« 近鉄「青の交響曲」とアーバンライナーnext | トップページ | 大井川鐵道のSL急行「かわね路」 »

2017年10月23日

日本最短? 福鉄バス赤十字病院線

 鉄道でもバスでも、日本一長い路線とか系統とかはよく話題になるが、短い方はそれに比べると注目度が低い。殊にバスの方は、そういうランキングのようなものもあまり見たことがない。改廃が激しいこともあるだろう。

 Webで見る限り、都バスの学05系統(目白(めじろ)駅前~日本女子大学)の約1.3キロがそれとして紹介されていることが多いようである。
 しかし、明らかにそれより短い路線が、福井に存在するのだ。地元でもあり、気になっていたが、先日来赤十字病院に行く用が何回かできた。病院に用などないに越したことはないのだが、せっかく行くのだから、とこの路線を利用してみた。

 起点となるのは、福井鉄道福武(ふくぶ)線の赤十字前駅である。駅舎を出てすぐの所、未舗装の駐車場の一角に乗り場がある。写真がその乗り場だが、横にある小屋のようなものは、待合室ではなくトイレである。これほどトイレに近いバス停ポールもまた珍しい。 

179111285f

 ここから、福井鉄道バスの赤十字病院線が出ている。
 車輌は日によってジャンボタクシータイプのワゴン車だったり、マイクロバスだったりするようである。どうも、ワゴン車の方が定位のようである。狭隘な道を通るため、中型以上のバスは無理だろう。

179111291 17x121066

 マイクロバスの方には、フロントガラスに「日赤線」という紙が掲げられている。
 赤十字病院のことは、地元の日常会話では「日赤(にっせき)」と呼ぶのが普通で、「赤十字病院」などと呼ぶ人を見たことがない。駅名を旧称の福井新(ふくいしん)から改称する時に、なんで「日赤前」にしなかったのか、不思議なのだが、バスの表示は分かりやすいものにしてある。

 ダイヤは、平日の7時台~15時台に概ね三十分毎運転、電車との接続は、福井市内方面との往来を意識しているようである。土曜・休日は運休となる。
 そして、運賃は50円、小児も同額で、回数券・定期券などは発売していないので、ごくシンプルである。この運賃も、もしかすると路線バスとしては一番安いかもしれない。

179111293

 赤十字前駅を発車したバスは、病院の方向とは逆に、踏切を渡って東側に出ると、左折して北へ向かう。駅の北側の踏切を渡ってフェニックス通り(旧8号)に出て左折、その先の信号を右折し、すぐに左側の病院構内に入って終点となる。
 ずいぶん遠回りをしているようなのだが、おそらく道路事情を考えるとこの方がスムーズに運行できるのだろう。それだけ迂回しても、道のりは半キロにもならない。所要時間は公称四分だが、身軽なワゴン車は三分足らずで着いてしまった。マイクロバスの日も、三分半ほどであった。

 さて、この路線が通常の路線バス扱いになっているのはなぜなのか。この類であれば、病院か自治体がコミュニティバスとか無料のシャトルバスとして運行する方が相応しいものである。
 福井市内を運行する福鉄バスは、古くから福井駅前や田原町(たわらまち)を起点として、赤十字病院を経て下荒井(しもあらい)や麻生津(あそうづ)の住宅地に向かうものであった。これが数年前に、福武線と並行する区間の運行をやめ、ベル前・江端(えばた)・浅水(あそうず)の各駅から周辺地域を循環する鉄道のフィーダー路線に大再編された。その結果、赤十字病院に乗入れる福鉄バスは、福浦線(田原町~かれい崎(ざき))の一日三往復に減ってしまった。
 赤十字病院線が開設されたのもその時である。赤十字病院に入っていた路線を補うための開設なのであり、そういう経緯から福鉄が運行しているのだろう。
 にしても、解せない。赤十字病院には福鉄バスのほかに、京福バスも乗り入れており、福井駅と直接結んでいる。こちらのダイヤも毎時二~三往復と頻繁である。赤十字病院線が路線バスとして存在する意義が、よく分からない。

 赤十字病院のバス乗り場に福井駅行の京福バスが来るたびに、何人かは乗り込んでいたのに対し、福鉄バスの赤十字病院線に二人以上乗っているのを見なかった。だからこそワゴン車でいいのだろう。
 もっとも、来院者の大半がクルマなのは言うまでもないが。 

179111294 179141192

 ワゴン車というのは、構内に入ってきても、「来た来た」感があまりなく、やはりバスとしては貫祿不足の気がする。

179141193 179141195 

 マイクロバスなら、その塗装の派手さも手伝って存在感がある。

17x121082b 17x121083b

 復路も乗ってみたが、経路は往路と全く異なっていた。フェニックス通りではなく一本西の裏道を抜け、ほぼUターンするような恰好でフェニックス通りに右折、往路と同じ所を少し走ると、すぐに左折して赤十字前駅に入った。復路は踏切を全く渡らないのである。こちらも三分前後しかかからない。

 日本赤十字病院の彩図を見ても、「交通アクセス」のページに京福バスは載っていても、福鉄バスは無視されている。病院の要請で運行している、というわけでもなさそうだ。
 影の薄い短い路線だが、それだけにユニークと言える。末長く運行してほしいものである。
 

(平成29年9・10月乗車)



|

« 近鉄「青の交響曲」とアーバンライナーnext | トップページ | 大井川鐵道のSL急行「かわね路」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/65897339

この記事へのトラックバック一覧です: 日本最短? 福鉄バス赤十字病院線:

« 近鉄「青の交響曲」とアーバンライナーnext | トップページ | 大井川鐵道のSL急行「かわね路」 »