« つくばエクスプレスの帰納性 | トップページ | 『女王の教室』のルーツ »

2005年9月16日 (金)

誤変換の花園

  「漢検変“漢”ミスコンテスト」のグランプリが発表された。漢検がそんなことをやっていたのは知らなかった。誤変換自体は、それを集めた彩図も多く、古くは清水義範の「ワープロ爺さん」にルーツを求めることのできる日本語独特の言語遊戯である。
 見事グランプリに輝いた誤変換は、……

今年から貝が胃に住むようになりました。 

 だそうだ。

 清水義範氏の小説「ワープロ爺さん」は、OASYS専用機での誤変換によって綴られているが、厳密な誤変換というより、ミスタッチや使用法の誤解(をしているという設定)によって生まれたものも多い。
 ~わけだ となるべきところ ~ほけだ を連発しているが、これは親指シフトキーボードを知らないと不可解な間違いだろう。〈わ〉と〈ほ〉とは同じキーに割り当てられているのである。~に住んどる ~二寸$ になっているのは抱腹する間違いだが、これも誤変換というより、方言・俗語に対応していないところから生まれたものだ。

 そんな時代に比べると、複文節変換だの文脈変換だのとどんどん日本語入力システムが進化して、ワープロ専用機からパソコンに移行した頃には、普通の文章を打っている限り、そんなに妙な変換はしなくなった。
 そうしていたところが、ケータイでメールを打つという事態が出来し、再び誤変換が花開きはじめたのである。わたしはFOMAに移行するまではMOVAのDシリーズを専ら使っていたが、これもDシリーズの日本語変換が一番まともだった、というのが一つの理由だ。やっぱりこの小さな体には芸の細かいことは無理なのだろう。往時DシリーズのCMに 鯖威張る精神 という誤変換が使われていたが、これはわたしが大学時代に書いた小説に使ったギャグそのままなので、悔しい思いをした。

 それでも今もってたまに妙な変換に出会うことはあり、それが真理を衝いていたりすると何か嬉しかったりするのは確かだ。
 ある文章に対する痛烈な反論の文章を打って何度も書き直し書き直ししたあげく、やっと決定稿と言えるものがしあがり、添付して送るためメールのタイトルを入力すると、蹴っていこう となった。相手の論を蹴っていこうという文章だからまことに正しい。
 論文を打っていて、

この問題を解決する方法として蓋と折が考えられる。

 となったのは、一分以上笑いが止まらなかった。

 こういうのを喜ぶというのは、このハイテクの世にあって、やっぱり機械の方がバカだ、ということを確認できた気になる屈折した心理なのだろうか。機械に教育されているような日常で、何か機械に対するコンプレックスをわれわれは抱いているのかもしれない。

※ このカテゴリーの記事のように、まるよしの楽しい日本語の話を満載した本、ぜひお手に取ってお読みくださいね。

 『まるごと とれたて 日本語談義 -ラジオ番組『高専ライブ』で語ることばの話-』
 桐島周 2016 勝木書店 定価1500円(税込)
 
ISBN: 978-4-906485-09-3 
 (桐島周は、まるよしのペンネームです)

 勝木書店のホームページでご注文いただくのがご便利かと思います。
  http://www.katsuki-books.jp/ (書籍検索から)
 Amazon・楽天などでは購入できません。

167071880

|

« つくばエクスプレスの帰納性 | トップページ | 『女王の教室』のルーツ »

5.0ことば」カテゴリの記事

コメント

 僕が体験した面白い誤変換は
吹く胃液(福井駅)
でした

投稿: 真面目な軟派師 | 2005年9月16日 (金) 18時14分

 福井駅で胃液を吹くほど泥酔する人もいるんでしょうな。
 昨日はある先生の実践報告のパワボ画面に「成績不審者」の文字があった。確かに何でそんな点数に漕ぎ付け得たのか、あやしい成績の学生、いないとは言えないね。

投稿: まるよし | 2005年9月16日 (金) 19時48分

 システムトラブルか、この記事へのトラックバックとして書かれたのに、トラックバックとして反映されていない記事です↓。
http://arbitrary2.blog22.fc2.com/blog-entry-25.html

投稿: まるよし | 2005年10月 2日 (日) 22時46分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/5964057

この記事へのトラックバック一覧です: 誤変換の花園:

« つくばエクスプレスの帰納性 | トップページ | 『女王の教室』のルーツ »