« 私的解題(5) 「愛情の花咲く樹」  | トップページ | 学習・教育目標アンケート雑感 上 »

2006年6月18日 (日)

「なでる」か「なぜる」か

 ちょっと、よその彩図で話題になっていることをいただいてきた。

 あなた、あるいは、あなたの周囲の人は、(頭を)(な)でる と言いますか? それとも、撫ぜる といいますか? 文章を書くときは、どう書きますか? どちらが正しい言葉だと思いますか? あるいは、どちらも正しい?
 なぜ、同じ意味の動詞が、二通りの発音ないし表記になるんでしょうか。

 なでる が共通語で、なぜる が方言、と考えている向きが多いようで、各地の方言例集などにも、なぜる が挙がっていることが多い。しかし、その地域はあまり限定されておらず、なぜる は全国いろいろな地域で使われるようだ。もっとも、どちらかというと西日本の方に多い感じはする。わたしも、子供の頃から日常会話では なぜる しか使わず、聞いたこともない。少なくとも近畿では なぜる で定着しているようだ。
 ともあれ、地域限定の方言とも言いにくいのだが、方言であったとしても、なぜ なでる なぜる になるのか、という問題はある。

 古典語におけるこの動詞は「撫づ」という基本形で、ダ行下二段活用をする。すなわち、なで(ず)/なで(て)/なづ(。)/なづる(とき)/なづれ(ば)/なでよ(!) という活用である。下二段活用の動詞は、現代語では行はそのままで下一段活用になるのが原則だから、現代語では 撫でる が基本形、なで(ない)/なで(ます)/なでる(。)/なでる(とき)/なでれ(ば)/なでろ(!) となるのがスタンダードな形ということになる。
 それで、共通語では 撫でる ということで辞書にも載っている。ただ、ここでややこしいのは、活用の変化に先んじて、発音の混交が起こったことだ。すなわち、近世ごろにはダ行の とザ行の との発音の区別が曖昧になってきたのである。現代の共通語では全く同じ発音になっている。そうすると、古典語での終止形・連体形・已然形が なず・なずる・なずれ と誤解されやすくなり、撫ぜる という形に訛ったザ行下一段の動詞が派生するに至った、と考えられる。

 古典語の同じダ行下二段の動詞でよく使われるものには (い)があったが、こちらはそのようザ行下一段の動詞の派生は見られない。この動詞は、現代語では語幹のが脱落し、(で)が基本形になっている。語幹がないのでは、ぜるになってしまい、「出る」の意味にとりにくい。撫ぜる であれば、語幹があるので、文脈と考え合わせれば、「撫でる」の意味であることが理解されやすいために、派生が起こりやすかったのではないか。
 しかし、同様に語幹があるダ行下二段でも、奏づ には派生は起こっていない。「奏ぜる」という動詞は聞かない。この違いは、撫でる という動詞の意味である、柔らかく優しく手を触れる、というのが、きつい感じのするダ行音よりも、ザ行音のイメージにより合っている、ということが、派生を後押ししているからではないか、と考えられる。それと、撫でる 奏でる とでは、日常的な会話での使用頻度が全く違うので、後者では派生が起こるほどのチャンスが乏しかったのであろう。

 こういうわけなので、撫でる は公の主に書き言葉として使われるスタンダードな語形、撫ぜる は日常の主に話し言葉として使われるカジュアルな語形、という使い分けになって定着していると考えられる。
 こうした例は、例えば 言う という動詞の いう ゆう足らない 足りない、形容詞ではさびしい さみしい という語形の併存(いずれも前者が書き言葉的)、さらに大きく言うとラ抜き言葉の問題などとも通じる、日本語のおもしろさである。

※ このカテゴリーの記事のように、まるよしの楽しい日本語の話を満載した本、ぜひお手に取ってお読みくださいね。

 『まるごと とれたて 日本語談義 -ラジオ番組『高専ライブ』で語ることばの話-』
 桐島周 2016 勝木書店 定価1500円(税込)
 
ISBN: 978-4-906485-09-3 
 (桐島周は、まるよしのペンネームです)

 勝木書店のホームページでご注文いただくのがご便利かと思います。
  http://www.katsuki-books.jp/ (書籍検索から)
 Amazon・楽天などでは購入できません。

167071880

|

« 私的解題(5) 「愛情の花咲く樹」  | トップページ | 学習・教育目標アンケート雑感 上 »

