1.5  サッコ私的解題

2013年7月26日 (金)

『伊藤咲子全曲集 ~女の歌~』 下

「『伊藤咲子全曲集 ~女の歌~』 上」 からつづく)

 『伊藤咲子/伊藤咲子全曲集~女の歌~』の私的解題を続ける。五曲めからである(左記リンクは、『楽天市場』の当該商品ページに跳びます。購入もできます)

続きを読む "『伊藤咲子全曲集 ~女の歌~』 下"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月12日 (金)

『伊藤咲子全曲集 ~女の歌~』 上

 5月に発売されたサッコさんの新しいアルバムが、『伊藤咲子/伊藤咲子全曲集~女の歌~』である(左記リンクは、『楽天市場』の当該商品ページに跳びます。購入もできます)4月のバースデイライブの会場で予約を受け付けていたので、一番のりで申込み、その特典としてサイン色紙付きで自宅に送られてきた。

 この間 COMPLETE BOX が出たばかりなのにまた全曲集とは…? と思ってしまうが、従来のベスト盤と同じく、全曲といっても網羅的に収録されているわけではない。今のサッコの魅力を堪能できる曲を全て集めた、というくらいの意味だろう。
 「全曲」ではないにしても、新曲、これまでCDにされなかったカバー曲のほか、従来の定番曲がアレンジを変えた新録音で入っていたりするので、やはり聴かないわけにはいかない。再録の曲を除き、また私的解題を加えておきたい(特に断らない場合、作詞は阿久悠、作曲は三木たかしである)

 収録曲は十六曲だが、純粋な新曲は「キャラバン」だけだから、同曲には特に字数を割くことにする。


続きを読む "『伊藤咲子全曲集 ~女の歌~』 上"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 2日 (土)

COMPLETE BOXから ~『レア・コレクション』

 【送料無料】伊藤咲子 COMPLETE BOX(左記リンクは、『楽天市場』の当該商品ページに跳びます。購入もできます)の最後のCDが、この『レア・コレクション』となる。
 これは、従来ほとんどCD化されていない、あるいはアルバムに収録されていない、さらにはサッコのアイドルとしての斜陽期に発表されたり用途が限定されていたりして、テレビやラジオで耳にする機会もあまりなかったような曲を中心に編まれたもので、ファンにとっても垂涎の内容となっている。

 この盤も、既に私的解題でとり上げた曲が少なくないのだが、とにかく収録順に全16曲をみていこう。

続きを読む "COMPLETE BOXから ~『レア・コレクション』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月30日 (水)

COMPLETE BOXから ~『想い出のセンチメンタル・シティイ』

 【送料無料】伊藤咲子 COMPLETE BOX(左記リンクは、『楽天市場』の当該商品ページに跳びます。購入もできます)のなかで、既存のアルバムレコードを復刻したCDは、前記事までで解題を終えた。
 今回は、このCOMPLETE BOXのために、アルバムレコードに収録されてこなかったシングル曲(B面を含む)を中心にして新たに編まれたCDアルバム、『想い出のセンチメンタルシティイ』である。
 このアルバムの収録曲は、これまでの私的解題にとり上げたものも多いので、そういう曲は基本的にリンクで済ませ、触れるのは一部の曲となる(特記以外、作詞は阿久悠、作曲は三木たかし両先生である。また、引用する歌詞は、同BOXの歌詞カードによる)

続きを読む "COMPLETE BOXから ~『想い出のセンチメンタル・シティイ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

COMPLETE BOXから ~『Slow Motion』

 【送料無料】伊藤咲子 COMPLETE BOX(左記リンクは、『楽天市場』の当該商品ページに跳びます。購入もできます)の続くアルバムは、『Slow Motion』で、これが復刻版オリジナルアルバムとしては最後の盤となる。
 サッコ自身のコメントにもあるように、すっかり大人になったサッコの歌唱が愉しめる。しかし、原盤は昭和57年の発売で、サッコをテレビで見かけることも少なくなった時期である。わたしも初めて聴く曲が含まれる。
 また、作詞作曲陣も多岐に渡っていて、新機軸を模索していた様子が窺えるが、ともかく都会的でお洒落な感じが共通している。歌詞だけを読んでいると、(バラエティでブレイクする前の)中原理恵さんのような雰囲気もある。
 ジャケットの写真も、「女」伊藤咲子を思い切り強調したものになっている。

