« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月の記事

2007年6月29日 (金)

学会のことば 下

 本題に入る前に、寄り道。
 以前の「学会のマナー」の記事を読んだ方から、意見をいただいた。だいたい以下のように要約・整理できよう。

(1)学会に全部参加するのは、本来の業務を休まねばならず、無理である。
(2)共同発表者が会場にいないことの何が問題なのか。代表して登壇する者が全てに対応すればそれでいい。
(3)研究とは多くの人が関わらねばできないものだし、一人の研究者が多くの研究に同時に関わっている。関わった研究の発表にいちいち全部つきあっていられない。
(4)後でメールなどの方法で意見をもらうことはできるのだから、現場で情報交換しなくてもいい。

 全てにお応えしよう。

続きを読む "学会のことば 下"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

電車の脱輪 下

 さて、前回の記事では、一般に普及しているクルマ用語が、鉄道に関する事態にまで汎用されて報道される、という現象について述べた。
 今回は逆に、鉄道の現場用語を一般の客に対して使う事例を考える。

続きを読む "電車の脱輪 下"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

苛立つポスター

 この頃は駅に行ったり電車に乗ったりするたびに、苛々させられるのである。

 第57回社会を明るくする運動のポスターが近頃どこにでも貼ってある。これは法務省が主宰している運動らしいが、このポスターを見ると、どうも気になって見入ってしまい、乗り遅れたり降り遅れたりしそうになってよろしくない。 何が苛立つといって、正体が分からないのだ。

続きを読む "苛立つポスター"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

酔えない酒(1)

(当記事は、外食・宿泊記事専用ブログ『まるよし出歩く』に移転しました)

続きを読む "酔えない酒(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

学会のことば 上

この記事は一応「学会のマナー」から続いているが、あんまり話題は一致していないかもしれない。 

 前回の記事では、畑違いの学会に参加した時に文化の違いに戸惑った話をしたが、今回は、わたしのホームグラウンドである国語国文関係の学会に参加した時の話である。

 これまで、国語国文の学会では、言葉に首を傾げたという経験があまりなかった。さすがにことばを専門に扱う研究者の集まりなので、言葉のすみずみまで神経が行き届いている。おかしな発音や言葉遣いをすると途端につっこまれるし、慎重になる。印刷物なども校正が完璧で、間違った用語法や文のねじれなど、絶えて見ることがなかった。当然といえばそうだが。

 わたしの最も主な所属となる比較的小規模な学会では、人数が少ないからということもあるが、全国大会の懇親会では、何と参加者全員がスピーチするのが通例になっている。そんなことをしては、だれてしまうとお思いであろうが。

続きを読む "学会のことば 上"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

ドラマの余計な情報

 ああ、もう。情報社会なんて嫌いだ。

 わたしは柄にもなく今期の朝ドラ『どんど晴れ』を毎日観ている。わたしの気に入る朝ドラは、世間の評価(視聴率)とは少しずれていて、視聴率が振るわないシーズンに限ってわたしがハマったりする。『どんど晴れ』の視聴率がどうなのかは知らないが。朝ドラはどんなに視聴率が悪くても打ち切られることがないので、その点は安心だ。毎朝楽しみにしている(わたしが上半期、すなわち東京制作の朝ドラにハマるのは珍しいことだ)。

 で、このドラマに関するニュースをWebで読んで、あああ、と力が抜けたのである。 

※ この記事は、都合により投稿しなおしてURLを変更しています。コメントの投稿日は修正ができないため、元投稿日を括弧書きで記しています。

続きを読む "ドラマの余計な情報"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

彦根~米原 再々乗

(この記事は、鉄道趣味資料庫ブログ『まるよし電車区』に移転しました)

続きを読む "彦根~米原 再々乗"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

看板つっこみ(3)~ 目的意識

 駅のトイレで首を捻った掲示。

続きを読む "看板つっこみ(3)~ 目的意識"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

シェラトン都ホテル大阪 1

(当記事は、外食・宿泊記事専用ブログ『まるよし出歩く』に移転しました)

続きを読む "シェラトン都ホテル大阪 1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

伊藤咲子 ロングインタビュー

 映画『歌謡曲だよ、人生は』の彩図のなかで、サッコさんのインタビューが配信されている。サッコさんのこんなに長い動画がWeb上に流れるのは初めてのことではないかと思う。サッコさんはパソコン関係にも造詣が深く、Webの力をポジティブに評価している方なので、こういうインタビューにも気軽に応じてくれるのだろう。
 皆さんにも一見をお勧めする。わたしは、これを観て感動もし、また身につまされたりもしたのである。サッコさんもちょっと涙をこらえる場面もあり。

続きを読む "伊藤咲子 ロングインタビュー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

電車の脱輪 上

 テレビのニュースを聞いていて、最近気になったのは、鉄道事故を伝えるのに、脱輪 という用語が使われていることである。電車は 脱線 するものだと思っていたのだが、脱輪 脱線 とは微妙に意味が異なったりするのだろうか。

 クルマの用語法が鉄道関係にも流用される、という傾向が見受けられる。やはりクルマが大いに普及してきたことから、鉄道にもついつい使ってしまう、ということか。

続きを読む "電車の脱輪 上"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

学会のマナー

 以前の記事で、スポーツ界のマナーについて述べたが、考えてみると、こういうのはスポーツ界だけの責任ではなく、いろんな世界に蔓延してきているようだ。

 職業柄、学会に出席することも多い。そして現在の職場の性質上、専門ではない理工系の学会に参加することも時々あるが、そういうところでも感じる。

続きを読む "学会のマナー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

羽田健太郎さんを悼む

 けっこうベテランのような気がしていましたが、やっと還暦といったところだったのですね。

 羽田さんには、一方的にお世話になりました。十数年前にNHK教育の趣味百科シリーズで放映された『服部克久のピアノでポップスを』をずっと観ていたからです。

続きを読む "羽田健太郎さんを悼む"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

ゆりかごのぬくもり

 いわゆる赤ちゃんポストに初めて入れられたのが、対象外の三歳くらいの男の子だった、という事態は、当の男の子は哀れであるが、この種の設備の是非を問うのに恰好の問題提起となっており、興味深いことである。

 これの是非については賛否両論あるのだが、わたしは論じるまでもないと考えている。

続きを読む "ゆりかごのぬくもり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »