« 標識表現の限界 | トップページ | 広電1150形(元神戸市電)と電車のレストラン »

広電新低床車とレストラン閉店

 広島電鉄に新しい超低床連接車がデビューしたので、それに乗りに行った。

 これまで、広電の超低床連接車は、五車体連接で、宮島(みやじま)線直通や広島港発着の幹線に投入されてきた。しかし、バリアフリーサービスをその他の区間にも拡大するため、多少コンパクトな設計の超低床車、三車体連接のそれを投入することにしたのである。
 これの形式名が1000形になったのは意外だった。従来広電の形式名は、千の位が編成の車体数をあらわしてきたからである。五車体連接のグリーンムーバのシリーズは5000形・5100形と呼ばれているし、かつて存在した二輌連結車は2000形であった。その伝でいくと、3000番台にならないといけないのだが、3000番台の形式名は、既に超低床でない三車体連接車が多数あり、3000形から3950形までを名乗っている。もう番号がいっぱいになっていたのと、それらの車輌とは一線を画する車輌、ということで、従来の基準を破る付番となったようである。

 江波(えば)車庫に配置されたので、同車庫が担当する6・7・8・9号線に運用されるが、運転系統上注目されるのは、江波と白島(はくしま)との間を直通運転する便ができたことである。これにも1000形が運用される。
 白島線の起点八丁堀(はっちょうぼり)電停の東行(広島駅方面)乗り場には、この直通便の案内が掲示されている(写真)。通常9号線の白島行は、南行乗り場に発着するのだが、直通便はそこに着けられないため、東行乗り場から乗ることになるのだ。直通便の本数は、今のところはごく少ない。

133161264 133161484

 この東行乗り場に、その白島行直通便が近づいてくる。一応9号線、八丁堀~白島の折返し便と同じ系統番号が与えられているのだが、電車が接近しても、電停の行先表示には反映していない。例外的な運行、ということだろうか。

133161261 133161262 

 この乗り場を出た白島行は、白島線への渡り線を曲がっていく(写真下の左)。この渡り線は、従来営業車で通ることはなかった。写真下の右は、逆方向、白島発の江波行が曲がっているところである。

133161263 Img_20130316_131048 

 わたしも直通便に乗ってみることにした。八丁堀から一本前の白島行で先回りして、白島電停で待ち受けると、1000形の江波行がやってきた。
 直通便のことは地元の人にも知られているようで、一本前を見送ってこれを待っていた人が十人近くもいた。

133161470 

 紙屋町(かみやちょう)あたりまで乗っていく人が多く、車内はちょうど席が埋まっていた。そこまで来れば、もう6号線の江波行と同じことになる。

 江波線内の電停に立ってみると、ホームが継ぎ足されているのが分かる。コンパクトとはいえ、連接車なので、単行電車に比べると車長が長い。それが停まれるようにしたようだ(写真は舟入本町電停北行乗り場)

133161574 

 さて、7号線の電車で、広電本社前まで行ってみる。五車体のグリーンムーバーmaxと並んだ(写真)
 

133161170

 電停名標には、「トランヴェール・エクスプレス」という副称が書き添えられている(写真)しかし、これもほどなく消されることになる。
 

133161094 

 というのも、以前の記事でとり上げた電車のレストラン「トランヴェール・エクスプレス」が、残念ながら3月限りで閉店することに決まったからである。

133161171

 

 広電の社長が更迭されたこととも関係あるようで、このレストランもリストラされることになったらしい。
 けっこう人気があったと聞いているのだが、向かいの本店から料理をいちいち運ぶ方式でもあり、人手がかかるのかもしれない。

133161163 

 おなごりにランチをここでとることにした。
 前回はパスタランチだったが、ドイツ料理店らしく、ジャーマンプレートにしてみた。ソーセージが主体のセットは、手軽で美味しい。

133161164 

 1000形と「トランヴェール・エクスプレス」との邂逅は、わずかな期間で終わってしまったが、また別のかたちでこのドイツ電車が活かされることを願いたい。

133161161

(平成25年3月乗車・利用) 

|

« 標識表現の限界 | トップページ | 広電1150形(元神戸市電)と電車のレストラン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/59812892

この記事へのトラックバック一覧です: 広電新低床車とレストラン閉店:

« 標識表現の限界 | トップページ | 広電1150形(元神戸市電)と電車のレストラン »