« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の記事

2008年5月29日 (木)

再度山ふたたび

 当記事は鉄道趣味資料庫である姉妹ブログ『まるよし電車区』に移動しました。

続きを読む "再度山ふたたび"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

プレゼンテーションソフト不要論

 先日、トヨタの渡辺捷昭社長が、決算報告で、社内でのプレゼンテーション用ソフト(まあ、商品名を出して不要などというのも失礼なので、こう書いておくが、渡辺氏はもちろん商品名で言っている。皆さんもお察しのとおり)の使用は控えた方がいい、と発言したそうである。もちろんコメントの中でついでのように例を挙げただけであり、「禁止令」というほどのものではないのだが、公式の場での社長の発言だけに影響力は大きく、同社内で同ソフトの使用自粛ムードが広がりつつある、と報じられた。
 トヨタほどの企業のトップが発言したのだから、他社、ひいてはわが国のプレゼンテーション全般への波及効果もありそうだ。

 これは、大変結構なことである。

続きを読む "プレゼンテーションソフト不要論"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

迷走ロボコン

 高専ロボコン、今年のテーマは「生命大進化」ということで、二足歩行に挑戦することになる。このテーマはなかなかよいと思う。
 今年の募集開始を控えて、ちょっと昨年の大会について批判的な意見を書いておくことにする。昨年のごときテーマに二度と戻ってほしくないからである。

続きを読む "迷走ロボコン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

まるよしくらぶの19年度

 その性質上、年度替わりに動きがあるまるよしくらぶなので、年度のまとめはこのくらいの時期が適当であろう。前記事以来のあゆみをまとめておく。

続きを読む "まるよしくらぶの19年度"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

「ただいま修業中」第一期

 さて、ここで週ごとの解題(削除済)はちょっとお休みし、企画もの(笑)をお届けすることにする。

 『ちりとてちん』のエンディングタイトルでは、「ただいま修業中」と題して、福井県内で何かの修業をしている弟子とその師匠とのツーショット写真が左上のほうに出る。その職種はさまざまだが、これがしばしばその日のストーリーとリンクしていたりして、その辺も細かいこだわりである。
 中には、ストーリーではなく放送日とリンクさせていたり、単に福井県の名産というだけだったり、あるいは全くリンクしていなかったりする日もあり、そのへんを見きわめるのも面白い。そこで、第七週までの第一期の毎日、「ただいま修業中」で出た職業と、ストーリーなどの対応を調べてみよう。わたしの気づいていないリンクなどもあるかもしれない。お分かりの方はお教えいただけると幸いである。

続きを読む "「ただいま修業中」第一期"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

サッコの和倉イベント

 昨年度も末になって、石川県能登地方にある和倉温泉で、三輪一雄さんとサッコさんのジョイントディナーショーが行われる、という報せがもたらされた。能登の地震から一周年となるのを記念して、復興を願うためのイベントとしてである。

 石川県にはひまわり隊の支部が今のところないので、福井支部の管轄地域であろう。支部長のわたしが見過ごすわけにはいかない。
 ということで、和倉まで足を運んだ。
 

続きを読む "サッコの和倉イベント"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

下道バス帰省 まとめ

 「下道バス帰省」シリーズは、鉄道趣味資料ブログ『まるよし電車区』に移動しました。

  http://railway.cocolog-nifty.com/denshaku/2010/01/post-bfb2.html

続きを読む "下道バス帰省 まとめ "

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

どこから送る仮名 下

 前回引っ張ってみた、非常に微妙な訓みわけが必要になり、迷わされる例は、以下の(20)~(22)のようなものである。

(20)北海道、その銀世界があなたを誘う
(21)上司のやりくちについて怒りつづけていた社員がついに倒れた。
(22)いつかは全ての世界遺産の地を回(廻)る旅に出たい。

(20)は さそう いざなう か。(21)は いかり おこり か。(22)は まわるめぐる か。この辺になると、全くニュアンスの違いのみになってくるので、アナウンサー泣かせであろうと想像する。

 日本語史の視点からみて、ちょっと変わった例を、(23)に挙げてみよう。

続きを読む "どこから送る仮名 下"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »