくねった山道が分かれている。その先の川沿いに田口線の終点三河田口駅があったはずである。市街でなく山中に駅を設けたのは、同線の敷設目的が、旅客よりも木材の輸送にあったためである。三河田口からは森林鉄道のレールが連なっていた。
 バスは、国道257号を行く。それなりの標高はあるはずだが、意外に開けた盆地やなだらかな斜面が続く。景色には飽きない。そういう土地なので、牧場などが多く設けられている(写真は設楽町営バスの車輌)

133251384

 国道153号との交点を中心に、稲武(いなぶ)の町が広がる。バスターミナルが交叉点の近くにあるが、バスの始終点はどんぐりの湯前という停留所である。温泉施設と察せられる名なので、待ち時間をつぶすにはそこの方がいいだろう、と終点まで乗った。

 どんぐりの湯は、大きなドーム状の屋根を誇る施設だったが、「食事のみの利用はできません」などと書いてあって、ちょっと近寄りがたい。どうしようかと思っていると、どうも隣接して道の駅があるらしいので、そこへ行ってみた。
 するとこれが、全く期待もしていなかったのに、非常に充実した施設である。供食設備も大いに整い、平日なのに人出も多い。失礼ながら、こんな山中にこれほどのものがあるとは意外であった。わたしもフランクフルトなどを求めて小腹を満たす(写真は道の駅どんぐりの里いなぶの建物のごく一部)

Img_20130325_133137

 ここでも四十分足らず待ち、今度は足助(あすけ)方面に行くとよたおいでんバスに乗る。豊田(とよた)市が運営するバスで、大型のノンステップ車であった。オレンジ色の派手な塗装だが、これはJR九州の車輌デザインなどでも知られる水戸岡鋭二(みとおかえいじ)氏の手がけたものである。
 地方の路線バスが苦境に陥り、撤退、公営コミュニティバスでの代替、という途をたどるのはどこも同じだ。この周辺の各線も名鉄系の路線バスがかつては運行されていたのだろう。が、おなじコミュニティバスでも、豊田市ともなると、金のかけ方が違うようである。

133251371

 足助行のバスに乗務していた運転手さんは、初老ながら新人さんのようである。指導役の先輩運転手が最前部の席に陣取り、細かい指示を出している。操作はぎこちなく、坂道発進のたびにノッキングを繰り返すので、乗り心地はいまひとつである。

 飯田街道と呼ばれている国道153号を少しずつ下っていく。両側に山が迫るなか、ところどころに平地があり集落がある。

 足助の手前で、大がかりなセミループによる分岐により、足助バイパスと分かれる。通過するだけのクルマに足助の町を避けてもらうよう、山中を抜けるトンネルを掘ったのである。

 足助は、古い宿場町で、歴史的な街並みが残るほか、巴(ともえ)川沿いの香嵐渓(こうらんけい)と呼ばれる渓谷の植生、とりわけ紅葉で知られる。奥三河の一大観光地と言えよう。
 バスは国道筋を行くが、この国道自体も、町とは川を隔てた向かい側にあり、これも一種のバイパスとして付け替えられた結果と思われる。
 その途中に足助停留所がある。そこで降りてみたが、周辺には家は建っているが、何もないようである。東方の百年草、西方の香嵐渓のあたり、あるいは川を渡った町中へ歩けば、各種の施設もあるのだろうが、それらを散策しようにも、案内所もないし、案内地図も掲げられていない。足助という名なら足助観光の玄関口かと思ってしまうが、ただバスの待機ないし乗務員交替の拠点というだけのようであった。
 待合室らしきものはあるが、狭いし、バスの運転手が陣取っていて、入りにくい。

