« 多数決の条件 | トップページ | 11月18日 »

2005年10月15日 (土)

ホンダ前社長講演

 昨日は、創立40周年記念行事(式典・講演会)が挙行された。当然ながら、全教職員・全学生が参加することになっており、卒業生・教職員OBなど、懐かしい人の顔をたくさん見ることができた。わたしのクラスは13時10分頃には全学生が揃い、なかなか優秀。出席確認後どうしたかは知らないが。

 で、記念行事自体をさぼった、もしくは式典が終わったところで退場した学生に一言申し上げたい。

    あなたがたは、あほです。

 なぜなら、その後の講演会こそが、あそこまで足を運ぶ価値のあるすばらしいものだったからだ。

 講師は、本田技研前社長で福井出身の吉野浩行氏、演題は「夢を追い、世界で競う」であった。

 いかにホンダとはいえ、社長の話だから、抽象的な精神論をぶつのだろう、と予測した人もいるだろうが、全くそうではなかった。クルマ・ロボットなどの内部構造までを図解したスライド画面を映し、非常に具体的で技術系の学生が興味をひくようなポイントを押さえた説明、そこにものづくりの熱い精神を絡めながら、ホンダの技術革新の歴史を概観してみせてくれた。ご自身が学生時代にホンダへの就職を決意した動機から会社全体を見渡すようになるまで、一貫したものづくりへの愛着を盛り込んで、実に愉しそうにお話しになるので、こちらも惹き込まれていく。門外漢のわたしでさえ、全く退屈することはなかった。まして学生には得るものの非常に大きい講演であったはずだ。

 高専の現役学生がホンダの取締役の話をじかに聴く機会など普通ならまずないし、吉野氏にしても、年に何回も講演はされるだろうが、高専生相手の時でなければ、ああいう内容と話し方は採られないだろう。貴重な講演だった。

 さぼった学生は、その時間何をしていたのだろうか。家に帰ってごろごろしていたか、街へ出て遊んでいたか。
 そんないつでもできるようなことをするのと、千載一遇の機会を捉えるのと、どちらが有意義な過ごし方かを考えない。あるいは、講演会ときいただけで、中身を見定めもせずに、退屈なもの、聴く価値のないものとして敬遠する。
 このように想像力と創造力、そして知的好奇心にも欠ける者には、ものづくりなどにたずさわる資格はないだろう。

 吉野氏にも出席した学生にも失礼なので、講演の詳細な内容を書くのはやめよう。
 が、ただ一つ記憶に留めたいのは、ホンダの若い技術者たちに、学校時代に何をもっと勉強して身につけておけばよかったと思うか、と問うた結果ベストスリーである。

  (1) 数学・物理などの基礎教養
  (2) 英語力・プレゼン力などの言語能力
  (3) 製図などの基礎技能

なのだそうで、これを見ると、所属校の学習・教育目標やカリキュラムも大きく間違っていないことが分かり、安心である。

|

« 多数決の条件 | トップページ | 11月18日 »

6.0教育・研究」カテゴリの記事

コメント

●ヤマさん
 吉野氏は地元福井の出身というだけで、福井高専の卒業生ではいらっしゃいません。吉野氏がホンダに入社された時にはまだ福井高専は開校していませんから。

 講演録の類は作ることになると思います。

(元投稿日時 2005年10月15日 午後 08時20分)

投稿: まるよし | 2005年10月16日 (日) 09時11分

機械工学科生でホンダ元社長の講演を見なかった奴はもぐり(ぇ

(元投稿日時 2005年10月16日 午前 05時55分)

投稿: ∀∀ | 2005年10月16日 (日) 09時13分

●∀∀さん
 いやほんとそのとおり。

 講演録が(もし)できたら、見せてあげますよ。

(元投稿日時  2005年10月16日 午前 07時37分)

投稿: まるよし | 2005年10月16日 (日) 09時13分

  サーバとの連絡がうまくいってなかったようで、記事の修正が全くできなくなっていたため、この記事をまるごと投稿しなおしました。ここから上のコメントも移動したため、コメントの投稿日時の表示が実際と異なっています。本文中に括弧書きしたのが実際に投稿いただいた日時です。
 お見苦しくて申し訳ありません。

投稿: まるよし | 2005年10月16日 (日) 09時19分

はじめまして。
mixiの足跡を辿って来ました。
高専の先生なのですね?
すごく聞きたい講演で羨ましいです。
そんなのがあったのですか?
全然知りませんでした。
失敗したなあ。(;^_^A

しかし、僕も学生の時なら参加するのがめんどくさいと思っていたと思います。
ま、サボリはしない学生でしたが。

投稿: ま~てぃん | 2005年10月16日 (日) 14時57分

●ま~てぃんさん
 ミクシィからいらっしゃいませ。卒業生の方でしょうか。

 ほんとうにもったいないと思います。でも、学生の時は、価値が分からないんでしょうね。

投稿: まるよし | 2005年10月16日 (日) 19時03分

はい、卒業生です。
卒業して12年目でしょうか???
EIの1期生なんですけど。

投稿: ま~てぃん | 2005年10月16日 (日) 22時31分

●ま~てぃんさん
 そうですか。わたしは平成5年の着任なので、ちょうど入れ替わりくらいですね。

投稿: まるよし | 2005年10月17日 (月) 06時42分

こんばんわ。mixiの足跡をたどってこちらに寄せさせていただきました。確か2年か3年の時に講義を受けさせてもらった機械の33期生です。"光よりも早く届くものは何?"というテスト問題がいまだに頭に残っております。(答えを聞いて、もっとやわらかアタマにならないといかんなぁと思いました。)

ホンダの前社長の講演があったとは...。すごく羨ましいです。今度帰省の時に学校の方にいったら講演録をぜひぜひ拝見させていただきたいです。

投稿: tribal chief | 2005年10月24日 (月) 19時33分

● tribal chiefさん いらっしゃいませ。

 ミクシィの方でお名前も確認しました。覚えてますよ。体育祭のデコレでもご活躍でしたね。

 33期は、ちょうどわたしが内地研究に出る年の3年生で、僅か四カ月間国語を担当したと思います。そんなささやかな授業を覚えていてくれて、光栄です。

 「光より速いものをあげよ」という問題は、時間の余った人用おまけの問題として出しましたが、即物的な思考に偏りがちな理工系の学生さんに刺激を与えるための問題でした。物理的に考える限り、答は見つからないですからね。

投稿: まるよし | 2005年10月25日 (火) 12時29分

>光より速いものをあげよ

なんだろ...
リニアモーターカーですか?

投稿: 真面目な軟派師 | 2005年10月25日 (火) 17時15分

 えー、「光より速いもの」の話題は、ちょっと元記事からずれてきてますし、これ自体いい話題なので、新しい記事にしますね。答を考えた人は、そっちに書いてください。答を知ってる人は黙っとくように(笑)。

http://railway.cocolog-nifty.com/hyogen/2005/10/post_f5a1.html

投稿: まるよし | 2005年10月25日 (火) 19時51分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/6420905

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ前社長講演:

« 多数決の条件 | トップページ | 11月18日 »