« 私的解題(17) 「木枯しの二人」 | トップページ | 二次創作なのか盗作なのか 上 »

2007年2月26日 (月)

雪のない左義長

(当記事は、鉄道趣味ブログ『まるよし電車区』に移転しました)

|

« 私的解題(17) 「木枯しの二人」 | トップページ | 二次創作なのか盗作なのか 上 »

3.0旅行・交通」カテゴリの記事

コメント

 地元民として外来の方からの視線で見た佐義長はなんだか新鮮な感じです。
 佐議長時、電車の中ではイベント(と言うには小規模ですが)があったのですね。地元に住んでいると知らない発見です。

 今と比べると、昔のほうが活気があったような気がするのですが、まるよしさん的にはどう感じていますか? 櫓の数とか規模とか、あとスタンプラリーなんていうのもありました。
 幼い頃兄と勝山中の櫓をスタンプ目当てに駆け回った思い出があります。

 自分も佐義長に行きたかったのですが、今週の金土日は引越しで忙しかったのでいけませんでした、残念です。

投稿: ケン坊 | 2007年2月26日 (月) 21時23分

 電車での演出は、たぶんえちぜん鉄道になってからではないでしょうか。あんまり昔のことはわたしも知らないので、比較しようがないですが、櫓の数は伝統的に決まっておりましょうし、場数を踏んで慣れてきたり、行動半径が大きくなったことで、子供の時は大イベントに思えていたものが、長じるとともにささやかなものに見えてしまう、ということがあるのではないかと思います。
 スタンプラリーは今年もやってましたよ。子供が走り回るのにはちょうどいいエリアの広さですね。

※上記コメントの一部字句を修正させていただきました。不都合ならお知らせくださいね。

投稿: まるよし | 2007年2月26日 (月) 23時01分

ほ~とコーヒタイムで読まして頂いております。自宅の近くを走る”えち鉄”のヘッドマークに勝山・・(さぎっちょ号でしたっけ)と書いてあり、近づいてきたのかと思っておりましたが、終わってしまったのですね。福井に住んで20年以上になりますが、まだ、左義長に行っていません。越前大仏(KTJ)、白山平泉寺、宝慶寺(宝慶寺断層)、坂井平野(福井地震断層)、池田(温見断層)、東尋坊(柱状節理)、越前海岸(甲楽城断層)、三方五湖(三方断層)、熊川宿、今庄(IMJ)、西新井(FKJ)等と地球物理に関連した所しか行っていません。まるよし老師は、時間の使い方(TSS)がお上手で、ゆとり持って福井県を見聞しておられ、羨ましいかぎりです。いつかは、そのような視点で、福井県が見られるよう・・・と、考えているのですが(かなり努力せんと達成できず、朽ち果てるかもしれません)。死ぬまでに、永平寺は見たい。
取り急ぎ、雑感まで、。

投稿: Namaz-Coordinator | 2007年2月27日 (火) 09時58分

 わたしはクルマに乗れないので、電車やバスでしか歩けませんし、行けるところは限られていますけどね。一応、全ての市町村(合併前でいうところの)に足跡はしるしています。けっこう福井県も広いものです。

投稿: まるよし | 2007年2月27日 (火) 20時13分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/14049081

この記事へのトラックバック一覧です: 雪のない左義長:

« 私的解題(17) 「木枯しの二人」 | トップページ | 二次創作なのか盗作なのか 上 »