5.0ことば」カテゴリの記事

コメント

丁寧な解説、ありがとうございました。
「なぜる」が「さみしい」と同じように普通に使われているとすれば、私(だけ)がなぜこんなに違和感を覚えるのか不思議です。
私は広島生まれ、広島育ちなので、子供の頃は「なぜる」を使っていたのだろうと思いますが、いつの日からか違和感を覚えるようになったのでしょう。
505港南台で初めて生で「きみ可愛いね」を聞いたとき、この部分にさしかかるところで妙に緊張した記憶があります。

投稿: 美咲 | 2006年6月18日 (日) 12時15分

 地域によって、育った環境によって、言語感覚は人それぞれですからね。美咲さんの周囲には「なぜる」を使う人が少なかったのかもしれませんね。

 ちょっと他の方には分かりにくいと思うのですが、この「なでる」と「なぜる」は、サッコ(伊藤咲子)さんの曲「きみ可愛いね」の歌詞にある「なぜる」という動詞をめぐって、ファン彩図の掲示板(会員制)で話題になりました。それをもとにこの記事を書いたわけです。

投稿: まるよし | 2006年6月18日 (日) 21時29分

こんばんは~。
あちらの彩図に、「なぜる」は「風が頬をなでる」の感覚では?と書きましたが、美咲さんは私とは反対で「なぜる」の方がなすりつける度合いが強く感じられるとのこと。この感覚的な部分をも全国調査したいところですね。じっくりと調べる時間がないので、間違っているかもしれませんが、イディオムと複合語から見てみました。「頭を-」の場合どちらも<触る>「髭を-」の場合「なぜる」は<触る>「なでる」は<行為は触る・意味は得意げ>「なでまわす」は「なぜまわす」の形もありそうですが(私は言いませんが)「なでつける」「なでおろす」は「なぜつける」「なぜおろす」とは言わない。…多分 ≧∇≦ 使い分けを教えるのが私の仕事ではありますが、方言がよく絡んでくるのでそうなるとお手上げです。単なる視点の違いで「ひやひや」と「はらはら」「くるくる」と「ぐるぐる」のように説明が可能な言葉は助かるのですが、たとえば「言いにくい」「言いがたい」「言いづらい」のような類義表現をとりあげる時、「~づらい」には方言要素が含まれているのでこうなってくると白髪が増えるばかりです。この場合は言い換え可能、この場合は言い換えはできない、という形でルールを提示していくのですが、先行研究がない言葉を扱う時には本当に苦しみます…。
「知らず知らずのうちに」と「いつの間にか」の言い換えができない例文をお願い致します!まるよしサンはじめみなさま4649~☆ 

投稿: KAZUKO | 2006年6月19日 (月) 02時04分

●KAZUKOさん
 何の気なしに使い分けている言葉を、留学生に質問されると、ぐっと詰まりますよね。言葉を内省するいい機会にはなりますが。

 「なでつける」なんかは、なでつけている現場の描写よりも「きれいになでつけた髪」のような行為の結果を表す用法が多いと思います。「なでおろす」も、例えば「胸をなでおろす」というのは比喩であって、描写ではないですね。「なで肩」は比喩的に、なでた結果を思わせる形状を表します。これらはいずれも「なぜ~」に言い換えることはできません。
 つまり、「なでる」の形は、行為そのもののイメージだけではなく、行為を抽象化した概念までを表すことができる、ということですね。「なぜる」はイメージの方しか表しません。
 「なでる」を冷たく感じたり、「なぜる」を生々しく感じたりするのは、そういうところからきているのかと思います。どちらを好むかは、人それぞれといったところですね。

> 「知らず知らずのうちに」と「いつの間にか」の
> 言い換えができない例文をお願い致します!

 ちょっと意図が…。どういう表現と言い換えできなければいいんですか?

投稿: まるよし | 2006年6月19日 (月) 06時49分

こんばんは~!
突然、話題を展開させてしまってごめんなさい。たまたま頭の中にあったものですから…。教師を目指す日本人受講生の方々が悪戦苦闘していた中上級指導法の課題「精読」指導で、一つの段落の中に「知らず知らずのうちに」と「いつの間にか」の類義表現が出てくるのですよ。いつも説明があいまいとなり、受講生の方々が躓く箇所なのです。それでフィードバックとして色々な例文をあげ整理しルールを見い出す作業をするのですが、共通点と違いを明らかにするためには、例文収集が必須で、なにかいい例文がいただけないかなぁって思って書いてしまいました。…例えば、後文が「日本語が上手になっていた」の場合は入れ替え可能ですよね。必ず起こる変化の結果「夜が明けていた」「泣きやんでいた」は「いつの間にか」を、予想外の変化「涙ぐんでいた」は「知らず…」を。なにかいい例文が思い浮かんだらいつかよろしくデス!

