« 六甲連山バス横断(神戸市バスの面影) | トップページ | 看板つっこみ(15)~ 強引なお願い »

2009年8月27日 (木)

サッコ関連記事

(当記事は、伊藤咲子関連ブログ『まるよし嘖咲』に移転しました)

 

|

« 六甲連山バス横断(神戸市バスの面影) | トップページ | 看板つっこみ(15)~ 強引なお願い »

1.0サッコ」カテゴリの記事

コメント

まるよしさん 
随分お久しぶりです。
 ここのところ同僚が3人もリストラで辞めて、仕事が集中。とんでもない状態になっていました。ここ数ヶ月は落ち着き、お陰さまで出張なども出てきました。
 ブログやらサッコの応援やら凍結状態ですが仕事は少し良化してきたようです。
 本題ですが、本件、ビックリしています。サッコが何で追放なのか? ちょっと待って!! と言う感じ。
 のりピーと同じ扱いは辛いですね。根拠がよく解らない上に、麻薬とアイドルの恋愛を比喩に使うやりかたは、腹が立ちますね。
 こういうやり方の連中は、この紛らわしさがお得意なわけで、自分の文筆家としての? 力を最大限発揮していると勘違いしているのでしょう。私的には、お馬鹿な、哀れなヤカラ扱いをさせて頂きましょう。

投稿: はっちゃん | 2009年9月16日 (水) 18時53分

※ 上記コメントは、当ブログの都合により、一部文言を削除・修正させていただきました。ご諒承ねがいます。

 サッコさんがアイドルとしての地位を失ったのは、たぶん複合的な原因であって、例に挙がっている他の方のように、降って湧いたスキャンダルで一気に転落! という感じではなかったように思うんですけどね。
 少なくとも二回も名前を出されるほどのりピーと共通しているのかなあ、と。

投稿: まるよし | 2009年9月16日 (水) 20時19分

確かに私も同じ印象でした。じわじわ降下して行きました。気が付いたら居なくなっていたという感じでしたね。サッコの場合スキャンダルと言っても、今となっては過去のお話ですが、この寒いネタは、ホント記事を書いた人のレベルの低さが伺えます。彼女の場合は地すべり的事故でしょう。イルカのお兄さんのファンからの突き上げと、ご自分のファンからの嫉妬という見えない攻撃だったのではないかと述懐しております。上手くは表現できないのですが、お亡くなりになった両先生達の操縦から外れてしまった制御不能状態に陥ったのではないかと推察しております。自分も似たような経験があるのですが、若きアイドルだったゆえ仕方の無い部分があったと思います。でも転落という表現は余にも不適切であると声を大にして言いたい所です(怒)。

投稿: はっちゃん | 2009年9月17日 (木) 21時07分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/46015322

この記事へのトラックバック一覧です: サッコ関連記事:

« 六甲連山バス横断(神戸市バスの面影) | トップページ | 看板つっこみ(15)~ 強引なお願い »