« 鉄道落語会(繁昌亭) | トップページ | スターウッドとの出会い~ ウェスティンホテル大阪 »

2009年6月 7日 (日)

ひとまず安心しようよ

 大阪・兵庫両府県が「汚染拡大地域」扱いから外れたのはやっと先週である。「汚染拡大地域」という用語もなかなかのものだが、それまでは、両府県には不用不急の旅行を避けるように、もしやむを得ず旅行した場合は、一週間自宅待機して健康状態をチェックするように、というお達しが出ていた。
 関西以外では、こういう対応をとっている所も多いのであろう。

 新型インフルエンザの正体も不明だった初期はまあ用心深くするにこしたことはなかったのは分かる。感染者が出た学校に、心ない中傷を寄せる人がいたので、特に学校が敏感になるのも分かる。が、もう通常に戻してもいいのではないか、という気がする。

 先週末は大阪に滞在、神戸にも足を伸ばした。
 神戸がどんな状態になっているか、と心配だったが、「ひとまず安心宣言」(これもまあ矛盾した文言だが、こうとしか言えないのだろう)のせいか、町中でもマスクをしている人は一割に満たない。自身が風邪気味の人だけのようだ。
 それにしても、観光地など、この間から「がんばろう神戸」などという標語を掲げていて、もう一度震災がきたような騒ぎである。あれとこれとでは災難の種類も規模も全然違うのだが。風評被害の大きさはかなりのものである。
 そして、街で異常に多く見かけたのは、試合帰りの中高生のグループである。夜九時近くなっても、そういう集団が駅や車内に屯している。察するに、一週・二週前に実施予定のものが、延期実施され、元々この週に実施予定だったものと相俟って試合ラッシュとなったのだろう。他県から生徒を載せてきた貸切バスも多かった。
 だいたい神戸で発生したインフルエンザは、クラブの試合を通じて他府県に拡がったケースが多いとされており、それでも開催するのだから、すっかり安心しているのだろう。

 現地が既にこんな様子なのだから、過剰に気を遣うことはないのである。
 勤務校では、この間からわざわざ授業開始を通常より5分遅らせて、「健康状態チェック」の時間を設けている。 この態勢ももうよろしかろう。担任の先生は、毎朝授業前にクラスに行ってチェックしておられ、大変な負担である。今週からは中間試験に入るので、いよいよチェックが難しくなる。それでも、毎日各クラスのチェックシートを学校に提出しなければならないので、手は抜けない。
 自校から感染者を出したくない、という思いは分かるが、神戸での「国内感染者」が発生したのは、成田での検疫による感染者発見よりも前だったことも分かっている。結果論ではあるが、「水際対策」は意味がなかったことも明らかになったのである。
 府県単位での封じ込めなんて、いよいよ意味をなさない。いくら学校ばかりがこのような手段を講じたとしても、世間には仕事などの都合で府県境を越えて移動している人がいくらでもいる。子どもの保護者にもいるだろう。
 先々週など、それまで汚染拡大地域だった京都・滋賀が解除されて大阪・兵庫だけになったのだが、これはまさに地方、すなわち日常の移動・交流が県内でほぼ完結しているような土地の感覚である。都市部では、府県境を越えての通勤・通学・用務・買い物などの生活上の移動がごく普通だ。例えば、大阪府民が京阪電車で京都の会社に通う、滋賀県の主婦が新快速で大阪のデパートに服を買いに行く、京都の人が阪急で宝塚の競馬場に行く、など、少しも珍しいことではない。そこで京都はOK、大阪はだめ、などと言ってみても無意味なのである。
 何より、兵庫県知事も遺憾の意を表していたが、余所の土地を、何か危険な汚れた場所のように扱うのは、失礼である。
 学校に対する中傷にしても、中傷する者こそが問題の進展を遅らせる迷惑な存在なのだ、という共通理解は、既に成立している。愚か者を恐れることはないのだ。

 もちろん、新型も含め、インフルエンザが流行していることは事実であり、子どもにそれに対する認識を深め注意を促すことは、有効であり必要である。所属校でも、産業医による講演会を急遽開催したし、各校舎の入口に消毒液のスプレー付ポットを設置して、手軽に消毒ができるようにしている。これらは教育上いいことである。
 しかし既に、新型インフルエンザが早期に適切な治療を受ければ命に関わることはない、ということもほぼ明らかになっている。授業時間を変更してまでの対策は、今となっては少々いきすぎである。 

|

« 鉄道落語会(繁昌亭) | トップページ | スターウッドとの出会い~ ウェスティンホテル大阪 »

6.0教育・研究」カテゴリの記事

8.0時事・ニュース」カテゴリの記事

9.0まるよし周辺事態」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/45261215

この記事へのトラックバック一覧です: ひとまず安心しようよ:

« 鉄道落語会(繁昌亭) | トップページ | スターウッドとの出会い~ ウェスティンホテル大阪 »