« 『笑っていいとも!』出演など | トップページ | 垂水の懐かし安メニュー達 上 »

2007年9月11日 (火)

ややこしいTVとビデオ

 技術の学校で教えていながら、極度の機械音痴で恥ずかしい。
 機械の操作といえば、コンセントを挿すことと電源スイッチを入れることくらいしかできないので、機能が複雑化した昨今のAV機器など、まことに閉口である。素人に手出しできなくするために操作を複雑化しているのではないか、と邪推するほどだ。
 昔は、ラジカセ一つあれば、テープで音楽をかけるも声を録音するも簡単にできたのに、どんどん難しくなっている。MDプレーヤーにもついていけないのだから、i-podなど手にとるだに畏れおおい。

 さて今回、古くなって壊れたビデオレコーダを買い換えることにした。もうビデオテープの時代ではないので、DVDレコーダを買うことになるが、まだかけるべきビデオテープもたくさんあり、保存するものはDVDに移しかえたいので、DVDとVHS併用のレコーダを買わねばならない。
 それもソニーがよい。別に画質や音質にこだわるとかいうデリケートな神経で言っているのではなく、AV機器はずっとソニーを使ってきたので、使い勝手がいい、というだけだ。しかしこれがなかなか紆余曲折あった。

 電器店に出かけ(ここがもう旧弊を抜け出せていないと後で感じた)てみたが、ソニーの該当する製品が店頭にない。希望を述べると、すぐに問い合わせてくれる。すると、カタログにあるソニーのDVD・VHSレコーダは、既に製造中止になっていて、取り寄せもできない、という。VHS単独のレコーダもなく、要するにもうソニーはVHSから完全に撤退していたのである。随分と踏ん切りがいいが、ベータで負けた恨みでVHSに愛着がないのかもしれない。
 しかたなく、気に入らないが、店の人の勧める他社のDVD・VHSレコーダを注文して帰って来た。しかし、商品が届くのを待つあのわくわく感が全くない。やはりソニーで固めている家に他社製品が来るのは、真っ白なシーツに染みがつくような穢れを感じるからだろう。嫌なら注文を見合わせればいいのに、しかたないと思ってしまうところが性格だ。

 やがてそのレコーダが届き、もちろんTVと接続してくれた。が、やはり何か使う気になれない。どこかに気持ち悪さが残っているのである。
 よくよくその気持ち悪さを内省してみると、思いあたった。この頃わたしは何でもネットショップで買うようになっているくせに、なんでレコーダになると今までどおり電器店に足を運ぶのか。レコーダもネットで探せばよかったのではないか。
 頭が堅いというか、ネットショップで買う、という発想がこの時まで全く浮かばなかったのである。試しに、ネットで調べてみると、製造中止になったソニーのレコーダが出るわ出るわ。それも、かなり安い値段で売っているではないか。今回買った他社の新機種の半分以下の値だ。製造中止になった貴重な機種なので、固定ソニーファンが欲しがって高騰しているのでは、と恐れていたが、古い機種だから在庫を叩き売っているのであろうか。わたしは迷わず注文した。

 それも届いたのだが、ネットショップで買って困るのが、自分で接続しなければいけないことである。しかも今回は、既に接続されている他社製品を外してソニーのに付け替える、という気の遠くなるような複雑な作業をしなければならないのだ。他社製レコーダに突き刺さっているいろんな色のジャックを見ているだけで怖気を振るう。抜く順序を間違ったら爆発するんじゃないか。
 困ったときのまるよしくらぶ、電気工学科所属の部員に来てもらって無事接続してもらう。他社製のレコーダの方は、お駄賃ということで部員に払い下げることにした。

 ところが、部員が帰ってからいろいろ触ってみたり説明書を読んだりしているうち、大変なことに気づいた。このソニーのレコーダ、BSデジタルが受信できないのである。安いのはそのためだったのだ。そんなことはちゃんと確かめて注文するべきなのだが、あのごちゃごちゃとした諸元表を見るだに頭が痛い。
 BSアナログは受信できるはずなのだが、どうすればいいのか分からない。録画できないというだけなら我慢もするが、TVでの受信もできなくなってしまった。TVはもちろんBSデジタル対応である。アンテナからまずビデオを経由してTVに来るという配線上、しかたがないのであろうか。なんでビデオとTVはそんな関係になっているのだ。
 再び件の部員に相談し、せめてTVでの受信を復活できないのか、と請うたが、わたしには理解できない説明をして、「検討しておきます」と去った。福井は地上波の民放が二局しかないので、BSが観られないのは非常に困る。

 ところがこれがひょんなことで解決した。レコーダで他のことを設定しているうち、「BSアンテナ電源送信」だかという設定メニューをみつけ、なんじゃこれは、と思って、オフになっていたのでとりあえずオンにしてみた。なんでも電源を入れるのはいいことだと思ったからだ。
 そうしたところ、レコーダのチャンネルにBSアナログのチャンネルが現れたではないか。あっさりBSアナログの受信と録画ができるようになった。
 さらに、あら不思議、TVの方でもBS受信が復活しているではないか。それもBSデジタルの全チャンネルがである。BSデジタルが受信できないビデオを経由してTVに線が来ているのに、なんで受信できるのか、さっぱり分からないが、原因を究明すると受信できなくなりそうな気がして放置してある。
 かくして、暫く観られていなかった朝ドラアンコール『さくら』で毎日、五年前の長澤まさみの姿を(そこかい)見ることも再びできるようになり、めでたし。

|

« 『笑っていいとも!』出演など | トップページ | 垂水の懐かし安メニュー達 上 »

7.7.0 情報・通信」カテゴリの記事

9.0まるよし周辺事態」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/15166702

この記事へのトラックバック一覧です: ややこしいTVとビデオ:

« 『笑っていいとも!』出演など | トップページ | 垂水の懐かし安メニュー達 上 »