« キャンパスへのバス | トップページ | 和歌山線改キロ »

2007年4月20日 (金)

まるよしくらぶの沿革

 訊かれることが多くなり、まるよしも忘れそうになるので、このへんでまるよしくらぶがいかにして今に至っているかを整理しておきたい(文中敬称略)。

 そもそもの始まりをどこまで遡ればいいのか、難しい。所属校を中心に展開しているのだから、まるよしの着任が元凶か。
 というと、そうでもないのである。

前 史
平成2年4月 前任校(高校)に講師として着任
平成4年4月 この時に担当したクラスの生徒に、鉄系で準備室によく来る者が現れ、今から考えると、後のまるよしくらぶを予感させていた。現在も賀状の交換など付き合いがある。
平成5年4月 現任校に着任。この時に担当したクラスの学生に、(1)比較的頻繁に研究室に来て議論をふっかける (2)授業では最前列でつっこみを入れる (3)教育方面に関心 という、やはり後のまるよしくらぶを思わせる者がいた。これが現任校におけるくらぶのルーツと言えよう。
平成6年4月 機械工学科30期生担任。まるよしも今より学生との年齢が近かったこともあって、けっこうフレンドリーに学生と付き合えた。担任している二年間、昼休みと放課後はほぼ毎日研究室にクラスの誰かの顔があったほどである。全般に、この頃の学生は今と比べても教官(当時)の研究室によく出入りしていたと思う。
平成8年9月 H-サークルが発足。これは、上記担任クラスの一部メンバー(当時3年)に家の模様替えを手伝いに来てもらったのが発端で、その後メンバーは微妙に変化しながらも、定期的にまるよしの家で食事会を催すようになったものである。学生や卒業生がまるよしの家に集まって飲み食いする、という今に至る習慣はこれが最初だ。Hはリーダー格の学生のイニシャルであり、またこの食事会の話題は下ネタが少なくなかったので、わたしが勝手にこう名づけた。このH-サークルが直接まるよしくらぶにつながるわけではないが、この時のメンバーの一人は教官(当時)として所属校に戻ってきて現在は同僚だし、その他にもOBとして特別活動などに協力してもらうなど、付き合いの続いているメンバーもいる。そういう意味では、まるよしらしい教え子との付き合いの原型である。H-サークルはこのクラスの(本科)卒業まで続く。
平成9年12月 ロボコンパが発足。これも上記担任クラスの一部メンバーの集まりだが、H-サークルとは別グループである。アイデア対決NHKロボットコンテスト(当時)全国大会でロボコン大賞を獲得したチームの主力メンバーが我がクラスの者たち(当時4年)だったため、その祝賀会をしようと、そのチームを中心としたメンバーが集まることになったのがきっかけである。そこからわたしが勝手にこのように名づけた。このロボコンパもその後定期化し、従ってこれ以降平成11年3月の彼らの本科卒業までの間、H-サークルとロボコンパとが交互に開催され、まるよし宅では平均月一回の高頻度で学生との食事会があるという忙しい状態になった。このロボコンパは、主力メンバーの一人が専攻科に上がったこともあり、彼らの本科卒業後も定期開催が続いた。現在は発足当時のメンバーが全員就職し一部は結婚したこともあって、集まることは難しくなっているが、それなりに付き合いはある。このロボコンパが直接まるよしくらぶにつながっていくことになる。
平成10年4月 後のまるよしくらぶ設立メンバーとなるかねごん玉子が入学、授業も担当する。入学当初からまるよしの研究室に足繁く通う(主に本を借りるため)。しかし、そういう1年生は他にも何人もいたので、かねごん玉子が頭角を表す(?)のはもう少し後のことであり、まだロボコンパなどとの絡みはない。まるよしの公式彩図のBBSなどには登場するようになる。
平成11年3月 H-サークル・ロボコンパのメンバーが本科卒業。
平成12年4月 あぶらが入学、授業も担当するが、もちろんまだ個人的な付き合いはない(何となく目につく学生であったことは確かである)。
平成12年10月 学園祭に合わせて来校したロボコンパメンバーの卒業生たちに当時3年生のかねごん玉子がつきまとう(友達がおらんのか?)ため、そのまま食事会にも強引に初参加。学科や学年を超えた集まりの最初となる。その後、かねごん玉子は何事もなかったようにロボコンパメンバーになりすまし、まるよし宅や京都で開催された食事会に参加するようになる。
平成13年1月 オーリオ・バーレ調査団同好会発足。名前も活動も意味不明の同好会を、当時1年生のあぶが結成、まるよしが指導教官(当時)となる。あぶは授業も担当していたが、個人的な付き合いはこの時に始まった。同好会そのものは意味不明なまま一年ほどで活動を停止するが、あぶとの付き合いはむしろ濃くなっていく。
平成14年4月 Holy入学、授業を担当。無茶苦茶インパクトの強い学生ではあったが、個人的なつながりはまだない。