133251484

 しようがないので、足助に長居するのは諦め、おいでんバスの別路線に乗継いで猿投に出てしまうことにする。
 すぐに浄水(じょうすい)行の小型ノンステップ車が来た。山の奥の稲武に向かうのが大型車で、豊田市の中心街へ向かうのが小型車とは解せない。乗ったときはわたし一人だったが、香嵐渓で満席になった。観光客ばかりである。付近には土産物屋や旅館が並び、一気に観光地然とするが、それも束の間で、そこを出はずれると、また山に挟まれるだけの道となる。
 「中金」の名が付く停留所が出てくると、右窓に注意を払う。現在は猿投が終点である名鉄三河線は、平成16年までは西中金(にしなかがね)まで路線があったのである。三河線は、昭和初期に三河鉄道が開通させ、後に名鉄に戦時合併された路線である。
 しかし、注意するまでもなく、西中金駅は、営業していた当時のまま残されていて、その駅前広場にバスが回り込んだ。駅舎だけでなく、線路までそのまま残っている。駅舎は有形文化財に指定されているそうなので、放置ではなく意図的に保存しているのだろう。架線はないが、これは営業末期には既に電化設備を撤去して小型ディーゼルカーによる運行に切り換えていたためである。

 それにしても、中金は何の変哲もない小さな集落である。まとまった町であり観光地でもある足助まで路線が伸びていれば、観光路線として賑わっただろうし、実際そういう計画だったというが、資金の都合で実現せず、妙な所で終点となった。
 名古屋方面から西中金までの直通特急が走っていたこともあったと聞くが、足助へはここでバス連絡となるのだから、利便性もいまひとつであったろう。しかし、戦前の三河鉄道はともかく、大名鉄がそれでよしとしていたということは、無理に足助まで延伸しても採算がとれない、と読んでいたのかもしれない。 

 このバスは、三河線廃止区間の代替バスという役割も担っている。それで、国道153号を直進する方が猿投や豊田には近道なのだが、線路跡が北側の山中に折れるのに追随して、右折して峠を越える。その上の高台は、民家が点在する中を細い田舎道が縫っていて、そこをバスが抜けることになる。なるほどこういう区間があるなら、小型車でないと運行が困難である。
 しかし、他の路線との乗継ぎ場所になっているらしい三河広瀬(ひろせ)駅跡の広場で、さらに客が乗って数人が狭苦しい車内に立った。通常の需要は満たせるのだろうが、観光客がちょっと集中すると地元客がわりをくうのが、こういう路線の泣きどころだ。

 バスは猿投の市街に入る。やはり三河御船(みふね)駅跡、そしてその近傍にある運動公園を回るため、不自然な迂回をする。このあたりには各種大型商店が多い。ところが、猿投駅に近づくに連れて、店は減って道も寂しくなった。猿投駅前の停留所も、猿投駅前の広場ではなく、そこに背を向けて道を折れた箇所にあった。どうも町の中心と交通の要衝とがずれているさまを見せつけられる旅となった。
 このバスは豊田線の浄水駅まで行くのだが、わたしはなるべくなら鉄道で移動したいので、ここで電車に乗り換える。

 猿投駅は、知立から一時間に四本の普通電車が来て折返すだけの終着駅だが、かつて西中金方面との連絡駅、さらには貨物輸送を行っていた頃の名残で、構内は広い。入換のために、廃止された西中金方面への線路が百メートルほど残されていて、踏切もある。どうせなら、三河御船駅までの一駅間、電化を復活して存続してもよかったのではないかという気もする。
 この駅から名古屋方面へ行くには、知立(ちりゅう)に出て名鉄特急に乗るのが便利なのだろう、と思って調べてみたが、意外にも梅坪(うめつぼ)から豊田線に乗る方が早いようであった。それなら豊田線に急行を走らせてほしいが、市営地下鉄に乗り入れるからか、各駅停車しか走っていない。それしかないなら、それに乗るしかしかたがない。

(平成25年3月乗車)

|

« 神戸市バス北区の移譲路線 | トップページ | 「あかつき82号」(震災臨時)の記録 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。