« ブログを縦に書くこと | トップページ | 負のダイヤ改正 »

2006年1月27日 (金)

初恋列車

 教職員の宴会では、わたしがカラオケの口火を切ることに決まってしまったらしい。
 歌に自信があるわけでもなんでもないし人前に出て目立とうというキャラでもないのに、幹事の求めに応じて、できるだけお役に立てれば、と思ってマイクをとっていたが、もう歌うのがあたりまえになってきたようだ。

 ただ、同じ歌うなら最初に歌うのがよい。わたしはアルコールが少しでも入ると声が出なくなるので、カラオケが終わるまでは飲めないからである。
 乾杯のあとすぐに歌わせてくれればいいのだが、大概乾杯の後は「しばしご歓談を」となり、歓談が興にのって座が乱れはじめたころに歌本を持った幹事がわたしの席に来る。もう歓談が佳境に入ってしまえば、誰もカラオケなど聴きやしないし、だいたい幹事だって教職員なんだから、「聴いてもらえないまま前に立ち続ける情けなさ」を身に沁みて知っているはずなのだが、いつもそれを強要され、ストレスを持ち帰ることになる。

 しかし今年の忘年会はわりあい気分よく歌えた。幹事団が一体となって盛り立ててくれ、それにつられた会場も、手拍子や合いの手でノってくれたからだ。わたしは声も通らない(当然宴会場のマイクなんて、音響も悪く音量もない)し、大して上手くもなく皆さんを楽しませるほどの技術もないので、聴き手の盛り上がりに助けてもらわないと、とてもまともなステージにならない。皆さんに感謝する。
 うまく歌いおおせた一つの要因は選曲にもあった。宴席だから、当然じっくり聴かせるような歌ははなからダメで、わたしはサッコさんの曲にしようかと思っていたが、鉄道オタクの上司の姿が目に入り、急遽氷川きよしくんの「初恋列車」に変更した。考えればこの曲はうまくできている。

 きよしくんの真骨頂である張りのある声を活かすため、全編パンチを利かせて歌うべき曲にしあがっている。列車のジョイント音を思わせる軽快でしかも中高年にもノりやすいリズムであることも宴席向きだ。こちらも序盤は緊張しているし、会場に探りを入れながら歌ってるようなもんなので、無難に歌っていたが、三番までくると、声をひっくり返した小節やらフィンガーアクションの余裕も出てきた。

 さて、この歌詞を検討すると、といっても引用はできないが、なかなか面白い曲である。

 列車の終着が青森であり、その駅で直接船に乗り換えるのだから、話は明らかに青函連絡船のあった昭和63年以前のことである。
 わざわざ夜行列車に乗ってきたと断っているところをみても、この場面設定は、明らかに「津軽海峡冬景色」を準拠枠として意識しているわけだ。あちらの曲は青森から函館に着くまでの間に、移りゆく景色とともに心が揺れる過程が歌の主眼である。そして函館に着くと同時に引き返す決心をする。
 しかし「初恋列車」は、たった二行でもう函館に着いてしまい、揺れはない。初恋の人に会いたい、というそれだけの動機で北海道に向かっているらしいのである。それも、恋焦がれて、という切実さや、あの娘が自分を受け入れてくれるのかという不安、自分はこんなことをしていていいのか、という葛藤などの複雑な心理は全く描かれない。「初恋」と自ら呼んでいるように、その恋心は既に完了しているのであり、単に会いたいだけだ。
  函館→苫小牧→釧路→室蘭とわたり歩いており、順序が変なのは、夜行列車である恐らくは急行「すずらん」「まりも」などを宿代わりにして道内を行き来しているためらしいが、そうやってあてどもない旅を、主人公はどこか楽しんでいるふしがあるのだ。
 あの娘が何処にいるかは分からないのだが、なぜか「港町」であるという確信はあるらしい。海沿いばかりを旅している。どうも別に目的があっての旅のようだ。
 もしかすると、初恋のあの娘というのは比喩であって、ローカル線廃止たけなわの北海道を、目当ての車輛が運用されている姿を追い求めて、「北海道ワイド周遊券」とカメラを携えて乗り歩く鉄チャンを描いた歌なのかもしれない、とさえ思えてくる。そう考えると歌詞の解釈にすんなり合点がいくのだ。道内夜行を宿代わりにする、という発想も鉄ちゃんならではのものだ(一般の内地の人は、北海道内に夜行列車が走っていることすら知らないのが普通だ)。さしずめ、リゾート列車の先駆となった「アルファコンチネンタルエクスプレス」 あたりを初めて見た時の衝撃が忘れられず、団体臨時列車として運用されて神出鬼没のこの車輛を追いかけているのだろう。
  ともあれこのへんの軽さがきよしくんの軽妙なキャラにうまくマッチしている。間違いなくわたしの愛唱歌の一つに加わるであろう。

|

« ブログを縦に書くこと | トップページ | 負のダイヤ改正 »

7.2.1  歌謡」カテゴリの記事

コメント

たびたび、お邪魔いたします・・氷川きよしさんの福岡限定の「人生号」ってご存知ですか? ウフフ、甲斐よしひろさんが作った歌です・・

投稿: ジェシー | 2006年8月17日 (木) 20時36分

 こんな古い記事にまでコメントいただいて、恐縮です。
 氷川きよしさんは、サッコさんほど熱心に追いかけているわけではないですが、好きな歌手の一人です。どんな曲でも自分の色で歌いあげてしまうところは、才能だと思います。
 「人生号」は知りませんでしたが、恐らく「号」は「go」と引っかけた応援歌なんでしょうね。機会があれば聴いてみたいと思います。

投稿: まるよし | 2006年8月17日 (木) 21時23分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/7589305

この記事へのトラックバック一覧です: 初恋列車:

« ブログを縦に書くこと | トップページ | 負のダイヤ改正 »