« 阪堺上町線改キロ | トップページ | 可部線復活延伸 »

常磐線付替え復旧

 東日本大震災で津波などの被害を受け、普通になっていた常磐(じょうばん)線の各区間が、少しずつ復旧している。
 といっても、もう震災から六年以上も経っているわけで、それでもまだ完全復旧に至っていない。阪神淡路大震災のときには、通常の鉄道は半年ほどで全て復旧し、最後まで不通だった摩耶(まや)ケーブルも、六年で復旧を果たしている。そう考えると、東日本大震災の規模の大きさが改めて痛感されよう。

 仙石(せんせき)線や石巻(いしのまき)線もそうだったが、復旧にあたって、線路や駅を内陸に移設する、というケースもある。そうなると営業キロも変更となるから、わたしの完乗ルールでは乗りなおさないと完乗タイトルを維持できないことになる。
 被災地を遊びで訪れるのは不謹慎かもしれないのだが、救助活動の最中ならともかく、復興の途上についている地は、むしろ訪問していいのではないか、とも思う。自身も神戸の者として、実感したことなので、お邪魔することにする。
 今回、営業キロを変更して復旧したのは、相馬(そうま)~浜吉田(はまよしだ)間である。その南側の小高(おだか)~相馬間は既に復旧しており、二つの不通区間に挟まれた離れ島のような路線として独立した運行を続けていた。
 阪神淡路大震災でも、神戸高速鉄道などで同様の「離れ島」状区間ができ、たまたまその区間に取り残された車輌を使って運行されていたが、小高~相馬間は別途車輌を搬入して復旧したとのことだ。
 相馬~浜吉田間が復旧すると、仙台(岩沼(いわぬま))側と線路がつながるので、ようやく車輌の融通ができることになる。

 わたしは、乗りつぶしにあたっても、往きと帰りとではルートを替えたい質なのだが、常磐線はまだ不通区間があり、代行バスの本数も少ないから、東京(日暮里(にっぽり))・水戸方面からは、復旧区間へのアプローチがしにくい。
 そこで、わたしは福島からバスで相馬に向かうことにした。県都である福島と、県北東部の相馬・原町(はらのまち)とを直結する鉄道はないが、この区間を福島交通の急行バスが結んでいる。これに乗って、まず相馬駅に近い相馬営業所に降り立った。

171071265b

 相馬の市街は、すっかり平静をとり戻しているように見える。細かく見ていくと、震災の影響は見いだせるのだろうが、わたしは駅周辺をうろつく闖入者なので、なかなかそこまで観察できない。

 相馬駅に向かう。
 ちょっと見ると、普通の民家のようでもある、瓦屋根の駅舎だ。なんとなく落ち着くが、本来なら特急停車駅、しかもかつては特急・急行の始発終着駅だったわけで、そう思って見ると、こぢんまりしている。
 発車案内のディスプレイ、上り側には「いわき・上野(うえの)方面」とあるが、その方面の列車が発着するのは、まだ先である。もっとも、震災がなくても、このあたりから東京方面への直通列車はなくなり、いわきで系統分割することが発表されていた。東京への行き来は、福島や仙台からの新幹線利用が主になっているのだろう。

 今回の復旧区間はここから下り方向になるのだが、とりあえずの終点になっている小高も見てみたいので、上り電車に乗ることにする。小高~原(はら)ノ町(まち)間はその二駅間のみの折返し運転になっており、原ノ町で乗り換えなければならない。原ノ町行を待つ。

171071264 171071275

 構内に入ってみると、さすが幹線の貫祿で、ホームは長い。上りホームへの跨線橋に掲げられた案内は、ちゃんと「原ノ町方面」に修正されている。休日ながら、クラブ帰りらしい高校生が数人電車を待っている。仙台方面のホームにはもっといる。
 やって来た原ノ町行は、仙台からの列車である。けっこう長時間の運行なのに、ロングシート車なのは意外だった。

171071365 171071364b

 十七分ほどで原ノ町に終着する。しかし、ホームに降りてみると、乗ってきた電車の方向幕が「小高」に換わっていた。直通運用なのである。

171071383

 仙台から小高~原ノ町間折返し運用の車輌を送り込むためのスジだったようだ。
 改めて乗り込むと、原ノ町から乗った客も含めて二十人ほどを乗せ、小高行となって発車した。二駅なので、十分ほどで小高に終着する。暫定的に行き止まりの終着駅となっているのだ。

 小高駅は、信号の関係からか、待避線で折返す。元々待避線はホームに面していなかったので、仮設ホームが造られ、改札口と連続した平面となっている。そういえば、神戸市の住吉(すみよし)駅も普段は橋上駅なのに、往時は新快速が折返すホームから線路の上に板を渡して、直接代行バスの乗り場に出られるようになっていたのを思い出す。
 この仮設ホームは2輌分の長さしかないので、小高~原ノ町間運転の列車は全て2輌編成であり、送り込みの列車も2輌でないといけないわけだ。
 2輌だけでそんなに込んでもいないのに、ワンマンではなくちゃんと車掌さんも乗っている。そしてこの区間はSuicaも使えないなど、何かと暫定的な扱いのようである。 

