« ホテルグランコート名古屋 お勧め | トップページ | さよなら本館校舎 »

2008年8月10日 (日)

「ただいま修業中」 第三期

 では、第三期の解題が終わった(削除済)ところで、例によって「ただいま修業中」の検討である。

1月4日(金) もち作り/ 新年最初の放送。ストーリーも正月なので、鏡餅など飾ってあった…はず?
1月5日(土) 酒造り/ 喜代美と草々の結婚式。三三九度の真似事で喜代美が生まれて初めてを飲む。

1月7日(月) たこ焼屋/ 喜代美と草々、新婚生活は家計が苦しく、草々が商店街でお祝いにともらってきたたこ焼を夕食にする。
1月8日(火) 料理教室/ 喜代美、草々の好物であるおかみさん譲りのオムライス作りに挑戦するが、失敗ばかり。
1月9日(水) 炭焼き職人/ 友春が「魚屋食堂」に飛び込んで来て順子と話をさせてくれ、と。「魚屋食堂」の焼鯖は炭火焼きである。
1月10日(木) 越前ガニ販売/ 喜代美が出演したクイズ番組で、「うなぎ」と答えたら正解は「紋甲いか」。カニは出てこないが、海産物つながりか? この週ではないが、カニは喜代美の入門の時に正典と糸子が草若に贈った。 もちろん、福井名産越前ガニは、冬が旬。
1月11日(金) 沈金職人/ 糸子、正典に塗箸製作所との合併を考えてほしい、と頼む。そのことから大々的な夫婦喧嘩に発展。金箔の上から漆を塗ってから削って模様を出す塗箸とは逆に、彫った所に金を埋め込むのが沈金だが、金を使った工芸ということでつながっているのか? 沈金工芸は福井県の名産の一つ。
1月12日(土) 杜仲茶農家/ 正典、糸子が家出してしまって、苛々しながら塗箸作りをしていて、この日最後の科白が「正平、お茶もってこい」。それだけのことかな?

1月14日(月) 福井梅作り/ 小浜の家で、正典・正平・草々が囲む夕食に梅干しが添えられていたのかも? 福井梅も福井の名産。
1月15日(火) スポーツウェア職人/ 草々、喜代美と一緒に勝山に出かけようと、登山服みたいな大仰なジャンパーを着る。
1月16日(水) つるし柿作り/ 順子、お腹に子供がいることを喜代美に告白。いちおう、つるし柿は縁起物なので、この後の展開に関わる?
1月17日(木) 紋章職人/ 強いて言えば、魚屋と塗箸製作所、両方の家の事情がぶつかり合うことになるが…?
1月18日(金) アクリルパイプ職人/ 
1月19日(土) たまご豆腐職人/ 草原がレポートしていた「寝床」のおすすめ料理にたまご豆腐が含まれるのか?

1月21日(月) 水ようかん職人/ 福井の冬の定番スィーツ。
1月22日(火) 雪つり職人/ 北陸の冬の風物詩。
1月23日(水) 三国仏壇職人/ 草々が夫婦落語会のために稽古する「たちぎれ線香」は仏壇の線香がたちぎれるのがサゲ。
1月24日(木) すし職人/ 
1月25日(金) 助産師/ 糸子が喜代美を出産するときの回想シーンあり。
1月26日(土) かまぼこ職人/ 

1月28日(月) レース職人/ 
1月29日(火) 酒まんじゅう職人/ 喜代美が客にウけないと悩んでいる噺が「饅頭こわい」。小浜の和田家を訪れた草若に糸子が饅頭を出す。
1月30日(水) ペットショップ店員/ 四草のエピソードが語られる。九官鳥の平兵衛を飼うようになった経緯も。
1月31日(木) 遊覧船船員/ 草若が小浜に公演旅行に来ているということで?
2月1日(金) 名田庄漬け職人/ 若狭の名物。
2月2日(土) うなぎ料理人/ 

2月4日(月) 海上保安官/ 草若が稽古している「地獄八景亡者戯」には鯖やフグの話が出てくる、ということで、単に海つながりか(なお、青木崇高は『海猿』にも出演)。
2月5日(火) 鮮魚卸商/ 「地獄八景亡者戯」にはフグが出てくる。
2月6日(水) 地質調査員/ 「地獄八景亡者戯」の話や、草若が常打ち小屋のために土地を売る話が出る。「地」つながり? 正平は大学で地質学を専攻したが、この日のストーリーに直接関係なし。 
2月7日(木) 消防士/ 冒頭で草若が倒れ、救急車で病院に運ばれる。
2月8日(金) 丸岡神具職人/ 草若邸に神棚はあるが、特に関係なし。
2月9日(土) なし農家/ 次週は草若の病室で糸子がりんごを剥いたりはするが、なしは…?

2月11日(月) 指し物大工/ 草若、稽古場で最後の落語をする。見台膝かくしを使うのも最後、ということ?
2月12日(火) チップ製造/ 喜代美のかわらけ投げのシーンが回想されるが、かわらけは土器。木切れのチップと似てなくはないが…。
2月13日(水) 食肉販売/ 
2月14日(木) バルーンアーチスト/ 
2月15日(金) ワイン作り/ 前日の放送が草若と弟子たちの「最後の晩餐」であった。草若はに見立てた白湯を喜代美に注いでもらって飲む。
2月16日(土) 米農家/ 草若の魂? が「寝床」から日本酒(純米酒なのか?)の徳利を持ち逃げ? して天狗座の楽屋で呑む。福井県はコシヒカリ発祥の地でもある米どころ。

第四期へ)

(下の画像は楽天市場の同商品ページにリンクします。購入もできます)

メモリアルブック

|

« ホテルグランコート名古屋 お勧め | トップページ | さよなら本館校舎 »

7.2.5.2   『ちりとてちん』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/47213428

この記事へのトラックバック一覧です: 「ただいま修業中」 第三期:

« ホテルグランコート名古屋 お勧め | トップページ | さよなら本館校舎 »