« 最終定理 | トップページ | 目的特化した新検索が公開 »

2007年7月12日 (木)

電車バス兼用レーン

(当記事は、鉄道趣味ブログ『まるよし電車区』に移転しました)

|

« 最終定理 | トップページ | 目的特化した新検索が公開 »

3.3.8.0 バス」カテゴリの記事

3.6 鉄道エッセイ・意見文章」カテゴリの記事

コメント

こちら名古屋では基幹バスレーンの乗用車乗り入れは朝夕を除いては通行可能なのでレーン上を走っています。市バスも名鉄バスもごっちゃになってる区間もあります。初めて走る人は迷いますが、今では車線変更するのも慣れてしまいました。ガイドウェイバスは儲かっていないようですね。あまり意味のない区間に作ってしまったような気がします。

投稿: プリンゼ幸夫 | 2007年7月16日 (月) 00時21分

 地元情報ありがとうございます。
 基幹バスの道路は片側二車線の所が多いですから、ある程度一般車の乗り入れがあるのは止むを得ないのかもしれませんが、それではあんまり意味ないんですよね。
 ガイドウェイバスは、なかなか他に普及しないところをみると、やはり難しいのでしょうね。今後はDMVに移行していくのでしょうか。

投稿: まるよし | 2007年7月16日 (月) 07時47分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/15711925

この記事へのトラックバック一覧です: 電車バス兼用レーン:

« 最終定理 | トップページ | 目的特化した新検索が公開 »