« 覚醒して大糸線 | トップページ | 神戸市バス平成30年度乗りつぶしと新・共同運行 »

2018年5月30日

鉄道博物館の日本食堂

 黄金週間に、大宮の鉄道博物館を訪れた。もう四回めになるだろうか。
 展示も最近入れ換わったということなので、それも楽しみだったが、わたしが入館して直行したのは、2階にできたトレインレストラン日本食堂である。

185041460

 以前は、1階の入館ゲート近くに、日本食堂の名を冠したカフェテリアを出していたのだが、もっと本格的なレストランを望む声もあったのだろう。2階奥の、以前はカフェがあった所を改装して、レストランにしたのである。かつての食堂車をコンセプトにしている。気軽なファーストフード店は、別に設けられている。

 さて、2階のトレインレストラン日本食堂へ行ってみると、どうも東京駅改札内にあった日本食堂を、内装とメニューごとここに移した感じである。

185041360b 185041462

 入館したのは11時過ぎだったが、もう長い待ち行列ができている。レストランだけに、メニューはなかなかいい値段で、小さい子供のいる若夫婦には痛い出費ではないかと思うが、家族連れがいっぱい並んでいる。

 一時間足らず待って、席に案内された。わたしたちの後にも長い行列がまっているのだから、店内に入ってみると、当然満席かと思ったのに、空席がかなりある。
 空席というより、使っていないテーブルが多いようだ。店の広さに人員が追いついていないのだろうか。

 さて、グランドメニューにはないが、スペシャルメニュー扱いでハチクマライスなどと共に、カツカレーがある。ハチクマライスとは、食堂車従業員の賄い飯であった簡易なメニューのことで、本来ならこういうレストランスタイルの店で出すようなメニューではないのだが、旧カフェテリア時代も人気のあった、ちょっと食堂車クルー気分になれる料理だから、敢えて残したとみえる。
 それはともかく、わたしは宿泊・外食ブログでカツカレー撰集のシリーズをやっているほどで、メニューにカツカレーがある店では、何はとりあえずカツカレーをいただく、という矜恃の持ち主である。当然カツカレーを注文する。
 ただ、同行している年下の友人は、年功序列には極めて律儀な人で、一緒に呑んでグラスを合わせるにも、必ず一センチくらいわたしよりグラスを下げて当ててくるほどなのである。こうして店に入っても、わたしより高い料理は頼まない傾向があるので、
「わたしはポリシーでカツカレーを食べるに過ぎないので、なんでも食べたい物をちゅうもんしてください」
 と先手を打っておく。幸い、意図は伝わったようで、彼はハヤシライスを注文した。ハヤシライスこそ、この店の真骨頂だと思うので、わたしもそそられはする。

 厨房出入口のそばの角席だからか、あるいはこれも食堂車の雰囲気を再現しているのか、料理を持ったウェイトレスたちは、やたらテーブルすれすれを通っていく。他の客の料理の香りにもくすぐられる。

 そして、カツカレーが来た。  

185041394

 ルーには野菜が融け込んでいて、ごろごろした具はないので、カツカレーに好適である。カツの上がり具合も、衣はかりっと香ばしく肉は柔らかく、さすがは老舗の洋食という感じである。
 もうこれを食べただけで、鉄道博物館に来た甲斐がある、と思える。

 まあ、食べるだけでもどうかと思うので、館内を観て回る。

 東海道新幹線のコーナーは、以前にも観て、企画展かと思っていたのだが、常設だったようだ。0系にはお世話になった世代だから、何度観てもよい。

185041483

 開業当時の側面表示板や駅の時刻表、開業式典の薬玉などがあり、これなどはわたしが物心つくより前のものだから、興味深い。
 新幹線の本数がこんなもので済んでいたということは、人々はそれほど気軽に東京と大阪を行き来しなかったのだろう。

185041470 185041481 185041482

 祝日なので、SLには日の丸が飾られている。

185041465

 以前来たとき、転車台の回転を観たが、あの時は2階から俯瞰した。今日は、転車台かぶりつきの位置が取れた。汽笛はうるさいが、そばで観るのはなかなかよい。

185041560b 

 屋外の展示場には、二階建て新幹線の先頭車がある。新幹線と通勤輸送という異質の要素を結びつけた画期的な車輌と言っていいだろう。
 そして、屋外展示場から、線路が営業線につながっているのがわかる。主に車輌搬入のためなのだろうが、保存車輌をたまに営業線で走らせるようなイベントがあると、いいと思う。

185041484 185041485

 駅を再現した展示では、上野駅の発車案内看板がたいへん懐かしかった。

185041573

 わたしが乗り鉄を始めた頃は、まだかろうじてこの方式だった。係員が手で看板を吊り下げ、ずらしていったのである。夕方頃なら、まだ多数の夜行列車の発車案内がぶら下がっていたし、夜遅く駅に行って、この看板が残り数枚、と淋しい状態になっていると、一日の終わりを感じたものだ。

 さて、いろいろ観てはきたが、やっぱり今回の印象は、カツカレーが一番大きい。
 この大宮で食堂車のメニューを忠実に再現している一方、梅小路では食堂車の実車で食堂営業をしているものの、メニューや味は食堂車の気品からほど遠い。両者が合体して、実車で食堂車メニューを出す店があればいいのに、と思う。リニア館の新幹線食堂車あたりでいかがだろうか。

(平成30年5月訪問)

 

 

|

« 覚醒して大糸線 | トップページ | 神戸市バス平成30年度乗りつぶしと新・共同運行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/66766267

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道博物館の日本食堂:

« 覚醒して大糸線 | トップページ | 神戸市バス平成30年度乗りつぶしと新・共同運行 »