« グリーン車二題~ 臨時快速上り「SLばんえつ物語」・特急「いなほ8号」 | トップページ | 大阪・神戸で買った駅弁 »

房総半島縦断~ 小湊鐵道からいすみ鉄道「急行」「スィーツ列車」へ

1.はじめに

 いすみ鉄道がいろいろな企画列車を走らせて、集客に努めている。その一端を見てくることにする。

 いすみ鉄道は、房総半島中央部を走っていた旧国鉄木原(きはら)線を第三セクター化した私鉄である。JR外房(そとぼう)線の大原(おおはら)から分岐して、上総中野(かずさなかの)までの路線だが、終点の上総中野で内房(うちぼう)線の五井(ごい)から来る小湊(こみなと)鐵道線と連絡している。木原線と小湊鐵道線とは、それぞれに房総半島を横断する路線になろうと別々の目的地を目指していたのだが、両側から路線を伸ばしてきて上総中野で出会ったところで、もうこれでいいか、となったようである。

 両社が連携し、五井~大原直通の「房総横断記念乗車券」というものを売っている。若干の割引もされていて、途中下車もできる。
 せっかくなので、今回はこの切符を使い、小湊鐵道に乗っていすみ鉄道へ向かいたい。両鉄道線とも、久しく乗っていない。


2.五井→上総中野(小湊鐵道)
 
148301061b

 五井は市原(いちはら)市の中心駅で、小湊鐵道はほぼ全線が市原市内を走る。
 わたしが小学校三年生のとき、NHKの社会科教育番組が、この市原市を舞台にしていた。その番組を毎週授業で観ていたものだから、市原市や五井駅、それに小湊鐵道にも、変に親近感がある。市原市が選ばれたのは、都市規模が大きすぎず小さすぎず、東京から遠すぎず近すぎず、国鉄と私鉄が揃っている、ということでだろう。

 しかし記憶というのは曖昧なもので、何となくわたしは、その番組でも何度も見たはずの五井駅というのは、小ぶりな高架駅という印象を持っていたのだが、実際は地平駅であった。JRと小湊鐵道のホームが隣接している。
 小湊鐵道への乗換えは中間改札を介してということになり、そこにおばさん係員が立って切符のチェックや販売をしている。机を並べて弁当を売っていたり、各種パンフレットを取れるようにもなっていたりする。わたしはそのおばさんから件の切符を買ったのである。

 ホームに下りると、丁度一輌ぽっちの上総中野行が入ってきたところだった。ホームの端からは、留置されている車輌群が見える。国鉄の旧いディーゼルカーをさらに素朴にした感じのデザインである。 

148301060 148301065

 車内がロングシートであるところをみると、ラッシュ時はそれなりに混雑するのだろう。わたしは終点まで乗るので、車輌中央部あたりに腰を下ろした。
 1輌ながらワンマンではなく、女性車掌が乗務している。五井では二十五人ほどの客が乗ったが、半分が途中で降り、残りがいすみ鉄道に乗継ぐようだ。

148301163 148301177

 上総中野の一つ手前の養老(ようろう)渓谷は、旅館なども並ぶちょっとした観光地になっている。そこから乗り込んできた人もいて、結局二十人ほどが上総中野に降りた。


3.上総中野駅と車輌観察

 この駅に来るのも四半世紀ぶりだが、何にもない田んぼのなかに駅がある、というようなやはり曖昧な記憶だった。しかしこうして再訪してみると、それなりに街が形成されている。前回は乗換え時間がほとんどなく、観察が足らなかったようだ。
 駅前からはバスが各方面に出ていて、ここから養老渓谷へも路線がある。これらのバスも小湊鐵道の経営で、鉄道線よりもよほど路線規模が大きい。いすみ鉄道沿線の大多喜(おおたき)方面への便もあるが、本来いすみ鉄道とつながるはずだったJR久留里(くるり)線方面への路線はない。久留里線の終点上総亀山(かめやま)駅は、直線距離にして西方僅か十キロほどの所にあるし、国道465号で直結されているのだが。
 

148301173b

 駅舎、というか、待合室が全てなのだが、入って左側はいすみ鉄道、右側は小湊鐵道のエリアのようで、掲示物が貼られている。駅の管理は小湊の方がしていて、これは国鉄時代から変わっていない。ボランティアらしい地元の老人が案内にあたっている。
 小さな私鉄同士が共用する小さな駅に、それぞれの仕様で駅名標が立っている。小湊側は「かづさ」、いすみ側は「かずさ」と仮名遣いが異なり、各のの意地を貫いている。反面、両者とも相手方の次駅名もちゃんと記しており、張り合うような認め合うような、微妙な関係らしい。

 
148301169 148301182b

 ここでの相互接続も、あまり考えられてはいない。三十分、一時間と待たされるケースが多くなっている。直通運転しようと思えばできるが、それもする気配がない。小湊鐵道には隣の養老渓谷で折返してしまう列車も多い。それぞれの線の事情でダイヤを組み、たまたま接続する、という感じだ。
 わたしが乗ってきた小湊鐵道のディーゼルカーも、いすみ鉄道の接続を受けることなく、乗客ゼロで五井行となって出発して行った。

