« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月の記事

2009年4月28日 (火)

神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ お勧め 3

(当記事は、外食・宿泊記事専用ブログ『まるよし出歩く』に移転しました)

続きを読む "神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ お勧め 3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

教師七つ道具(改4)~ ウェットワイプマーカー

 以前の記事で、黒板などに線を引く道具として、アイシーテープを紹介した。
 しかし、その記事でも書いたように、剥がした痕が残ってしまう、という難点があるため、自分専用の板でなければ、使うのがはばかられる。その時は綺麗に取れたように見えても、接着剤などが微かに残ってしまうのであろう、埃などが付着して、結局痕になってしまうことが分かった。

 そこを改善することのできるグッズを見いだしたので、改めてご紹介する。

続きを読む "教師七つ道具(改4)~ ウェットワイプマーカー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

清水→草なぎ→静岡

 ワイドショーの関心は、すっかり草彅剛さん逮捕に移っているけれど、わたしは清水由貴子さんの訃報を消化しきれずにいる。
 亡くなったこともそうだが、お母さんの介護のために芸能界を引退していたことも、初めて知った。そして、人生の幕引きにはもちろん早すぎる年齢にも、ひとごとでない感をもった。

 わたしたちの世代にとっては、清水さんはとても印象に残るタレントの一人である。そして、サッコさんともちょっと重なるところがあるのだ。

続きを読む "清水→草なぎ→静岡"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

鉄道文化財の不思議

 昨秋、弥生文化博物館で鉄道関連のイベントがある、と聞いて、出かけてみることにした。弥生時代に鉄道があったわけではないし、なぜそういう場所でそういうイベントがあるのかは、おいおい明らかになる。

 しかしこの博物館は、クルマで行くのにはいいが、電車で行こうとすると往生する。ただ、わたしには強い味方がある。おかげで何とか辿り着けた。

続きを読む "鉄道文化財の不思議"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

創作落語「実録まるよしの同窓会」

凡例
 黒字…正面切り
 赤字…上手
 青字…下手

〈出囃子〉

〈小拍子〉

 ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。まるよし亭の席亭兼噺家をやっております、まるよしこと、徒然亭草枕でございます。相も変わりませず、まるよしの実体験を元にしたフィクションを創作落語に調えましたもので、おつきあいを願います。

〈小拍子〉

続きを読む "創作落語「実録まるよしの同窓会」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

近鉄みたいな阪神なんば線

(この記事は、鉄道趣味資料庫ブログ『まるよし電車区』に移転しました)

続きを読む "近鉄みたいな阪神なんば線"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

真の授業改善に向けて

 今まで、自分の学校でやっていることだから、としぶしぶつきあってきたが、今年度からはとうとう怒りと笑いをもってホンネで語ることに決めた。授業アンケートに代表される、「教育改善にとり組んでいるポーズをとるための似非データづくり」(もちろんJABEE対応などの多くの部分も含まれる)に対してである。

 以下のデータは、いずれ所属校の彩図で公表されるものであるから、別にここで公開しても支障はないはずだ。

続きを読む "真の授業改善に向けて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

単体では訓み方が分からない熟語

 送り仮名で訓みを区別することの限界を、前のシリーズで話題にしたが、熟語の場合でも悩ましい語が時々出てくる。漢字二字以上の語となると、もう送り仮名の問題を離れてしまうので、続きものの記事にはしなかったのだが。
 文章に出てきたとき、わたしがよく訓み方に迷う熟語、いわば「同字異音語」は、例えばこういうもの。

続きを読む "単体では訓み方が分からない熟語"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

育毛トリートメント

 風呂に入って、壁にこつんと頭をもたせてみると、以前よりもタイルの冷たさの頭皮への伝わり方が直接になった気がする。
 そうした時、あわててつむじ周りを触ってみるのだが、ちゃんと髪はある。恐らく、若い頃と比べて、毛が痩せてきていると同時に密度も小さくなってきたのであろう。
 教師にとって若さは一つの武器なので、髪のケアにも人一倍気を配ってきたつもりだが、いつまでも若くはないのである。わたしより毛の少ない同僚でも、学生に人気のある人はいるから、あまり気にしなくていいかもしれないが。

 とにかくそんなふうに思っていると、先日、理容院に行った時、理容師さんに、
「天辺のほう、薄くなってきましたね」
と言われた。
 普通、そういう客が気にしそうなことは言わないのが客商売ではないのか。わたしは月に一回くらいは帰省するので、その時に散髪することにしている。つまり、学生時代からお世話になっている気のおけない理容院であり理容師さんである。わたしの職業や好み、髪質まで熟知したうえでいつもやってくれている。
 だからこそ無遠慮に言うのか、と思ったら、魂胆があったのである。

続きを読む "育毛トリートメント"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

越谷+バースデイ '2009 下

 最後の曲は、やっぱり「乙女のワルツ」であった。一番の最後の「と」は、従来そんなに伸ばさなかったのだが、今回はずいぶんと長い。どこまでいくのかこりゃ見ものだとばかり、愉しみに聴いていたところが、ここでまず意外な出来事。

続きを読む "越谷+バースデイ '2009 下"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

越谷+バースデイ '2009 上

 サッコさんのバースデイパーティーに参加するのは、三年前に続いて二度めである。前回と同じ、埼玉県越谷の「ヘルシーランドらぽ~れ」という施設でのサッコさんのビッグショー(?)に合わせて開催された。
 相変わらず宿泊を伴う旅行はできないが、春休み中の日曜昼間なので、今年は参加できたわけである。

 ビッグショーは昼夜二回公演で、その間にひまわり隊主催のパーティーを行うことになる。ショーの昼の部は鑑賞できそうである。それで、朝一番に出て、11時前、「らぽ~れ」に到着した。

続きを読む "越谷+バースデイ '2009 上"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

近鉄南大阪線改キロ

(当記事は、鉄道趣味ブログ『まるよし電車区』に移転しました)

続きを読む "近鉄南大阪線改キロ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

看板つっこみ(9)~ そんな部屋なのか

 昨日は、エイプリルフールネタ(削除済み)におつきあいありがとうございました。今日からまた真実の(?)記事に戻ります。

 やっぱり、高級な場所であればあるほど、アレの表示には気を遣う。
 最もあからさまな 便所 という表現は、客商売の場所、特に食べ物を扱うような場所では、まず使わないだろう。
 そこで、婉曲に現そうとするわけだが、わが国の奥ゆかしい表現である はばかり なんていうのは、大体もう通じなくなってきているし、和語がそういう店のムードに合わない。
 さればと、外来語にして トイレ とか toilet とか、あるいは W.C.(water closet 水洗便器) と表現するやり方もでてきたが、われわれはすっかり慣れてしまって、便所 と同じ程度の嫌悪を喚び起こすまでになった。
 お手洗い とか 洗面所 とかいう言い方は、本来の機能ではない、付属的に行う行為を前面に出す、という方策で、表現を婉曲にしている。これも洒落たやり方であるが、この語もかなりアレをあらわすことが定着して、婉曲さが低減してきた。英語の lavatory も、元は洗面所の意味らしい。
 そこで、同じ方策でさらに美しい言い方が出てきたわけだが、だからといって、これはどうなのか。

続きを読む "看板つっこみ(9)~ そんな部屋なのか"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »