2018年9月28日

男鹿線営業キロ変更と蓄電池電車

 秋田からの「リゾートしらかみ」で五能(ごのう)線を廻って弘前(ひろさき)に着いたわたしは、そのまま奥羽線で秋田方面に戻った。弘前から大館(おおだて)までは県境区間なので、本線筋なのに普通列車は極めて少なく、特急で移動せざるを得ない。遅れた「リゾートしらかみ」が引き上げて行ったホームに、ほどなく特急「つがる4号」が入って来た。よく空いた自由席に坐って三十分あまりで大館に着く。
 大館は比内(ひない)地鶏を使った駅弁「鶏めし」で知られている。それを買おうと思ったが、ホームはもとより、駅舎内に駅弁売場が見当たらない。駅舎に隣接したコンビニの弁当売場には、鶏めしのポップがあるので、扱っているらしいが、売り切れている。入手できないのか、と思って駅前広場を見わたすと、駅舎の向かいに販売元の作業所兼売店があり、ようやく手にした。本来駅で買えてこその駅弁だが、こういう恰好が増えてきた。
 先日も、四国の松山駅に降り立って名物駅弁「醤油めし」を買おうと思ったら、売場がどこにも見当たらず、撤退したのか、とがっかりした数日後、松山の駅弁業者の事業停止のニュースを見て驚いたことがあった。大館は業者自体は元気なようで、安心した。

 大館始発14時16分の秋田行普通電車に乗る。終点の秋田に直行せず、15時47分着の追分で、15時49分発男鹿(おが)行に乗り換える。
 すぐの接続なので、男鹿行は通常男鹿線が発着する片面ホームではなく、同じホームの向かい側となる奥羽線下りホームに入っている。こういう濃やかな配慮は、とみに増えてきた。国鉄時代など、こういうケースでは確実に跨線橋の階段を客に走らせたものである。

189051674

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月24日

「リゾートしらかみ」往復乗車

 JR五能(ごのう)線の観光列車「リゾートしらかみ」に乗った。
 五能線は四度ほど乗っているが、乗りつぶしの時だけは通常の普通列車だったものの、その後、最長片道切符の時は前身の「ノスタルジックビュートレイン」、後はこの「リゾートしらかみ」に乗っている。
 それだけこの列車が魅力的なのと、秋田や青森に直通するのが便利なのである。今回も、この列車を堪能してみたい。

 青森駅から、13時51分発の「リゾートしらかみ」秋田行に乗ることにした。「リゾートしらかみ」は三編成あり、それで一日三往復を運行している。日によって一部の便が他の車輌に置き換えられたり運休したりするが、夏の間は三往復フル運転の日が多い。どの便にどの編成が入るかは、日によって異なるが、わたしは最も新しく設備も整っているらしい「橅(ぶな)編成」が入る便を選んだのである。 

189041381 189041379


» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月17日

十和田・七戸 ローカル私鉄が消えた街のバス

 青森に泊まった翌朝、昼過ぎまで時間があるので、青森県内をそぞろ乗りすることにした。

 だいぶん前に鉄道を完乗したので、乗った路線のなかには既に鬼籍入りしているものも多い。学生時代に青森で一まとめにして乗ったのが、南部(なんぶ)縦貫鉄道(野辺地(のへじ)~七戸(しちのへ))と十和田(とわだ)観光電鉄(三沢(みさわ)~十和田市)である。両者とも既に廃線になった。
 その跡を走るバスに乗って再訪しようと思い立った。しかし、思い違いや何かで、大いに目論見と違う旅になった。

 いきなり、時刻表を見間違えたまま予定を立てていたことに朝から気づいてしまった。青森から三沢に向かう青い森鉄道の時刻を一時間も勘違いしていた。
 ただ、駅には早めに行ったため、乗るべき列車の一本後、約四十五分後の列車にはなんとか乗り込むことができた。慌てて三沢着の時刻を調べると、これもなんとか、予定していた三沢からの代替バスには乗れる、と分かった。ただし、乗換え時間が二分しかない、という覚束ないことになった。
 怪我の功名でクロスシートの電車になったのはよかったが、気が揉める。

 三沢に着き、跨線橋を走って昇り降りし、駅前に出た。すぐ左手が十和田観光電鉄の駅跡で、バスは今でもここに発着する。駅舎にはまだ「電車」の文字が残っている。 

189040991b

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日

昼行最長バスの旅~ スカイ号青森行

 東京での所用を終えて、東北方面の旅行に移る際、高速バスに乗ることにした。

 弘南バスが運行する「スカイ」号という路線で、まる一日かけて東京と青森を結んでいる。興味を持ったのは、これが昼間に運行するバスとしては国内最長距離の路線だからである。実に所定ダイヤで十時間五十分の行程となる。
 東京の北の玄関口として詩歌や歌謡曲に詠まれた上野(うえの)駅は、すっかりその機能を失い、上野始発の東北方面長距離列車もなくなった。しかるにこの青森行バスは、上野駅が始発地なのだ。まさか、旧来の風情を受け継ぐために上野発にしているわけでもないだろうし、東京駅や新宿(しんじゅく)に発着した方が集客上もよさそうに思うが、ともかく今どき上野発であることも、心惹かれる点だ。

 上野駅から歩道橋を渡って南側の路上、東北急行バスと共用のバス停が乗り場である。発車の十分ほど前に行ってみると、既にバスが着車していた。青森に向かう国道4号上の乗り場ということになり、これも好ましい。 

189030993

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 9日

福鉄唯一のエキナカ~ 「まるちゃんらーめん」

 昨年秋、福鉄(福井鉄道)福武線の神明駅に、新しい店がオープンした。

17y111383

 「まるちゃんらーめん」というラーメン屋である。神明駅はよく利用するので、すぐにこの店のことは認識した。
 この場所は、以前は花卉店があったが、いつのまにか閉店してしまった。さらにその前は立食い蕎麦屋があったと思う。二十年以上前のことだから記憶も曖昧だが、先祖返りしたとも言える。
 改札内ではないし、エキナカと呼ぶのは強引かもしれないのだが、駅舎と連続した建物の中に飲食店があるというのは、福鉄ではここだけだと思う。貴重な店として一度寄ってみたかった。

 しかし、寄るのは簡単ではなかった。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«えち鉄福井付近新高架線に