« 「ただいま修業中」 第三期 | トップページ | 境線付替え »

2008年8月17日 (日)

さよなら本館校舎

 現任校の校舎の最も主たる部分に、今年度は改修工事が入ることになり、学内がもうてんやわんやである。改修といっても、限りなく改築に近い改修なのだそうで、骨組だけ残して全部作り替えるらしい。もちろん、耐震に関しても完璧にするのだろう。
 この工事のため、まる二カ月授業できないうえに、後期は一部のクラスルームなどが臨時の部屋に移ることになる。一時はプレハブを建てる、という話もあったが、なんとか場所をやり繰りして建てずに済んだようである。各学科棟の実験室などのスペースを、急遽クラスルームに仕立てることになる。

 にしても、わたしも着任から通算して14年10カ月この校舎で仕事をしたことになるので、それがなくなるというと、ちょっとした感慨はある。原形のあるうちに写真を撮っておこうと思った(撮ったのはお盆休み前なので、現状は異なっている)。工事中の校舎内にご案内しよう。

20080808122154  まず、校舎の周囲に囲いができたよ。かっこいい! と定番の小咄から始めるが、改修になり、立入禁止となっているのはこの横方向、つまり南北方向の部分である。この校舎から分岐して突き出た東西方向の部分については改修の対象ではない。これにより、今年度の夏季休業は、8月4日~9月30日と、長めである。その分7月までの土曜や祝日に頑張って授業したのである。
 2088819 2000144 20001441_2   内部に入ってみる。

 わたしは一階に三つ並んだ教室で、それぞれ一回ずつ担任をしている。もう机も運び出されているが、教壇に立ってみると、思い出すことが多い。いろんなことがあったなあ。最初に担任したクラスの全員のフルネーム、今でも暗誦できますよ。こうして見るのも最後の機会だ。

 それにしても、この床の色、「グリーンマイル」とわたしは呼んでいたが、何とかならんのかと思う。グリーン系でももうちょっと落ち着いた色調がありそうなものだ。改善されるのだろうな。
 掲示板の表布が破れた所を隠すようにして、クラスの班分けなどの紙を貼ったことも、また懐かしい。前期末に全て片づけたはずなのに、掲示物がだらしなく残っていたり、床にトランプが散乱していたりするのも、本学らしいところである。

 20080808115012

 20080808115041

 教室の壁を見ると、何代もの学生たちが塗り重ねた鉛筆の落書きが、後僅かの命をかすかに主張している。何度か消されてはまた書かれていくのだろう。懐かしい名前もあったし、意味不明のもある。他の教室では「石川ひとみ最高!」という、歴史を感じさせるものも発見できた(遺憾ながらサッコはなかった。わたしが書いといてやろうか)。

  

 二階に昇ると、物理教室がある。ここも、一階の化学教室も使えなくなるから、今年度は化学も物理も、後期に実験をしないように、変則的な授業過程にしている。わたしは、ここでクラス対抗かるた(百人一首)大会などをさせてもらったこともある。実験台が、かるたを並べるのにちょうどいい大きさなのだ。やっぱり思い出深い。その実験用テーブルも既に撤去され、物品搬出の真っ最中である。準備室の方も、所狭しと並んでいた機器類が姿を消し(あの5インチフロッピー群もついに用済みか?)、荷造りがなされている。20080808115232 20080808115259 20080808115317

  

 

 

 

 4階のエレベーターホールから北側を見はるかすると、既にLL教室の机も撤去され、北端までが見とおせる。こんな光景も最初で最後だろう。20008123450

 

 1階を入ったところにあった、トロフィーの展示棚も、どこへ移したのか、すっかり空っぽになった。20080808115116

 

 こういういろいろ空虚な空間を見ていると、今まで卒業させた学生たちに、教え残したことがいろいろあるような気がして、感慨とともに何とも言えぬ焦燥感が込み上げてくる。全てを教えることなどできないんだがな。わたしの教育はこうした風通しだけよくて中身のないがらんとしたものでしかないのではないか。

 答の出ることでもないのだろうが、例年になく長いこの夏休みの間に、また学生さんたちにもいろいろな不便をかけることになる後期の授業の間に、じっくりと考えてみたい。

|

« 「ただいま修業中」 第三期 | トップページ | 境線付替え »

9.0まるよし周辺事態」カテゴリの記事

コメント

懐かしい光景ですね
高専最後の三年間は専攻科棟と環境都市工学科棟がメインだったので,そのときの印象は今でも色濃く残っていますが,本館のこういう風景をみると,その前のもっといろいろあった楽しいことを思い出してちょっと泣きそうになります.
すごく遠い過去のように思えてしまうのがさみしいです.

投稿: 真面目な軟派師 | 2008年8月18日 (月) 20時20分

 そう、ぼろいぼろいと悪口言ってながら、いざ壊すとなると寂しいもんです。でも、環境都市棟もええ加減何とかせんといかんのでは…。

投稿: まるよし | 2008年8月18日 (月) 21時31分

地震が起きたとき環境都市棟だけ崩壊とかになったらめもあてられないですよね

投稿: 真面目な軟派師 | 2008年8月19日 (火) 23時27分

懐かしい風景ですね。
休み時間にトランプ…、教室の壁に落書き…よくしました。
どこかの教室の壁にはテストのスコア表が落書きしてあると思います。友達何人かで競い合っていたので…。
それにしても自分のかつての学び舎がなくなるというのは寂しいものですね。
私にとっては大学、中学校に続き高専までもが…という感じなのですが。

投稿: youYa | 2008年8月24日 (日) 02時56分

●youyaさん
 わたしも、高校の校舎は建て替え、大学はキャンパス自体が移転してしまい、何か自分の母校ではないみたいな感じで、ちょっと淋しいですね。
 今回の改修は、跡形もなくしてしまうわけではないので、それほどに感じなくてもいいかと思います。外観は少々変わるかもしれませんが。また、電気電子棟などは当面そのままです。

投稿: まるよし | 2008年8月24日 (日) 13時15分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/42104131

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら本館校舎:

« 「ただいま修業中」 第三期 | トップページ | 境線付替え »