« 福鉄ドイツ電車と工事中の田原町駅 | トップページ | 梅小路のSLと市電 »

小松のEVバス

 小松市で運行されているEVバスに乗ってみようと、小松駅に降り立った。

 小松駅の東側が、かなりきれいに、また魅力的になっている。
 KOMATSUの小松工場跡地を利用した施設が整備されているためである。

 まず、「こまつの杜」なる公園がある。巨大ダンプに圧倒された後は、「わくわくこまつ館」で各種展示を見ることができる。

144050967 144050981

 旧社屋をバックに、やはり工事用車輌が展示されている。 

144050987

 そして、隣接するのが「サイエンスヒルズこまつ」である。
 複雑な形状の散策スペースがあり、館内は無料ゾーンも多い。ちょっとした時間つぶしもできる。

144050984b 144050965

 その「サイエンスヒルズこまつ」の玄関前からEVバスが出る。
 この日はちょうど、「サイエンスヒルズこまつ」のイベントで、ボンネットバスの試乗会が行われていた。それで、最新鋭のバスとレトロなバスが並んだ。

144050986b

 EVバスは、よくコミュニティバスなどに使われている小型ノンステップバスの車体をベースにしていて、全体に宇宙を演出する飾りつけがなされている。

144051060b 144051061

 車内も、何かと宇宙船のようになっている。各座席にスイッチボタンの付いたパネルのようなものがあるが、このボタンを押しても何かが起きることはない。
 ディスプレイには、バスの動くしくみなども映される。

144051062 144051064

 電気で動くだけあって、走行音はたいへん静かである。
 走行中のディスプレイは、路線案内などが映されるが、その必要がないときには、このバスが宇宙空間を飛んでいるアニメが上映されている。

144051063 144051065

 途中、小松駅と小松空港ターミナルビルに停車するので、空港連絡バスとしても利用できる。運賃は通常のバスと同じである。

 そして、空港の向かいにある航空プラザの前が終点である。降車場のそばには充電設備がある。

144051082

 一旦降車を扱った後、バスの向きを換えて充電設備に横付けし、コネクタを繋いで充電する。この作業は、女性運転手さんが一人でやっている。

144051071b 144051085b

 乗ってしまえばすぐだが、これも「サイエンス」の都市小松の展示物の一つということだろう。

(平成26年4月乗車)

|

« 福鉄ドイツ電車と工事中の田原町駅 | トップページ | 梅小路のSLと市電 »