« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月の記事

2006年5月30日 (火)

教育の原点

 (本科)1年生の学生から、ブログの相互リンクをしてくれ、と言われた。本科1年生としては珍しいことである。さっそくそのブログの検閲をしてみたところ、まあまあしっかりした文章が書けていて品も悪くない。ユーモアのセンスもある、ということで、破格ながら相互リンクに値する、と判断してリンク集に加えることとした。

続きを読む "教育の原点"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日)

日本語は『縦に書け!』

 この前読んだ本をご紹介。『縦に書け!』(石川九楊 2005 祥伝社)という本である。

 要諦を言ってしまえば、日本語は縦に書くものだ、ということに尽きるのだが、そこからいろんなことに話を拡げてくれる。

 著者は福井出身の書家で、文字文明研究所所長、という肩書もついている。文字のあり方を通じて、文明や文化のすがたまでを論じようという姿勢がなかなかスケールが大きくてよい。

続きを読む "日本語は『縦に書け!』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水)

私的解題(3) 「寒い夏」

 後に行くほど好きな曲になる、などと言っておいてこの曲から始めると、ちょっとこの曲に申し訳ないような気にはなる。私製MDに収録しているということ自体、決して嫌な曲なのではない。といって、手放しで好きなわけでもない。

続きを読む "私的解題(3) 「寒い夏」"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

生命を全うするとは

 昨日、知り合いの方の訃報に接した。わたしと一つしか違わない同世代の方である。特にわたしが懇意にしていただいていたわけではない。ほんの少しご縁があって存じあげたのみである。

続きを読む "生命を全うするとは"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

自転車は車道の左

 体の事情もあって、クルマの運転ができないわたしの交通手段は、公共交通と自転車と自分の足。やはり天気さえよければ、自転車が安直でよろしいですね。
 ところが、自転車で街を走るのも、なかなか大変な面がある。道路交通の中では、路面電車>自動車>軽車両>歩行者の順で図体も大きく力も強い(ぶつかった時特に)わけである。路面電車は必然的に公共交通であって常に優先権が与えられているので別格として、後ろ三つの中では軽車両のポジションが一番中途半端、自動車からは脅かされ、歩行者には神経を使わなければならない。自転車は無論、軽車両に属する(道路交通法第二条十一)
 そう、自転車は、道路交通の中間管理職なのである。

続きを読む "自転車は車道の左"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

教師七つ道具(2) 蛍光チョーク

 板書というのは伝統的な授業のテクニックであるが、これも少しずつ進化するのであろう。 そこでお勧めしたいのが、「ダストレスチョーク(蛍光色)」である。

続きを読む "教師七つ道具(2) 蛍光チョーク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

減給留置

 やっと5月分の給与を下ろしてきた。

 なんで去年5月より減っているのだ。カネに執着しないわたしも、流石に首を傾げた。 

続きを読む "減給留置"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

私的解題~番外編(補遺)

 『サッコfavorite』と題したMDを編集、これを家でも仕事場でも時々流しているのだが、この私的解題シリーズは、これに収録してある二十曲を、収録した順番にあくまで個人のこだわりや因縁にもとづいて批評する、ということにする。そういう強い思い入れがない曲については、いかにファンの間で人気のある曲であろうとも、とりあげない。そして、このMDは、だいたい後ろに行くほど好きな曲ということになっている。
 あくまで私的なものなので、「何でこんな曲をわざわざとりあげるのか」「何であの曲がないのか」「曲の順序がおかしい」などというつっこみはご容赦願いたい。
 週に一回くらい記事を書いていきたいが、抜けたりもするだろうから、終わるまでに半年ほどかかりそうだ。

続きを読む "私的解題~番外編(補遺)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

交通博物館閉館

(当記事は、鉄道趣味ブログ『まるよし電車区』に移転しました)

続きを読む "交通博物館閉館"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

新しいメディアのマナー形成過程

 ことばと情報のやりとりをするのがメディアだが、人と人との関わりである以上、そこにはマナーが生じる。新しいメディアができる時には、やはり既成のメディアからの類推を基本とし、そこに新たなメディアの特性を考えて肉付けしていくのであろう。

続きを読む "新しいメディアのマナー形成過程"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

サッコの横浜ミニコン

 5月5日、横浜市の港南台バーズにて行われた伊藤咲子ミニコンサートに出かけた。

 バーズが30周年なので、いろいろなイベントをしているようだ。エスカレーターのホールにステージがしつらえられている。あまり広い空間ではないので、人がいない状態で見ると、コンサートをするには小ぢんまりしすぎているのでは、という気がした。
 しかし、一回めの開演の五十分ほど前に行ってみると、百脚ほどの椅子は全て取られていて、既に立見を覚悟で待っている人の輪が二重三重になろうとしている。これは明らかに出遅れである。ひまわり隊の皆さんの姿はない。この時間に誰も来ていないはずはないから、椅子を取って皆で食事に行っているに相違ない。

この記事は、『KAZUKOの部屋』中の投稿「港南台505」にトラックバックしています。
  
http://i-sakiko.dcnblog.jp/kazuko/2006/05/vol48__4b6e.html

続きを読む "サッコの横浜ミニコン"

| | コメント (9) | トラックバック (2)

2006年5月 7日 (日)

富山ライトレールに乗車

 当記事は、趣味資料庫ブログ『まるよし電車区』に移しました。

  http://railway.cocolog-nifty.com/denshaku/2006/05/post-dbc2.html

続きを読む "富山ライトレールに乗車"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ お勧め

(当記事は、外食・宿泊記事専用ブログ『まるよし出歩く』に移転しました)

続きを読む "横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ お勧め"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 3日 (水)

私的解題(2) 「何が私に起こったか」

 福井に来てからラジオを聴かなくなった。
 関西にいたときは、学生時代から朝から晩までラジオを点けっぱなしにして流していることも多かったのだが。DJ(パーソナリティーとも)の個性やアクが強く、内容もバラエティーに富み面白かったので、読書・勉強や趣味の作業などをしながら耳を傾けていると退屈しなかった。人や家によって決まった局のラジオをずっと流しっぱなしにする、ということが多く、わたしの家では朝日放送(ABC)だった。特に平日の朝やっていた『フレッシュ9時半キダタローです』には、トークとユーモアと音楽のセンスや知識・技術を多く学んだと思う。

 中学生の頃、塾に通っていたが、夕方行く用意を整えて腹ごしらえを台所でしているとき、ラジオから決まって流れていたのが『三菱ドライビングポップス』という番組だった。これはTBSラジオからネットされていた10分間の番組で、ちょうどその頃DJを務めていたのがサッコさんである。従って、「サッコと唄おう!」という副題がついていた。サッコさんの前任は芹洋子さん、後任は渡辺真知子さん、その後は中原理恵さん、と続いていた(その後はもう知らない)ので、若手実力派女性ボーカリスト、というのが起用のコンセプトだったようである。
 しばらくのおしゃべりのあと、一曲かかるのだが、なぜかこの番組というと、「何が私に起こったか」が思い浮かぶ。他の曲もかかっていたはずなのだが、印象に残ったのはこれだ。

続きを読む "私的解題(2) 「何が私に起こったか」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »