« 謹賀新年 | トップページ | 福井にも昼特急 »

2007年1月 4日 (木)

電子掲示板の方式

 電子掲示板(BBS)には、スレッド式のものとそうでないもの(なんというのか分からないので、仮にシンプル式としておこう)とがある。スレッド式の方が後から出てきたので、自分の出入りするシンプル式の掲示板がスレッド式に模様替えする、ということを何度か経験してきた。

 管理人さんとしては、掲示板に投稿する人が増え、いくつかの話題が並行するようになると、便宜を考えて、スレッド式にするのであろう。
 ところが、これまでの経験では、掲示板の形式の変更は、そのムードから客層まで変えてしまうことが多い。これは、シンプル式とスレッド式とでその用途・機能が異なる、ということである。

 具体的にどう変わるか、というと、ひとことで言うと、がさつで子供っぽくなるのである。一回きりのハンドルで思いつきを書きなぐるような投稿が増え、情報がパッチワークのように雑然と羅列されるようになっていく。投稿の無署名性が高まるのだ。
 なぜそうなるのかを考えてみると、シンプル式は現実の会話に近いからであろう。新たな話題を出したくても、前の話題が盛り上がっている間は控えておき、タイミングを待たねばならない。話がそろそろ途切れたりマンネリになってきた頃に、さりげなく話を終わらせたり、「ちょっと話は変わりますが」などという挨拶とともに新たな話題を振ったりするのが上手い常連さんというのが、盛況を呈する掲示板には必ずいたものだ。あるいは、話を交通整理するのが上手な仕切り役とか。道化役の人もいた。
 自分の口数が多すぎるな、と思ったときは、少し書き込みを控えて他の参加者の投稿を読みつつ、自分の出番を待つ。こういうのは、実世界での多人数での会話とよく似ている。場の空気を読まず、他の参加者に配慮せずに発言する人は疎んじられるし、そういう人がいると話が盛り上がらない。
 しかし、スレッド式だとそういう大人の気遣いが要らない。好きな時に好きな話題で書き込めるのである。これは、単なることばの応酬という面では便利かもしれないが、コミュニケーションとしては、あまり深みのあるものではない。お互いの顔が見えにくくなるからである。

 どちらが優れた方式とは言えないし、好みがあろうが、わたしはスレッド式が苦手である。
 シンプル式において、自分の役回りを心得て、ここぞという時に出ていくために心準備と話題のストックをしておき、投稿が図にあたって期待どおりの反応が得られた時の快感は得がたいものだ。もちろん、失敗もあるが、それが実世界の口に戸を立てられない緊張感に通じ、ことばの優しさと怖さをそのままWebというメディア上に乗せることができた。
 スレッド式だと、気まずければスレッドを立てなおせばうやむやになりやすいので、失敗を恐れる必要もあまりない。それで、ともすれば無責任な発言も出やすくなるのだろう。
 これまでに、わたしが常連であったいくつかの掲示板で、シンプル式からスレッド式への方式変更により、わたしを含めた以前の常連のほとんどが掲示板から去ってしまう、ということになった(閲覧くらいはしているのだと思うが)。
 やはり、シンプル式の常連だった人は、シンプル式での交流が得手であり好きであるが故に、活発な投稿をしていたのだろう。そう考えると、シンプル式の掲示板がいかに活況を見せていたとしても、管理人さんは軽々にスレッド式に変更しない方がいいのではないか。先に述べたような大人の配慮をさせるのが参加者に申し訳ないと思うのだろうが、参加者としては、そうした配慮をしながらの会話に魅力を感じているのだ。複数の話題が並行することに、実はそんなに不都合がないのである。

 こういう風に考えてきたわたしであるが、今、舌鋒が鈍らざるを得ない事例を体験しているところである。
 先頃、伊藤咲子オフィシャル彩図のBBSがシンプル式からスレッド式に変わった。わたしは、これまでの経験があるので、スレッド式に苦手意識が強く、ゆえに投稿の頻度がめっきり落ちた。ところが、今のところ、掲示板の顔ぶれやムードに、それほどの変化はないようである。これは、常連の平均年齢がBBSとしては比較的高く、さすがにみなさん大人であるからだろう。それに、好きな対象を共有していることで、自然に互いを配慮していることもある。嬉しい誤算となることを信じ、関心をもって推移を見ていきたい。

※ このカテゴリーの記事のように、まるよしの楽しい日本語の話を満載した本、ぜひお手に取ってお読みくださいね。

 『まるごと とれたて 日本語談義 -ラジオ番組『高専ライブ』で語ることばの話-』
 桐島周 2016 勝木書店 定価1500円(税込)
 
ISBN: 978-4-906485-09-3 
 (桐島周は、まるよしのペンネームです)

 勝木書店のホームページでご注文いただくのがご便利かと思います。
  http://www.katsuki-books.jp/ (書籍検索から)
 Amazon・楽天などでは購入できません。

167071880

|

« 謹賀新年 | トップページ | 福井にも昼特急 »

5.0ことば」カテゴリの記事

7.7.7  Web・パソコン」カテゴリの記事

コメント

私は「伊藤咲子オフィシャル彩図」の住人(?)ですが、私もスレッド式になったときには少し抵抗を感じました。だから投稿しない、とか言う意味ではないので、違和感を覚えたという方が適切な表現かも知れません。スレッドへの返信が増えてくると、単純に最新の投稿を読もうとしているのにかなり後ろまでいかないと(下までスクロールしないと)読めない、ということもあるかもしれません。そのために複数の表示形式をサポートしていたりするのですが。。。
私の場合は書き込みしすぎとの話もあったので、投稿の回数を抑止する方に働いてちょうどよかったかも知れません。

投稿: 美咲 | 2007年1月 5日 (金) 19時54分

 表示は投稿順にできても、あくまでスレッド単位であることを前提に書かれたものですから、連続性がないですね。
 新しいスレッドを立てたり、しばらくコメントが途絶えて下の方にいってしまったスレッドにコメントを付けたりするのは、なかなか勇気が要ります。自分のコメントでスレッドが終わってしまうと責任を感じますし。シンプル式だとそのへんが曖昧に済むので、気楽なのかもしれません。

投稿: まるよし | 2007年1月 5日 (金) 21時40分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/12315233

この記事へのトラックバック一覧です: 電子掲示板の方式:

« 謹賀新年 | トップページ | 福井にも昼特急 »