« ドラマの力も信じたい | トップページ | ケータイに付けてほしい機能 »

2009年9月20日 (日)

ディナーショーに向けて

 『週刊文春』でサッコさんの名前を見るのは珍しいことです。それも、巻末の連載「おいしい! 私の取り寄せ便」 のコーナー。
 サッコさんのパワフルな歌声の源となっているのは何なのでしょうか。

 それは、東京目黒にある「御門屋」という店の揚げまんじゅうでした。
 いやそれがもうね、サッコさんの推薦文(談話を起こしたもののようだが)を読みながら揚げまんじゅうの写真を見ると、食べたくてしかたなくなるのよ。それくらいそそられます。よく読むと、味について詳しく書いてあるわけではなくて。「状況証拠」ばかりなんですね。この方が味をいろいろ想像させられ、その想像を確かめるために実物を手にとりたくなるというもの。さすがはサッコさん、人心を惹きつけるのがうまいです。
 「御門屋」は彩図のドメイン名にage-manjyuと入ってるくらいですから、看板商品なんでしょう。目黒にはよく泊まるし、東京駅などにも出店しているそうですから、今度上京した際は、ぜひ買ってみようと思います。
 10個入りが1100円、というのもよろしい。今までいろんな所でお土産のお菓子を買ってきましたが、経験上、1個あたりの値段が概ね100円を超える菓子は、味も信頼できるというものです。

 さて、その次回上京の機会になるかどうかは分かりませんが、その記事には「12月12日には品川パシフィックホテルで、ディナーショーの開催を予定している」とありました。公式彩図でまだ告知がありませんが、公刊物に載っているのだから、書いてもいいでしょうね。公式発表は詳細が決まってからということだと思います。
 年末恒例になったディナーショーですが、サッコさんゆかりのパシフィックでの開催は今回が最後ということになります。同ホテルは来年閉館の予定ですから。
 わたしも是非行きたいところですが、例によってドクターストップによる旅行禁止がネックです。何とか出張か何かが入らないものか、と思っていますが。
 いずれにしても、わたしも揚げまんじゅうで栄養をつけて備えてだけはおきましょう。

 なお、来月18日には岡山で、24日には東京で、それぞれサッコさんのステージがあるので、ぜひおいでください。詳細は公式彩図でどうぞ。

|

« ドラマの力も信じたい | トップページ | ケータイに付けてほしい機能 »

1.0サッコ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/46246839

この記事へのトラックバック一覧です: ディナーショーに向けて:

« ドラマの力も信じたい | トップページ | ケータイに付けてほしい機能 »