« 肩までER | トップページ | 教師七つ道具(4)~ アイシーテープ »

2007年5月28日 (月)

看板つっこみ(2)~ 空白のみ

 通勤途上で見かけていつもつっこみたくなる看板二題。

070401_103508

 いやー。会社の名前だからとやかく言うことはないと思うけど、どんな会社なのか、と想像してしまう。∀(略)とかHo(略)みたいな社員がコスプレしてデスクワークしているところをどうしても思い浮かべるんでね。不動産管理会社だから、それほどマニアックにならなくても、と思う。もちろん、仕事は真面目にやっておられるんでしょうが。

 そして、こちらはおなじみのファーストフードです。この前までずっとこの表示だった。

070401_103408

 (1) 深夜は工具店に商売替えして鑿が売られる
 (2) 深夜はノミの夫婦である経営者夫妻が店に出る
 (3) 深夜は駐車場で蚤の市が開かれる
 (4) 深夜は蚤がカウンターに立ち、その隣には鱒が立っている。
 (5) 深夜は入口ドアを開けるとチャイムが「ノミノハンバイ」と鳴る。
 (6) 「のみの」というわたしの知らない販売方法が存在する。

 などの可能性が考えられ、いったいどれが正解だろう。
 と思っていたら、最近になって、「のみの」の前に「店内」という文字が付け加えられた。ドライブスルーはしませんよということらしいが、何で最初から文字が入らなかったのか、謎です。

※ このカテゴリーの記事のように、まるよしの楽しい日本語の話を満載した本、ぜひお手に取ってお読みくださいね。

 『まるごと とれたて 日本語談義 -ラジオ番組『高専ライブ』で語ることばの話-』
 桐島周 2016 勝木書店 定価1500円(税込)
 
ISBN: 978-4-906485-09-3 
 (桐島周は、まるよしのペンネームです)

 勝木書店のホームページでご注文いただくのがご便利かと思います。
  http://www.katsuki-books.jp/ (書籍検索から)
 Amazon・楽天などでは購入できません。

167071880

|

« 肩までER | トップページ | 教師七つ道具(4)~ アイシーテープ »

5.2.2   看板つっこみ」カテゴリの記事

コメント

>何で最初から文字が入らなかったのか

 京都には、「ドライブスルーのみの販売となります」というお店があります。元の看板が共通で、場所によって違うんだとおもいます。きっと。

投稿: kanegon | 2007年5月28日 (月) 23時55分

 なるほど。店によってそこの文字が変わるんですね。でも、いずれにしても、ちゃんとした形にしてから客に見せるのが普通じゃないんだろうか(笑)。

投稿: まるよし | 2007年5月29日 (火) 06時16分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/14890521

この記事へのトラックバック一覧です: 看板つっこみ(2)~ 空白のみ:

« 肩までER | トップページ | 教師七つ道具(4)~ アイシーテープ »