« 備後一周JRの旅 | トップページ | 宮島フリーパスで山に登る »

万葉線高岡駅乗入れ

 富山県の高岡(たかおか)と新湊(しんみなと)とを結ぶ路面電車である万葉線が、高岡駅ビル完成に伴い、それまで駅前広場に発着していたのを、駅ビル内まで線路を延長し、高岡駅電停を移転した。
 各地の路面電車で、このように乗換えなどの便を図るようになってきたのは喜ばしい。そして、この延伸によって、営業キロも変更(0.1km延伸)されたため、ここを乗りなおさないと、完乗タイトルを維持できないことも分かった。早速、乗りつぶしに出かけた。

 JR高岡駅は、ホーム自体は従来どおりだが、橋上駅となって、改札口が二階に移設された。そこを出て左手、駅前広場に出るエスカレーターを下りると、その左側がもう万葉線の乗り場である。これまでは、駅前広場を横切らねばならなかったので、便利になった。

 高岡駅電停は、二面二線の頭端式ターミナルである。付け根側から見て右側の1番線は、朝ラッシュと団体・臨時電車にのみ使用される。右端のホームも同様である。
 通常は左側の2番線で電車が折返す。二本の線路に挟まれたホームが、通常の乗降兼用ホームとなる。2番線の左側にはホームはない。

144051260 144051262

 ちょうどそこにドラえもんトラムが入ってきた。高岡が藤子不二雄(ふじこふじお)両氏の故郷であることに因んだものである。

144051263b

 当然ながら、この電車は子供連れに人気があるので、これを狙って乗車しようという人も多い。長い列の後ろについて、乗り込む。車内外に『ドラえもん』の登場人物が描かれ、運転席後ろにはドラミちゃんのぬいぐるみが愛嬌を振りまいている。 

144051270 144051361

 駅付近の狭い商店街をS字カーブすることもあり、次の末広町(すえひろちょう)までは結構距離がある。わたしは一駅だけで下車し、電車を見送った。これで完乗タイトル防衛を果たした。
 単線の電停だが、乗降の便を考えて、軌道の両側にホームが設けられている。

144051362b

 反対側のホームに渡って待っていると、高岡駅行の電車がやってきた。型は同じだが、通常塗装のノンステップ連接車である。

144051364b

 これに乗って高岡駅に戻る。駅前広場に入り、移転前の高岡駅電停跡付近を通る。以前は単線のまま軌道が終わっていたのである。かつてのホームは歩道になり、柵とグリーンベルトが整備されている。

144051365b

 すぐに新・高岡駅電停に到着し、短いタイトル防衛行が終了した。

144051366b

(平成26年4月乗車)

|

« 備後一周JRの旅 | トップページ | 宮島フリーパスで山に登る »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/61070735

この記事へのトラックバック一覧です: 万葉線高岡駅乗入れ:

« 備後一周JRの旅 | トップページ | 宮島フリーパスで山に登る »