正 史
平成14年6月 くらぶ正式発足。夏の食事会の幹事を当時4年生の(計算が合わないなどとつっこんではいけない)かねごん玉子に託したところ、これまでの仮称のロボコンパから、「○○くらぶ」(当時はまるよしの本名が冠されていた)という正式名称をつけてくれた。ここに、単なる同窓会でもない、まるよしを慕う者の集まりという括りしかしようのないくらぶが、本格的に発足する。
平成14年10月 当時3年生の∀∀がくらぶ食事会に初参加。
平成15年2月 まるよしの全国鉄道完乗祝賀会。彦根においてくらぶ拡大メンバーで盛大に催される。卒業生と現役学生が大々的に交流した。まるよしくらぶの初期メンバーが揃う。
平成15年8月 東京エディション挙行。エディションと呼ばれる研修旅行の最初。この後、現役学生でのエディションや食事会が中心となる。
平成16年1月 北海道エディション挙行。
平成16年3月 神戸エディション挙行。聖地訪問(笑)。
平成16年4月 香川支店設立機械工学科40期生担任。支店はかねごん玉子の進学に伴う。また、この時担任を始めた学生がまた後でくらぶと絡んでくる。また、この頃より当時3年生の(計算が合わないなどとつっこんではいけない)Holyが研究室に頻繁に姿を見せるようになり、∀∀らとの絡みも。
平成16年8月 四国エディション挙行。香川支店査察。
平成17年3月 伊勢エディション挙行。
平成17年4月 東京支店設立。あぶの進学に伴う。
平成17年5月 機械工学科40期生の特別活動でOBとの交流会を催し、くらぶメンバーはもとより、旧H-サークルメンバーまで集まる。くらぶとしても、慰労会として、久々に機械工学科30期生と下の学年の卒業生との合同呑み会を催すことができた。
平成17年9月 Holyも正式(?)メンバーに。ケン坊とまるよしの絡みが始まる。
平成17年10月 Holy、研究室の行先表示器を修理のため分解(現在も分解されたままである)。
平成18年4月 香川支店閉鎖六甲(のおいしい水)支部設立。かねごん玉子の進学に伴う。かわやん・ちゃいこふすきー・鉄郎少年入学。まだ絡みはなし。
平成18年7月 「まるよしくらぶ」に改称麺類部結成。まるよしのブログなどで触れることができるよう、本名でなくハンドルを冠した名前にした。麺類部は機械工学科40期生の学生有志による結成。かわやん准会員に。
平成18年8月 東京支店ミーティングで∀∀とケン坊をサッコライブに動員、初のひまわり隊とのコラボ実現。このとき、ケン坊が正式メンバーになり、兄弟会員・所属校に在籍したことのない会員、いずれも初のケースとなる。
平成18年9月 福井支部ミーティング麺類部顧問就任。福井支部ミーティングは福井県在住の会員と准会員が集合することを目的としたが、六甲支部長も参加。まるよしの顧問就任によって、麺類部は名実ともにまるよしくらぶの姉妹地下組織となる。
平成19年1月 麺類部第一回新年会
平成19年3月 第一回年次総会
平成19年4月 東京支店閉鎖研究学園都市支部設立。あぶの進学に伴う。

|

« キャンパスへのバス | トップページ | 和歌山線改キロ »

9.1  まるよしくらぶ」カテゴリの記事

コメント

前史がこんなにあるとは知りませんでした.
福井も「支部」なんですか

投稿: 真面目な軟派師 | 2007年4月22日 (日) 23時43分

 まさに、老婆は一日にしてならず、というとおりですね。福井だってわたしの仮の住処かもしれないので、支部です。本部は、会員の心の中に存在、と言うときれいすぎる感じもするので、物理的な位置でいうと、会員の現在位置を頂点とした多角形の重心に存在します。

投稿: まるよし | 2007年4月23日 (月) 17時44分

>物理的な位置でいうと、会員の現在位置を頂点とした多角形の重心

つまり、会員が世界中に散らばると世界の中心あたりになるんですね。

投稿: ∀∀ | 2007年4月25日 (水) 13時13分

 地球の中心にしてしまうと行くこともできないので、あくまでメルカトル図法で描いた地図の平面上の重心にしたい。わたしが死んだら最期の地を本部にすればよろしい。

投稿: まるよし | 2007年4月25日 (水) 19時03分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/14372798

この記事へのトラックバック一覧です: まるよしくらぶの沿革:

« キャンパスへのバス | トップページ | 和歌山線改キロ »