« 越谷+バースデイ '2009 下 | トップページ | 単体では訓み方が分からない熟語 »

2009年4月 9日 (木)

育毛トリートメント

 風呂に入って、壁にこつんと頭をもたせてみると、以前よりもタイルの冷たさの頭皮への伝わり方が直接になった気がする。
 そうした時、あわててつむじ周りを触ってみるのだが、ちゃんと髪はある。恐らく、若い頃と比べて、毛が痩せてきていると同時に密度も小さくなってきたのであろう。
 教師にとって若さは一つの武器なので、髪のケアにも人一倍気を配ってきたつもりだが、いつまでも若くはないのである。わたしより毛の少ない同僚でも、学生に人気のある人はいるから、あまり気にしなくていいかもしれないが。

 とにかくそんなふうに思っていると、先日、理容院に行った時、理容師さんに、
「天辺のほう、薄くなってきましたね」
と言われた。
 普通、そういう客が気にしそうなことは言わないのが客商売ではないのか。わたしは月に一回くらいは帰省するので、その時に散髪することにしている。つまり、学生時代からお世話になっている気のおけない理容院であり理容師さんである。わたしの職業や好み、髪質まで熟知したうえでいつもやってくれている。
 だからこそ無遠慮に言うのか、と思ったら、魂胆があったのである。

 店ではちょうどトリートメントキャンペーン期間中だったのである。以前から、鏡台の間の壁に貼ってあった各種トリートメントの「一度やってみませんか?」という惹句は気になっていながら、なかなか言い出せずにいたのだ。
 それが、今なら割引料金でやってもらえる、と言う。そして、一度やると気持ちよくて病み付きになる人が多い、と誘われたので、「頭皮クレンジング」と「育毛クレンジング」の組み合わせをお願いしてみた。

 どこまでがどっちなのかは定かではないが、カットの後、一応慣れた手順で処置が始まった。
 まず、わたしの髪に見慣れぬ水鉄砲のような器具で薬品が噴霧される。これがファンデーションのようなものらしく、次に、チューブから絞り出した各種粘液状の薬品を四種類も次々馴染ませていく。部位毎に薬が使い分けられているようである。これだけで何か頭がすーすーする感じで気持ちがよい。暫くその状態で置いた後、髪をごしごしと擦って泡立たせていく。ここで一回髪を流す。
 次に、別の薬品を今度は髪全体になじませる。そのうえで、女性理容師さんに交代、指でわたしの頭をマッサージしはじめる。この指の動きが、制御された精密機械のように正確な振動と圧力を満遍なくわたしの頭皮に加えていく。この技の会得にはなかなかの訓練が必要であろう。そういう細かい動きが来たかと思うと、比較的広い範囲を大きく揉みしだいて、また部分的なマッサージに移る。それを繰り返していると、ほんとうに官能的な気持ちよさに浸ることができる。女性がやってくれているから、というだけではない。触覚そのものが快感を呼んでいる。
 頭皮のマッサージは、毛穴に詰まっている老廃物や脂分をきれいにし、毛根から生え出る毛を太く強い物にするのだそうだ。汚れで狭くなった毛穴からはその分細い毛しか生えてこないため、歳をとると毛が痩せる道理なのである。
 ひと通りのマッサージが終了すると、パーマの時につかうような乾燥機を頭にあてがわれ、熱を加えながら乾燥させる。そして、シャンプーして残った薬品などを流し、全部で二十分ほどの処置が終わる。

 マッサージしてくれた女性理容師さんは、肩を揉みながら、
「頭がずいぶん凝ってらっしゃいますね」
と言う。
「頭が凝る?」
「ええ、頭皮の下にも、薄いですけど筋肉があって、そこが凝ることがあるんです。お客さんは、相当凝っていらっしゃいました」
「そうですかね」
「肩も凝ってらっしゃるようですし、パソコンを使うお仕事ですか?」
「けっこう使いますね」
「それででしょうね。パソコン使われる方はけっこう体のあっちこっちが凝る方が多いですよ」

 いつもの理容師さんに戻り、ブローとセットをしてもらいながら話をする。
「ほんとにすっきりして気持ちよろしいわ」
「そうでしょう。育毛は店でいくらでも薬売ってるんで自分でできますけど、頭皮クレンジングはなかなかできませんよ」
「まったく」
「それも、そんなしょっちゅうしないといけないことでもないんです。月一くらいの割合で十分なんで、ちょうど散髪に来た時にされるのがいいですよ。次回もよかったら」
 もう、言われなくてもそのつもりになっている。

 頭が気になってきた方、理容院にそんなメニューがあれば、ためらわずに挑戦してみましょう。

|

« 越谷+バースデイ '2009 下 | トップページ | 単体では訓み方が分からない熟語 »

9.0まるよし周辺事態」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/16310340

この記事へのトラックバック一覧です: 育毛トリートメント:

« 越谷+バースデイ '2009 下 | トップページ | 単体では訓み方が分からない熟語 »