投稿: KAZUKO | 2006年6月20日 (火) 03時36分

●KAZUKOさん

 なるほど、その二つの間での言い換えということですね。わたしの語感では、「知らず知らずのうちに」という言い回し自体が不自然で、「知らず知らず」と「知らないうちに」が混交した表現のように思います。が、検索してみると、けっこう使われているようですね(ダウンタウンブギウギバンドの曲名にもある!?)。例文はちょっとすぐには思いつきませんが、いい例を見つけたら出しますね。

投稿: まるよし | 2006年6月20日 (火) 07時23分

●∀∀さん(トラックバック元)
> まるよし先生の場合とは逆で、私は子供の頃から
>「なでる」しか使ってこなかったし、聞いたことも
> ありませんでした。

 そうですか。やはり地域や環境で、こういう人もけっこういるんですね。聞いたことがなければ、違和感があるのも当然です。 近畿での使用頻度が高いのかな。

> 「なでる」は擬態語の「なでなで」や、「なでなで」を
> サ変動詞化した「なでなでする」がありますが、
> これは「行為を抽象化した概念を表すことができる」
> 性質の表れかも。逆に「なぜる」は「なぜ」だけ
> 取り出すと「(何故の)なぜ」とかぶるので、話し言葉で
> 使うと誤解を招きやすいために、派生語になりにくそう。

 このへんは、育児語の範疇に入ってくるので、ちょっとまた違う議論になるかと思います。わたしは「なぜなぜ(撫ぜ)」も普通に聞いてきました。幼児相手にwhyの意味で「なぜ」を使うこともまずないでしょうし、まして「なぜなぜ(why)」となると、「赤い鳥」と「夢追い酒」の歌詞以外に聞いたことがないですから、意味が紛れる心配はなさそうです。  

> 「なでる」から「なぜる」の派生について、似た
> 構造で「茹でる」「たでる」「愛でる」を思いつきましたが、
> どれも「奏でる」同様にザ行下一段の動詞は生まれて
> いません(多分)。ただ、「ひいでる(秀でる)」は
> 文語が「秀づ」ですが、「秀ずる」は今も昔も使われて
> いるように感じます。

 ダ行下一段動詞のリストをありがとうございます(笑)。調べようと思いつつ面倒で怠っていたので。「愛でる」「奏でる」「秀でる」はそもそも文章でしかほとんど使われない奥ゆかしい語なので、派生の必要もないのでしょう。
 「秀ずる」や「出ずる」は、古典語の語形が現代の文章語に生き残っている例でしょうね。
 「撫でる」だけにザ行下一段化が起こったのは、やはりザ行音の柔らかさが語意に合っているからでしょうね。「茹でる」の場合は→「うでる」という別の音韻変化が起こっていることもあるし。 「たでる」なんて、今でも使うの?
 
> 藤原道長の娘が「なでしこ」と「撫でし子」をかけた
> 歌を詠んでいました。

 そもそも「なでしこ」の語源は「撫でし子」ではないんだろうか。 これも調べてみずに言ってますが。

> 「まづ」に誤解されて「までる」なんて使われ方
> してたら面白そう。

 誤解ではなくて、ザ行のダ行化によってそういう発音になる例なら、方言(和歌山など)には実際ありますよ。

 いろいろ考察を助けていただいて、ありがとうございます。
 

投稿: まるよし | 2006年6月20日 (火) 20時25分

どうも美咲です。
「愛情の花咲く樹」だけに気を取られているうちに、こちらの方の話題が発展していました。ちょっと、というか、かなり驚きでした・・・

投稿: 美咲 | 2006年6月23日 (金) 23時27分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/10574532

この記事へのトラックバック一覧です: 「なでる」か「なぜる」か:

» 「なでる」と「なぜる」 [∀∀'s daily life]
コメント欄に書こうとしたら長くなったのでこちらで。 「なでる」か「なぜる」か - まるよし講読  あなた、あるいは、あなたの周囲の人は、(頭を)撫(な)でると言いますか? それとも、撫(な)ぜるといいますか... [続きを読む]

受信: 2006年6月20日 (火) 12時09分

« 私的解題(5) 「愛情の花咲く樹」  | トップページ | 学習・教育目標アンケート雑感 上 »