« 夕張哀歌 中 | トップページ | バイオニック・ジェミー »

2006年12月12日 (火)

新しいケータイ

 ケータイを新しい機種に交換してから約三カ月になった。まだ慣れきったとは言えないが、それなりに使いこなしている。
 これで多分四機めになるのだが、機種を交換する度に不満に思うことがある。

 同じケータイ会社なのに、機種が変わると操作のし方が微妙な変化を見せることである。若い世代ならすぐに慣れるのだろうが、わたしくらいの歳になると、なかなかである。ならば機種交換しなければいいのだが、古い機種になると、アプリケーションなどがサポートされなくなったりして、不便になるから交換せざるを得ないのは誰しも同じだ。

 ことばにこだわりたい者にとって、日本語入力の方法などはかなり注目のポイントである。
 一つのボタンに一つの行の音を割り当て、プッシュする回数で段を決めるのがケータイの入力の常だ。ア行のボタンを一回押すと「あ」、二回押すと「い」が入力できるわけだ。問題は同じ行の字を続けて入力するときである。「あい」と入れたいとき、ア行のボタンを一回押して「あ」が出るのはよいが、次に「い」を出そうと同じボタンを二回押すと、三回押したことになり「う」が入力されてしまう。
 前の機種では、一定時間(自分で設定できた)待っているとカーソルが次のマスに動いてくれて、「い」を入力できた。それに慣れているものだから、今度の機種でもそうしてみたが、カーソルは動いてくれない。どうすればいいのか分からず、結局分厚い説明書を繰ってみると、「あ」を入れた後、ボタンを長押ししないとカーソルが動かないことが分かった。
 こういう基本中の基本の動作は、指に染み込んでいるから、にわかには改まらず、ミスタイプが多くなってしまい、自分に苛々する。
 ボタンの割当ても変わっている。文章を打つのによく使う読点や句点は、前の機種では「0」ボタンにワ行の字とともに割当てられていた。しかし、今度の機種では「♯」ボタンに変わっている。確かに以前の方式だと「0」ボタン割当ての字と記号が多すぎて、なかなか意図するものが入力できなかったから、改善されたことにはなるのだろう。しかし、これもすっかり指に定着しているから、句読点のときは無意識に「0」に指がいってしまう。空白の入力のし方も変わっていて、新機種のほうが理に適っているのは分かるのだが、こういうのは一度決めたら軽々に変えないでいただきたいのである。
 同じ会社でも機種によってこんなに違いがあるのでは、会社が違ったら、個体趨異がかなり大きいのではないかと思う。わたしは会社を乗換えるつもりはないけれど、電話番号をもっていけるよりも、操作方法をそっくりもっていけるようなサービスがあれば、もっと頻繁に機種変更してもいいと思っている。

 画面表示も、軽薄な丸ゴシックの文字になってしまった。字間も詰まりすぎである。前の機種の方が品がよかった。フォントの十種類やそこら搭載して自分で選べるようにできないのだろうか。
 受信トレイなどでのメールリスト表示にしても、送信者名とメール標題とを同時に表示することができなくなっている。従来はどの機種でもできたが。どちらか一方だけでは、メールを特定しにくいから、以前のメールを探すとき、いちいち内容を確認せねばならない。前の機種では一定期間(一週間とか二週間とか)以上経過したメールを一括削除、などということができて便利だったのに、これも新機種ではできなくなった。一つ一つ削除せねばならないが、その時にもリストだけでは内容が分からず、削除していいメールかどうかの確認に内容を見ないといけないので、受信トレイの整理にそうとうな手間と時間がかかるようになった。

 まだ不満はある。着メロを自分で作れなくなっていることである。重ねる音数が増えて、メロディ入力のフォーマットを組むのも大変なのだろう。わたしは職場関係の人からのメール着信は、校歌のメロディと決めていたから、これが非常に困る。パソコンなどで音声ファイルを作ってメールに載せて送る、という方法ならできるが、面倒である。ケータイの画面で音符を入力できれば簡単でいいのに。せめて自作メロディを前の機種から引き継げるようにしておいてほしかった。「冬の星」も「想い出のセンチメンタル・シティイ」も「リトル プリンス」も霧消してしまったではないか。

 電池残量表示にも困っている。
 残量表示は三段階なのだが、前の機種は、三等分に近かった。何もしなければ一回の充電で五日くらいは保ったが、実際にはiモードを見たりメールを読んだりするから、まあ三日くらいで切れた。それでも、残量の表示からの表示に移るまでに半日はあったし、一になってからも半日くらいは保ったのである。
 しかるに今回の機種は、から一まで三時間程度、になってから電池切れまで下手すると一時間かからないのだ。これでは、朝家を出るときに満タン表示であっても、出先で電池切れになってしまう可能性があるということだ。これでは安心して使えない。従来の機種ではこんなことは決してなかった。
 また、満タン表示も信頼できない。充電器で充電して、満タンになったよ、と合図があるので外し、メール確認など若干の操作をしてから、上のような事情から満タンにしてから出かけよう、と思ってもう一度充電器にセットすると、そこから満タンになるまでに延々二時間ほども充電が続くのである。待っていられないので途中で出かけることになるが、こういうことも従来はなかった。メールを確認するのって、そんなに電気を使うのか。
 こんなのは性能の問題ではなく表示方法のことなのだから、すぐにでも改善できるはずだ。

 さらに、機種変更する度にケータイが大きく重くなるのも問題である。最初の二機は胸ポケットに問題なく入ったのだが、前の機種からは胸ポケットではシャツが着崩れそうになるので入れられなくなった。何のためにポケットの付いたTシャツやトレーナーを探して買ったと思っているのだ。今度の機種になると、胸ポケットなどに入れようもんなら、体のバランスを崩して、歩いてても左に曲がりそうである。
 電化製品は軽薄短小を目指すものなのに、逆行している。余計な機能が付きすぎなのかもしれない。次の機種になると、グラフ電卓と変わらない大きさになるのではなかろうか。しまいには携帯できなくなるに違いない。

 いや、カメラはこのように綺麗に撮れるようになったし、060921_201242_1 いい面もいろいろあるんだけどね。機能の向上に連れて失わねばならないものがこれほど多いというのが、腑に落ちないのだ。

|

« 夕張哀歌 中 | トップページ | バイオニック・ジェミー »

7.7.8  ケータイ」カテゴリの記事

コメント

機種のメーカーを変えたんですか?
同じならそこまで変わらないと思うんですが
    

投稿: 真面目な軟派師 | 2006年12月12日 (火) 22時54分

 いいえ。FOMA同士ですよ。

投稿: まるよし | 2006年12月12日 (火) 22時57分

 ああ、電話会社じゃなくてメーカーね。前のはFで今度のはSHですね。だからかな。

投稿: まるよし | 2006年12月12日 (火) 23時04分

ええ.
私の父は操作性が変わるのがイヤでずっと鳥取三洋の機種を使っていましたよ.
機種のメーカーが同じなら大体操作性は同じなようです.

投稿: 真面目な軟派師 | 2006年12月13日 (水) 15時44分

 何か、そう理解できてしまうと、長々と愚痴を書いたのが申し訳ないですね。わたしの無知のせいでした。メーカーさんにも、この機種を推奨してくれた人にも(笑)。失礼しました。

投稿: まるよし | 2006年12月14日 (木) 22時50分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/12106373

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいケータイ:

« 夕張哀歌 中 | トップページ | バイオニック・ジェミー »