« 大物歌手になるには | トップページ | 私的解題(15)  「青い鳥逃げても」 »

2007年1月14日 (日)

「夜汽車」の終焉

(当記事は、鉄道趣味ブログ『まるよし電車区』に移転しました)

|

« 大物歌手になるには | トップページ | 私的解題(15)  「青い鳥逃げても」 »

3.3.3.6   鉄道追憶」カテゴリの記事

コメント

私が中1か中2の夏休み、大阪から乗り継ぎで一人で初めて名もなき大垣発東京行きの快速に乗り東京見物に出かけました。日帰りで帰りも下りの快速でした。私を含め皆さん2席を取って横になって寝てましたよ。懐かしいです。
ちなみに東京ではサッコさんのファンクラブか事務所のあった黒埼ビル?の下から見上げて中へ入る勇気もなかった頃です。

投稿: プリンゼ幸夫 | 2007年1月15日 (月) 01時17分

 われわれが中学の頃というと、まだ青春18きっぷはありませんから、大垣夜行も今ほど込んではいなかったでしょうね。
 わたしは中学の時にはそこまでの遠出をする度胸はなかったですが、高校から大学にかけて、安い移動手段として夜行鈍行は重宝してました。体力は今より充実してたので…。まる一日かかって神戸から門司まで普通電車を乗り継ぎ、長崎行の夜行鈍行(座席)で夜明かし、なんてこともやりました。今はとてもできませんが(笑)。一日揺られて疲れ切ってるはずなのに、鉄道好きの業、夜行に乗ると興奮して目が冴えてしまったものです。♪夜汽車は眠れない~

投稿: まるよし | 2007年1月15日 (月) 22時26分

花嫁がこれにのって嫁いでゆくこともなくなるのですか...

投稿: 真面目な軟派師 | 2007年1月18日 (木) 13時52分

●真面目な軟派師さん

 なくなりますね。これからは高速バスか何かかな。予約が取れないと駆け落ちもできませんな。

投稿: まるよし | 2007年1月18日 (木) 19時00分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/13212448

この記事へのトラックバック一覧です: 「夜汽車」の終焉:

« 大物歌手になるには | トップページ | 私的解題(15)  「青い鳥逃げても」 »