171071396b

 原ノ町での仙台方面との接続の都合であろう、折返し時間は三十分ほどある。ほどよい時間なので、駅の周辺を散策する。

 駅舎は相馬よりもむしろ整った感じで、新しさもある。震災後に建て替えられたのだろう。
 駅前には、今もって不通である竜田(たつた)~小高間の代行バスのポールが立っている。乗客の便を考え、バスは原ノ町まで直通する。このバスは一日僅か2往復しかないため、代替輸送手段としては心細い。帰宅困難区域を通り抜けるため、ノンストップで窓も開けてはいけない。いろんな制約もあって2往復が精一杯なのだろう。地元の人の最小限の需要を満たすためだけの運行とも推察され、このバスで小高に向かうことは、今回は遠慮したのである。

171071399 171071398b

 駅付近は住宅街だが、更地もそこここに目立っている。ここもつい昨年までは避難指示が出ていたので、やっと新しい生活が回りはじめたところだろう。
 仮設のスーパーや飲食店、ワゴン車を使った喫茶スタンドなどもある。わたしはそれらでいくらか買い物をし、わずかばかり地元に貢献する。この先、常磐線がさらに復旧して乗りに来ることがあっても、おそらく小高では降りないだろう。

 時間になり、折返し原ノ町行が発車した。今度は正真正銘、原ノ町止りである。原ノ町では僅か四分接続で仙台行がある。
 既に席が埋まっているようなら、一本見送って原町の市街を歩いてみようか、とも思っていたが、跨線橋を渡ってみると、手近な車輌に空席が見えたので、そのまま乗ることにする。午後に仙台に向かう列車となると、そんなに乗らないのだろう。仙台行はセミクロスシート車4輌である。進行右側のボックスに坐れたので、乗りつぶし区間の観察も好都合だ。

 相馬からが今回の復旧区間である。次の駒ヶ峰(こまがみね)からは線路が内陸に付け替えとなった区間に入る。旧線路跡が分かれていくのははっきり認められた。その後も、それらしい道筋が右窓に時々映った。
 それよりも、浜側に広がる、本当に広がっているのは、何もない荒蕪地である。海岸沿いには土が堆く積まれ剥き出しの法面を曝している建設中の堤防も車窓を圧してきたりもする。そして、そこを重機があちこちに動いて作業している。ゼロから、あるいはマイナスからの復興が盛んに行われているのだ。
 移転した真新しい各駅で、原ノ町や相馬から乗った人が少しずつ降りてゆく。大いに待たれた末の復旧であることがよく分かる。

 新地(しんち)駅もまた、移転した駅である。
 新地といえば、津波が引いた後のニュース映像を思い出す。ヘリコプターから俯瞰して実況中継していたのだが、貨物列車が転覆しているさまは、鉄道好きを茫然とさせるに十分な衝撃を有していた。アナウンサーは「牽引車が横転しています」と叫び、「電気機関車じゃ!」とつっこんだりはしていたが。新地駅では旅客列車も津波に巻き込まれたが、乗客は避難して無事だったという。
 その新地も周囲は、全てはこれから、という光景である。 

1710761 171071462

 その次の坂元(さかもと)から宮城県に入るが、胸を衝く様が続くことに変わりはない。この区間、線路は高架化され、踏切が解消された。そして高速で駅を通過しやすいよう、工夫した配線になっている。ここを特急や貨物列車が行き交うのはいつのことだろう。
 浜吉田の手前で、浜側から旧線路を転用した道路がそれらしい緩いカーブで近づいてきて、合流する。これで乗りつぶしは完了である。

 亘理(わたり)からは、かなりの乗車がある。亘理に市制は敷かれていないが、相馬市と変わらない人口を擁している。仙台のベッドタウンでもあるのだろう。
 わたしは、東北線に合流する岩沼で途中下車することにした。このまま仙台まで乗ってもいいのだが、「常磐線」に区切りをつけておきたい気分になった。

 岩沼は、最長片道切符の旅でも途中下車し、街中の街道沿い、JRバスの駅にある待合室で食事をとった覚えがある。そこを見に行ってみる。
 その場所はすぐ分かったが、JRバスはもう撤退しており、民間バスの停留所になっていて、立派な待合室は姿を消していた。二十年も経つと、街道沿いの店も変化している。くすんだ商店街だったはずが、小洒落た喫茶店やファーストフードも多くなっている。

 岩沼駅でも、いろいろ興味深いものを見た。
 駅構内に、地元コミュニティFM局のスタジオが設けられている。わたしも普段、そういうラジオ局に関わっているので、貼ってある番組表などを、興味深く瞥見する。駅入口には、痴漢防止の呼びかけ、かと思ったら、痴漢逮捕の礼を述べた掲示もあったりする。なかなか珍しい。
 そして、街側に向いたメインの改札、東口改札から構内に戻り、岩沼始発の仙台行に乗るため跨線橋に上がると、そこに西口改札があった。東口から階段を昇っただけの所で、駅全体からみると東側である。首を捻りながらよく観察すると、改札内と改札外、二本の跨線橋の間に渡り廊下のような物が設けられ、そこに改札機を置いているのだ。なるほど、こういうショートカットのし方もあるのか、と感心する。これを「西口」と称するのは、少々大胆な気がするものの、駅の西側に出たい人はここを通ってください、という意味だろう。こういう改札は初めて見た気がする。

 さきほどの小高駅といい、JRの駅もいろいろ柔軟になったものだ、と思う。

171071661 171071662

(平成29年1月乗車)

|

« 阪堺上町線改キロ | トップページ | 可部線復活延伸 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/64796692

この記事へのトラックバック一覧です: 常磐線付替え復旧:

« 阪堺上町線改キロ | トップページ | 可部線復活延伸 »