« 敬意の方向音痴 | トップページ | 私的解題(11) 「青い麦」 »

2006年9月24日 (日)

「きたぐに91号」の旅

この記事は、姉妹ブログ『まるよし電車区』に移転しました。 

|

« 敬意の方向音痴 | トップページ | 私的解題(11) 「青い麦」 »

3.3.3.8   JR乗車記録 」カテゴリの記事

コメント

まるよしさん
「きたぐに」レポートありがとうございます。私も当日米原駅へ「リバイバルくずりゅう」を見に行こうと考えていましたが、混雑予想といい画が撮れるか不安でしたので見送りました。少し後悔してますが・・。
「きたぐに」は母と30と数年前に大阪から高岡か石動まで何度か乗った覚えがあります。私の記憶が確かならば当時はまだ客車だったような気がします。湖西線もまだなく、新大阪駅も普通電車しか停まらなかった時代です。特急車両を使用している今では当時の風情もなくなってしまったのでしょうかね・・・。

投稿: プリンゼ幸夫 | 2006年9月25日 (月) 07時13分

 「リバイバルくずりゅう」は大変な人気だったようですね。でも、わたしは現役時代の「くずりゅう」に乗った記憶もなく、懐かしむほどのものではないかと思って、見にも乗りにも行きませんでした。「リバイバルくずりゅう」に使われた国鉄交直流急行色の475系は、普段は北陸本線の普通列車として運用されているので、この数カ月何度も乗りましたしね(笑)。
 三十年前というと、「きたぐに」が大阪~青森間運転だった時代ですね。確かに当時は古びた客車でした。でも、現在の583系「きたぐに」も、A寝台・B寝台・グリーン車・自由席車とバラエティーに富んだ編成で、全盛時代の夜行急行のムードを辛くも現代に伝える列車だと思います。

投稿: まるよし | 2006年9月25日 (月) 19時48分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/12023275

この記事へのトラックバック一覧です: 「きたぐに91号」の旅:

« 敬意の方向音痴 | トップページ | 私的解題(11) 「青い麦」 »