« 外部評価と授業の自律 | トップページ | 文は人なりや »

2005年10月 7日 (金)

通過列車をホームで見送ること

(当記事の本文は、鉄道趣味ブログ『まるよし電車区』に移転しました)

|

« 外部評価と授業の自律 | トップページ | 文は人なりや »

3.6 鉄道エッセイ・意見文章」カテゴリの記事

コメント

明らかに危険だと思います・・・。
名鉄の特急通過駅なんていつでも逝ってくださいみたいな感じ。
プープー言うだけの警報音に誘われちゃいそう。
ありゃ安全対策しないのか??莫大な費用がかかることは簡単に想像できるが、柵ぐらい設置できんのか?
ときどき死者が出るくらいなら別にいいと思ってんだろうなぁ。

投稿: たくろう | 2005年10月 8日 (土) 11時35分

●たくろうさん
 考えてみれば、日常生活のなかで、あそこまで死と隣り合わせの場面って他にないですね。昔はなんてこともなかったんでしょうが、この頃は電車の速度も高くなってますからね。
 名鉄特急の場合は、ミュージックホーンで警告してくれますよね。

♪どーけーよー どーけーよー そーこーどーけー どーかーなーきゃー しーぬーぞーーー

ってね。
 新幹線の場合はさすがにホームに面した線路を列車が通過する駅では、柵を設けていますね。でも、米原駅などで新幹線を待っていると、一つ向こうの線路を通過する「のぞみ」にさえ、誘い込まれそうな気持ちになります。

投稿: まるよし | 2005年10月 8日 (土) 13時07分

通過する空のコンテナ貨車に乗ってみたくなる
気持ち、分かります。

自殺したいわけではなくて、何かこう冒険心が
湧いてきてしまうんです。

投稿: 井上さんのファン | 2005年10月 9日 (日) 19時05分

●井上さんのファンさん
 はじめまして。コメントありがとうございます。

 自殺というか、異界に連れて行ってくれそうな感じがするのですよね。亀の背中に見えているのかもしれません。 

投稿: まるよし | 2005年10月 9日 (日) 19時43分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/6296321

この記事へのトラックバック一覧です: 通過列車をホームで見送ること:

« 外部評価と授業の自律 | トップページ | 文は人なりや »