« 仙台市電保存館 | トップページ | トワイライトエクスプレスの不祥事 »

2005年12月18日 (日)

大雪 上

  この記事をもって、ようやく投稿日時がリアルタイムに追いつく。長らく休止した分、追いつく道のりも長かった。これからはいろんな所に更新通知が表示されるから、アクセスも増えるかと期待。

 さて、『真面目な軟派師の純情な妄想』にもあるように、時ならぬ大雪である。

  http://puredelusion.blog24.fc2.com/blog-entry-30.html

 12月からこんなに降っていては、1月はどうなるのか、と心配になるし、逆に今これだけ降っておけば、1月にはあんまり降らないのだろうか、とも思う。わたしが福井に移り住んだのは平成5年だが、同年はよく降って、根雪が現出したのを初めて経験し、さすが雪国と感動したものだが、それ以来、根雪は見ていない。一旦融けてはまた積もり、の繰返しになってしまった。この冬はさすがに根雪になるのかもしれない。

 大雪に際していつも問題になることの対策を少し考えてみた。

 所属校は、14日(水)は終日、15日(木)は1限が臨時休業となった。この決定がなされたのは14日(水)の10時だから、学校に向かって駅や電車内にいた学生も多い。家を出る前に決断できていれば学生を危険にさらすこともなかったのだが、タイミングは難しいものだ。関西なら、気象警報が出れば学校は休み、と決まっているから問題はないが、福井はそういう取り決めがなく、アバウトである。そして、JABEEなどの絡みで、一学期15回の授業回数を確保する必要があり、休業にしてしまうと代わりの授業をする日程をとらねばならなくなるため、休業の決断を躊躇する傾向も出てきている。

 最近の所属校の年間行事予定を見ると、夏休みや春休みがけっこう早く始まるようになっている。それならば、長期休暇前とか期末試験前に3日間程度の特別学習(または補講)期間を設け、災害等で抜けた授業をここで補うようにしてはどうか。そういうクッションがあれば、柔軟に休業の措置をとれるではないか。もし臨時休業が発生しなかった場合は、その3日間は休みにしてもいいし、試験直前対策の補習などを行ってもいいだろう。

 それにしても、周囲の皆さんには申し訳ないが、こういう大雪の時ばかりは、クルマに乗ってなくてよかった、と思う。朝起きてまず駐車場の雪かき、クルマの屋根の雪下ろしから始めないと、家を出られない、という事態は酷すぎる。そうして苦心惨憺の末出したクルマに、何の苦労もなく家を出て歩いているわたしを招じ入れてくれる同僚もいて、いよいよ申し訳ない。

 わたしは鉄筋の集合住宅に住んでいるからいいのだが、戸建の家に住んでいる人は、家の雪下ろしも加わる。寒い中の重労働だから、倒れたり、転落したりということがよく起こる。毎冬のことだから、何か方法はないのか、と思う。熱線による融雪装置を屋根につけるのは施工も運用もかなりのコストになりそうなのは分かるが、例えば傘を時々払うように、屋根を可動式としてときどき垂直に開いて自動的に雪を落とすようにはできないのだろうか(もちろん二重屋根にする)。これなら融雪装置よりは安価な気がするのだが。いや、福岡ドームなど屋根の開閉に一回何十万も電気代がかかるらしいから、これも結構金を食うのだろうか。

|

« 仙台市電保存館 | トップページ | トワイライトエクスプレスの不祥事 »

3.0旅行・交通」カテゴリの記事

8.0時事・ニュース」カテゴリの記事

コメント

確かに車出すの大変ですね.
車庫の前にブルドーザーがおいていった雪が壁になるのでどかさなきゃいけないんですけど,塊がでかくて硬いので...

水曜日の,休業になるかならないかのあの非日常感は楽しかったですけどね.ある種お祭りのようで.というかああいう状況になったら楽しむしかないのですが笑

投稿: 真面目な軟派師 | 2005年12月18日 (日) 22時19分

 確かに、非日常をみんなけっこう楽しんでますね。
 電車が来なくて足止めをくった学生も、駅前の喫茶店でモーニングサービスを頼んで雪見コーヒーと洒落たとか。こんなことでもないとそんな優雅なことはできませんから。

 今はケータイがあるので、学生の所在も摑みやすくていいですね。続々入ってくるケータイメールも緊迫感がありますが、どこでどのような状態になってるかがよく分かり、安心です。
 一方で、休業を伝えるわたしのメールを見ておらず、わざわざ駅から学校まで歩いてきたごくろうな学生もいますし。

投稿: まるよし | 2005年12月18日 (日) 22時34分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/7683283

この記事へのトラックバック一覧です: 大雪 上:

« 仙台市電保存館 | トップページ | トワイライトエクスプレスの不祥事 »