« 常磐線付替え復旧 | トップページ | JR筑豊線DENCHA »

可部線復活延伸

 この春の鉄道線乗りつぶし(タイトル奪還)の旅は、広島である。
 JR可部(かべ)線の終点可部から二駅、あき亀山(かめやま)までの区間が延伸された。 

173110878

 この区間は、一旦廃止された路線の路盤を復活させたもの、ということで、ニュースなどでも採り上げられたので、ご存じの方も多いと思う。
 廃止前の路線には、当然乗ったことがあるのだが、一旦線路の籍がなくなり、営業キロを失った後、改めて新線として敷設されたことに、少なくとも書類上はなるので、やはりこれは乗りなおす必要があるだろう。

 広島に向かうときは、山陽線を「青春18きっぷ」で普通列車を乗継いで向かうことにした。
 ダイヤの都合で、岡山県に入ってすぐの和気(わけ)で広島方面の大野浦(おおのうら)行に乗換えたのだが、ここで早くも、広島支社下関車両区所属の電車がやって来た。
 和気で「大野浦」の行先が理解されるとは思えないが、放送は「岡山方面」とくり返していた。実際は岡山までしか乗らない人が多いのだろう。しかし、わたしはこれで広島方面まで乗り通す。

173101479 173101476

 広島駅から、いよいよ可部線に乗る。可部線は、従来可部行が多かったが、今回の改正で可部の行先はなくなった。可部は単なる途中駅になったようである。
 ここで来たのも、国鉄が作った古いタイプの車輌で、思いがけなく、側面方向幕の表示が、国鉄時代を思わせる白地に紺字であった。上の大野浦行がそうであるように、旧型車の幕も、黒地に白ヌキのJR仕様になっているはずなのだが、なぜ今更この幕にしたのだろうか。

173110774b 173110770

 「あき亀山」という駅名は、JR関西線や山陽(さんよう)電鉄に亀山駅が既にあるため、旧国名を冠したもので、それ自体は国鉄開設からよくあることだが、最近のJR西日本の新駅は、こういう場合に旧国名の部分を平仮名にしている。
 駅名が古めかしくとっつきにくくなることを避けるためだろうが、「あき」と平仮名で書かれると、太めの女優さんの顔が浮かんでしまう。

 さて、あき亀山行電車は、かつての終点可部に到着した。ここは、広島市内ではあるが、副都心、というより隣町という感じの所で、さらに郊外に向かうバスのターミナルともなっている。
 以前、ここから先の路線があった時は、この可部までが電化されていて電車が走っていたが、可部から先、三段峡(さんだんきょう)までは非電化のまま線路が伸びており、ディーゼルカーが走っていた。
 それで、電車用の折返しホームや留置線が設けられていたのだが、それらはもう使われなくなった。

173110860 173110863

 可部を出て、いよいよ新開業もしくは復活区間に入った。国道を潜る部分は、以前まだ延伸計画中で旧線路が放置されたままだった頃に歩いたこともあり、この線路沿いにも闖入して廃踏切を渡ってみたりした。そこを今また車窓から眺めるのは、大いなる感慨である。

173110864b

 じきに、次の駅、河戸帆待川(こうどほまちがわ)に着く。狭い片面ホームだけの駅である。
 河戸帆待川の駅前は、広場というほどのものはないが、駅の案内板とモニュメントが建っていた。普段は無人駅のはずだが、開業間もないためか、案内の係員が立って集札している。

173110866 173110867

 以前の路線では、もう少し先に進んだ所に河戸という駅があったが、今回の復活に当たっては、住民の便を考え、旧河戸駅の両側に二駅を新設した。
 そういうわけなので、河戸帆待川から終点のあき亀山まではごく近く、歩いて十分ほどしかかからない。それなら、乗る前に歩いてみた方が面白そうだ。

 現在、原則として新たに踏切を設けることは認められないのだが、ここは旧路盤を活かした新線であり、踏切を廃止すると、付近住民の利便が大きく損なわれることになるため、特認でいくつかの踏切が新設されている。
 「新たな踏切」というものを見るのも珍しい体験なので、じっくり観察した。

 旧踏切が全て復活したわけではなく、閉鎖されたものもある。その代わり、その踏切跡には、エレベーター付きの跨線橋が設けられている。スロープで潜る地下道の方がよさそうな気もするが、付近は住宅が建て込んでいるので、それは難しいのだろう。

173110862 173110868

 四日市(よっかいち)踏切は、既にあき亀山駅の構内であり、西側にはもうあき亀山駅のホームや停車中の列車が遠望できる。
 踏切の東側が、旧河戸駅があった地点である。旧ホームは既に撤去されている。

173110872b 173110871 173110869

 線路の終端側を横切るようにして、あき亀山駅の取付道路が設けられている。駅舎はこぢんまりとしている。ここも無人駅だが、ICOCAのタッチができる簡易改札機はある。
 そして、駅舎の反対側を望むと、旧路盤跡が続いている。

173110873 173110875

 改札がないので、駅に入ったり出たり、うろうろしながら観察する。
 ホームは一面二線だが、留置線が三本もある。従来の可部駅の機能を全てここに移したようで、時刻表を見るかぎり、あき亀山での滞泊編成が四本もある。
 最も北寄りの1番線が、かつての路盤のようで、さきほどの旧路盤跡に続くかたちになる。
 駅の北側では、未だ自転車置場の設置工事などが勧められている。

173110876 173110879

 やがて、次の折返し列車が接近してきた。
 今度もやはり国鉄タイプの車輌だが、JR西日本が効率化のため進めている塗装の単色化にしたがって、黄色一色になっている。側面方向幕は、やはり白地に紺字だが、往路に乗ってきた編成とは微妙にフォントが違うようにも見える。この行先が、この配色とフォントで表示されているさまも、後々から見れば、貴重な記録となろうから、画像に収めておくかちはある。 

173110881 173110882

 折返しの電車で広島へ戻る。途中で行き違う電車は、多くが新鋭の227系である。いつの間にか、広島付近は227系の比率がかなり高くなっていることに気づいた。

173110897

(平成29年3月乗車)

|

« 常磐線付替え復旧 | トップページ | JR筑豊線DENCHA »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/65043833

この記事へのトラックバック一覧です: 可部線復活延伸:

« 常磐線付替え復旧 | トップページ | JR筑豊線DENCHA »