 その後、大多喜からのいすみ鉄道終着列車が到着する。これが折返し大原行となる。
 

148301260b

 二輌編成の車輌は、いずれも国鉄製のものである。かつての国鉄ローカル線の姿を再現するため、わざわざJRが廃車にした国鉄型車輌を購入して走らせているのだ。これらを使った企画列車も多く、鉄道マニアや観光客の集客に役立っている。
 ドア脇や正面に「夷隅(いすみ)」という愛称札が付いている。これも、国鉄時代のディーゼル急行と同様の仕様であるが、もちろん国鉄にそんな名の急行はなかった。わざわざ札を作ったのである。

148301262 148301263b 148301261

 クリーム地に赤のラインが入った方の車輌は、国鉄の急行形だったもので、以前は全国どこででも見られたものである。今日のこの車輌は、「イタリアンランチクルーズトレイン」としての予約制になっていて、わたしたち飛込み客は乗れない。車内で調理したランチを走る列車内で食べることができるのである。
 こういう企画がなされていない日は、急行形車輌の方は指定席として扱われる。大原駅で当日指定券を発売するようだ。今日はしかたなく、オレンジの方の車輌に乗る。これもまた、国鉄の佳き時代の車輌である。
 席に着くと、おばさん車掌が切符を売りに来た。わたしは「房総横断記念乗車券」を持っているから、これで大原までの片道は乗れるのだが、この後さらにいすみ鉄道に乗り続ける予定なので、記念の意味もあり、いすみ鉄道の「1日フリー乗車券」も求めることにした。さらに、この列車は途中の大多喜から急行になるので、急行券も一緒に購入した。この急行券も、かつて国鉄の急行列車内で発売していた急行券に仕様が似せてある。

148301264b

 

 発車まで時間があるので、車内を観察する。
 この車輌は、最近までJR西日本の大糸(おおいと)線(南小谷(みなみおたり)~糸魚川(いといがわ))で運用されていたもので、その頃の掲示類がそのまま残されている。優先座席の表示やモケットも、西日本エリアで見慣れたものである。割合ゆったりとして坐り心地のいい四人掛けボックスと、一部ロングシートが並ぶ。

148301266 148301270

 料金表なども、大糸線のものがそのままである。この線に来てからはワンマン運転はしていないので、電光料金表が使われることはない。

148301271 1408301278 148301278

 さらに吊り広告は、どこに保存してあったのか、国鉄時代のものが提げられている。「一枚のキップから」や「フルムーン」などのキャンペーンが懐かしい。
 車内に、国鉄・JR・いすみと、三時代が渾然と同居しているのである。

148301275 148301274


4.上総中野→大原(いすみ鉄道観光急行)

 発車すると、おばさん車掌は、車内放送やら車内販売やら、大忙しになる。いすみ鉄道グッズの販売もあったが、ランチボックスまで売りに来る。これは、隣のイタリアンランチクルーズの厨房で作ったものである。
 その昔、食堂車の連結された特急列車では、その食堂車で作った弁当やサンドイッチを、ワゴンサービスで座席に売りに来ることがあった。しかし、近年は「車内調整」の弁当など買う機会も少なくなった。珍しいので一つ購入することにした。
 パッケージは、手提げにもなるように把手が付いた物で、いすみ鉄道のディーゼルカーがデザインされている。わたしは小湊鐵道の列車内で早昼のおむすびを食べたばかりなので、これは後ほどいただくことにする。

148301674 148301673 

 大多喜はいすみ鉄道の運行拠点でもあるようで、本社もここにある。乗務員もここで交替となる。車掌は同じく女性だが、若返っている。
 さっきのおばさん車掌から買った急行券を見せて、鋏を入れてもらった。大多喜から急行となるからだが、全国版時刻表には「急行2号」という愛称が記されている。車内放送では「観光急行」と案内している。
 ともあれ、国鉄形のディーゼルカーで、元国鉄の路線を行く。まさに二昔くらい前に全国どこでも見られた国鉄ローカル線の姿が再現されているのは、まことに嬉しい。
 観光列車ながら、実用的な利用もあるようだ。大多喜からは地元の高校生らしい制服姿の乗車もあった。わざわざ急行券を買ってまで乗るのは、高校生には手痛い出費だと思うが、よほど急ぐのだろうか。

 終点の大原が近づくと、「お手持ちの急行券は、記念にお持ち帰りください」と放送がある。もとよりそうさせてもらうつもりだが、規則上は回収することになってないのだろうか。大々的にそういう放送をするのは大胆だ。
 大原では、改札口・出札口・売店レジを兼ねたカウンターで、1日乗車券を見せて外に出た。しかし、わたしはできれば折返しの「急行3号」上総中野行に乗りたい。


5.大原→大多喜(いすみ鉄道スィーツ列車)