 では、各曲を聴いていこう。

続きを読む "COMPLETE BOXから ~『Slow Motion』"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

COMPLETE BOXから ~『おるごおる』

 【送料無料】伊藤咲子 COMPLETE BOX(左記リンクは、『楽天市場』の当該商品ページに跳びます。購入もできます)の次のアルバムは、『おるごおる』である。
 阿久悠・三木たかし両先生のコンビから敢えて離れ、中里綴・和泉常寛の新陣営に、サッコのアイドル卒業を託したアルバムと言えよう。作詞・作曲の両氏のコメントが歌詞カードにあり、貴重な資料である。

続きを読む "COMPLETE BOXから ~『おるごおる』 "

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

COMPLETE BOXから~ 『青春』 

 サッコの【送料無料】伊藤咲子 COMPLETE BOX(左記リンクは、『楽天市場』の当該商品ページに跳びます。購入もできます)の、次のアルバムは『青春』、これはカバー曲主体の、やっぱりファンには愉しいアルバムと言えよう。オリジナル盤は昭和52年3月の発売である。

 出だしは明るいシングル曲からである。

続きを読む "COMPLETE BOXから~ 『青春』 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

COMPLETE BOXから ~『初恋』

 【送料無料】伊藤咲子 COMPLETE BOX(左記リンクは、『楽天市場』の当該商品ページに跳びます。購入もできます)の次のアルバムが、ライブ盤の『初恋』である。
 サッコさん唯一のライブアルバムであり、もちろん今回が初のCD化となる。ライブが行われたのは、1976年(昭和51年)1月22日となっている。

 聴いてみると、コンサートというより、サッコさん主催のカラオケ大会を横で聴いているような感じがした(笑)。楽しくなってくる。

続きを読む "COMPLETE BOXから ~『初恋』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

COMPLETE BOXから~ 『乙女のワルツ』

 【送料無料】伊藤咲子 COMPLETE BOX(左記リンクは、『楽天市場』の当該商品ページに跳びます。購入もできます)の三枚めとなるアルバムが、『乙女のワルツ』である。
 このアルバムは、三年ほど前に紙ジャケ版CDとして復刻されたものであり、ボックスの中のアルバムも、その時の装丁に準じている。一口解題も記事「紙ジャケ版『乙女のワルツ』」に記しているが、せっかくなのでもう一度聴いてみよう。

続きを読む "COMPLETE BOXから~ 『乙女のワルツ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月30日 (金)

COMPLETE BOXから~ 『私のカレンダー』

 本題の前に。
 もうお気づきの方も多いと思うけれど、先月から、さきごろ合併発足したNKSJひまわり生命のコマーシャルに、「ひまわり娘」が使われている。一面のひまわり畑の真ん中で、ベッキーさんが歌っている。サッコさんでないのは残念だが、これはいたしかたないだろう。
 ひまわりをモチーフにとった歌は、「ひまわり娘」以降多数出ているのだが、そのなかにあって、今だに「ひまわり娘」が選ばれることは、大変嬉しいことである。曲のパワーを感じる。できれば、同社のイメージソングとして末永く使ってほしいものだ。
 コマーシャルを観たことのない方は、同社の彩図でも動画を観ることができるので、ぜひどうぞ。
  http://www.nksj-himawari.co.jp/lp/cm/

 
 さて、【送料無料】伊藤咲子 COMPLETE BOX(左記リンクは、『楽天市場』の当該商品ページに跳びます。購入もできます)の二枚めのアルバム・ディスクが『私のカレンダー』で、これは昭和49年12月の発売だから、シングルで言うと「木枯しの二人」の頃である。
 タイトルどおり、一年の初めから終わりまで、各月一曲ずつでめぐっていく、というつくりになっている。それぞれの曲の独立性よりも、全体の流れを優先したような編集にみえる。曲のなかにはシングル曲としておなじみのものもあるのだが、うまくはめ込まれている。
 「プロローグ」のインストルメンタルからして、それが窺える。

続きを読む "COMPLETE BOXから~ 『私のカレンダー』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