« 超リアルな夢 | トップページ | 懐かし電チャリ8耐 第五日 »

2007年8月29日 (水)

看板つっこみ(5)~ そこで切るな

 以前はトイレの外壁の表示をとりあげたが、近所の駅のトイレの中にも、いつも気になるプレートがある。

070403_173433_1 

 

 最初、意味が分からんかったんですね。一つの文だということが。左右別の文として読んでしまって、「何で、マナーに関する決意表明と、回転寿司での注文の文句とが、並んでトイレに掲示されているのか」と悩んだ。
 よく読んでやっと分かったが、字数が半分だからってそこで改行するのは止めようよ。せめて単語の切れめにして。

 

 でも、単語の切れ目ならいいってもんでもないわな。修飾関係とかにも注意しないといけないんだ。
 二行に分けるときの切れめってほんとに難しい。わたしも、掲示物を作るときにはよく悩むところですわ。見た目のバランスもあるしな。

 

 いや、だからそのごみ箱も、そこで改行したら、すごく危険でしょう。あるいはごっつい情熱があるのか、このゴミ入れは↓。 

0080_1065

 

※ このカテゴリーの記事のように、まるよしの楽しい日本語の話を満載した本、ぜひお手に取ってお読みくださいね。

 『まるごと とれたて 日本語談義 -ラジオ番組『高専ライブ』で語ることばの話-』
 桐島周 2016 勝木書店 定価1500円(税込)
 
ISBN: 978-4-906485-09-3 
 (桐島周は、まるよしのペンネームです)

 勝木書店のホームページでご注文いただくのがご便利かと思います。
  http://www.katsuki-books.jp/ (書籍検索から)
 Amazon・楽天などでは購入できません。

167071880

|

« 超リアルな夢 | トップページ | 懐かし電チャリ8耐 第五日 »

5.2.2   看板つっこみ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/14581596

この記事へのトラックバック一覧です: 看板つっこみ(5)~ そこで切るな:

« 超リアルな夢 | トップページ | 懐かし電チャリ8耐 第五日 »