 今日の「急行3号」は、「スィーツ列車」として運転される。急行形車輌の車内で、デザートと飲み物を愉しむことができる列車で、これは当日折返し時間中に先着順の受付なのである。
 わたしは、帰りの時間の関係で、「急行3号」に上総中野まで乗ることはできない。途中の大多喜で降り、そこで交換する普通列車で大原に戻って来ようと思っている。そういう乗り方でもいいか、と受付のお姐さんに確認したうえで、食事券を購入する。昔ながらの硬券(厚紙に印刷された切符)には、「キハレストラン」と書いてある。日によって企画が異なる、食事しながら乗る急行形車輌の、それが総称らしい。
 これとは別に急行券を必要なので、先ほどのカウンターで購入すると、これも硬券であった。仕様の異なる二種類の急行券を手許に残すことができた。

148301362b 148301460 148301461

 急行形の車内は、各四人掛けボックスに、テーブルが設置されている。これはキハレストランの日だけ設置するらしく、簡単に着脱できるようになっている。企画のない日は、普通のボックスシート(指定席)として運用されるのだろう。
 そして、車端部のロングシート部分に折り畳みテーブルを置き、それが厨房になっている。手の込んだ料理ができそうには見えないので、おそらく下拵えをした材料を持ち込むのだろう。
 窓枠には、国鉄の歴代名車輌のスナップが飾られている。

148301365 148301364 148301370

 ドリンクのメニューが配られ、一杯は料金に入っていて、二杯めからは追加料金が要るのだという。わたしはコーヒーを頼んだ。
 続いて出てきたスィーツは、ずいぶんとカカオ色の濃いものであった。わたしはチョコレートが苦手なので辟易した。このデザートは、スィーツとチーズを選ぶことができるので、チーズの方にすればよかったか、と思う。チーズとワインの組み合わせで案内されており、昼間からワインは重いので、スィーツの方にしたのだが、さっきからの注文の受け方では、任意の飲み物と組み合わせることができるようだ。
 しかし、びくびくもので口に運んだスィーツは、さすがはプロの技で、非常にまろやかにし上げられており、カカオのしつこい後味が残ることも全くなかった。

148301372 148301380 148301381

 発車する前からスィーツが出されたので、ゆっくりコーヒーを飲みながら車窓を眺める。テーブルのセッティング具合のせいで、全員が進行方向に背を向けて坐らねばならないのは残念だが、その方が景色はゆっくり観られるかもしれない。
 食べている間に、列車は発車した。さっきから、この列車から見て右側にある池のほとりに、ムーミンの仲間たちが佇んでいる、という放送案内が頻りに入っていた。そっち側の席に坐っているので、撮ってみることにしたが。

148301391

 撮るほどのものでもなかったか、と思う。他の客も、ちょっと苦笑したり、構えたカメラを引っ込めたりしている。
 ともあれ、いすみ鉄道はムーミンをイメージキャラクターに採用している。一般車輌の側面にもムーミン達が描かれていたりする。途中の国吉(くによし)駅には、ムーミン関連のグッズを売っている売店も設けられているほか、旧木原線とつながるはずだった国鉄久留里線で走っていた通勤型ディーゼルカーが保存展示されている。このため、全ての急行が数分から十分程度停車する。

148301480 148301484

 「急行3号」は、大多喜に着いた。さらに上総中野へ行く列車を降り、わたしは普通列車で大原に引き返す。食堂スタッフも、機材などを列車から下ろし、駅前に待機するクルマに積み込んでいる。


6.大多喜から・おわりに

 ここは拠点らしく、各種車輌が休んでいる。場所がないのか、ホームの裏側の線路にも隠れるように車輌が停まっている。
 大原行が入ってきた。この車輌は、国鉄型ディーゼルカーを模したデザインになっているけれど、歴とした新型車輌である。敢えてレトロ感を出しているのだが、他の車輌と性能は変わらない。

148301475 148301487 148301483

 いすみ鉄道に半日付き合って、すっかり堪能し、JRで東京方面に戻ることにする。
 普通電車で上総一(いち)ノ宮(みや)に至り、そこから久里浜(くりはま)行の快速に乗り継いだ。そのグリーン車内で、さっきのランチボックスを開いて食べることにした。デザートと順番が逆だが、しかたがない。

 中身は、サンドイッチが二切れと、付け合わせのポテトなどが入ったパックである。二切れといっても、一つがけっこう大きいので、軽食として十分な量だ。
 サンドイッチは、ハムとレタスなどのバランスがよく、かぶりついても具が飛び出したりしないように巧みに作ってある。マヨネーズの味もよい。ポテトも塩味が適度で、なかなか上品である。
 いすみ鉄道の余韻を楽しむのに適度な演出であった。

148301660 148301684 148301669

(平成26年8月乗車)

|

« グリーン車二題~ 臨時快速上り「SLばんえつ物語」・特急「いなほ8号」 | トップページ | 大阪・神戸で買った駅弁 »