« 副詞化する名詞たち | トップページ | 三木鉄道の跡 »

2009年8月11日 (火)

指その後(1)~ 手袋の変遷

※ 本日から約一週間のお盆期間はブログの更新と管理を休止します。この間いただいたコメント・トラックバックは、お預かりして18日以降に公開します。

 指の事故に遭って以来、いかにして手を保護し、また隠すか、ということで、いろいろ工夫してきた。
 人指し指と薬指は爪の途中の変なところで切れているため、中途半端で妙な形状である。中指は完全に爪はなく、第一関節から先がない。いずれも縫合しているため、縫い目の所や爪の食い込みを中心に、かなり痛みや違和感がある。いわゆる幻指痛もある。それに、この指が別に恥ずかしいわけではないが、板書時などに学生にこの指が見えると、そっちに気をとられて板書内容に神経がいかなかったりする。そして、技術系の学校だから、機械が怖い、というような観念をもってもらっても困る。

 それで、手袋を穿くわけだが、時期によっていろいろなものを使用してきた。

 手術直後の、手首から先全体に包帯を巻いていた時期は、雨のときや入浴の時に、患部を濡れないようにする必要があった。そこで、まるよしくらぶ生にシャワーキャップを買ってきてもらい、それを被せていた。

97110662

 この時期は、触れるだけでも激痛が走ったので、全く右手が使えず、往生した。

 包帯が指ごとになると、親指が使えるようになる。小指は薬指とかなり連動するので、小指を動かしても薬指に激痛がある。そこで、親指だけが別になった鍋つかみを買った。

96280880

  家事などをするのはこれで少し楽になった。まだ右手に物は持てなかったが、手を添えるくらいならできるようになった。しかし、これだけゆったりした鍋つかみであっても、着脱の時には指の包帯がひっかかり、相当な痛みがあった。それと、これを嵌めて外出するのは、なにか恥ずかしいものがあった。

 そこを解決できないかと思って、いろいろ探した結果、ゴルファー用のミトンを購入することにした。96280899_2
 そのままでは不便なので、若干の改造を施した。親指の指先は使えるので、ミトンの親指部分の先を鋏で切って、指が出るようにした。
 口が大きく開いていて、マジックテープで締めるようになっているので、穿く作業は少し楽になった。が、包帯の分太くなった指が締めつけられるため、嵌めている間の痛みが酷かった。そこで、小指も外に出すことにし、そのための穴も開けた。四本分用のスペースに三本だけが入ることになったので、かなり楽になった。
 そしてこれは見た目もそれなりに恰好がつく。ちょうどこの頃に職場復帰したので、これはありがたいことだった。

 包帯が取れてからは、人指し指と薬指の爪が落ち着くまで、ちょっと指を使うと血が滲むような状態だったから、保護のため、綿を小さく丸めてサージカルテープで止めた。また、中指は、長さを補完しないとパソコン打ったり箸を持ったりするのに支障するため、綿で指を作ってテープで指に繋ぎ(この時、角度をつけて、少し関節を曲げたような状態を模して繋ぐ。こうすることで、パソコンなども打ちやすくなる)、指用包帯を上から被せた。いずれも、それだけではすぐに取れてしまったり汚れてしまったりするから、上から手袋を嵌めることになる。
 以前から、行きつけの散髪屋で女性の理容師さんが着けていた薄手の手袋が気になっていた。それを着けたままで洗髪やマッサージをしているから、ほとんど素手と同じ機能性があると思われる。
 そこで、探してみると、美容師用使い捨てグローブが見つかった。もちろん親指と小指は切って指先を出すようにした。

96190884

 ただ、これはビニール製なので、長時間着けていると汗や皮脂で蒸れてしまうし、水気が侵入すると、中がえらいことになる。
 そこで、下にもう一枚、綿製の手袋を着けることにした。二枚手袋を穿くと、さすがにちょっと動きはぎこちなくなるが、ビニールの方は、水仕事したりチョークを握ったりする時だけでいい。それ以外は綿だけでもなんとかなる。綿の方は、中指も切っている。中指は指用包帯を巻いているから、必要ないのである。

96190882

 今に至るまでこの手袋の重ね着で乗り切っている。黒のビニール手袋は夏になると暑苦しいので、別の色をと思ったが、水色しかない。もう少し落ち着いた色はないものか、と思う。これでは着る服の色も限定されるではないか。

97097583

 ともあれ、わたしを支えてくれている歴代の手袋(使い捨てのものはサンプル)については、大事に保存しておきたいと思っている。

|

« 副詞化する名詞たち | トップページ | 三木鉄道の跡 »

9.6  傷病と生き方」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/45596377

この記事へのトラックバック一覧です: 指その後(1)~ 手袋の変遷:

« 副詞化する名詞たち | トップページ | 三木鉄道の跡 »