« 「瀬戸内マリンビュー」と「こだま」 | トップページ | ホリデイ・イン仙台 お勧め »

2005年12月 7日 (水)

本田美奈子.さんを悼む

 伊藤咲子さん(サッコ)の私設ファンクラブ支部長をやっていることでお分かりのように、わたしが主に好む歌手は「実力派女性ボーカリスト」である。色香やルックスは問わない(サッコが美人でないと言ってるのでは決してない)。

 それだけに、今回の本田美奈子.さんの訃報には驚き、衝撃を受けた。

 本田美奈子.さんは、アイドルとしてデビューしたが、その後大いに歌唱力を鍛え上げ、ミュージカル女優としての活躍が目立っていた。
 ボーカリストとしての彼女を認識したのは、もう十年前くらいになると思うが、服部良一記念コンサートにゲスト出演して「つばさ」を歌うところを見たことによった。翌日直ちにレコード店に行き、「つばさ」のCDを購入した。
 「つばさ」はCMでサビが流れていたのでその部分のメロディには親しんでいたが、この曲の真価はサビなどにあるのではなく、サビが終わった後の別メロディ(何と、いくら調べてもこの概念にあたる音楽用語がない。楽典はリズムとハーモニーに関しては雄弁だが、旋律論は未発達だ。わたしはそこにこそ興味があるのだが)のところで、なんと十小節もまっすぐに音を伸ばすのである。伸ばしている間に伴奏は一旦途切れて転調したりするのだが、それに動じることなく同じ高さを保ち続ける。そして息も限界に近づいていると思われる七~八小節めあたりにきて軽くビブラートがかかった後、柔らかくフェードアウトする。
 こういうプロにしかできない歌唱法が少しも厭味に聞こえないのは、彼女の澄みきった声質のせいであろうか。

 実は本田美奈子.さんの曲でわたしが歌えるのはこの「つばさ」一曲だけなのだ。内容的には、例えば卒業生たちをその将来を願って送り出す謝恩会などで歌うのに最適なのだが、歌うのはちょっとはばかられる。この十小節伸ばしがとても真似できないこともあるが、かなり濃い女言葉なので、大の男が歌うのには違和感がある。歌詞を英語に訳すと歌いやすいかもしれない、と思って考えているところである。
 何にせよ、 すばらしい曲をわたしの印象に刷り込んでくれた本田美奈子.さんにありがとうを言いたいのである。

|

« 「瀬戸内マリンビュー」と「こだま」 | トップページ | ホリデイ・イン仙台 お勧め »

7.2.1  歌謡」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/6953416

この記事へのトラックバック一覧です: 本田美奈子.さんを悼む:

« 「瀬戸内マリンビュー」と「こだま」 | トップページ | ホリデイ・イン仙台 お勧め »