« 漢字がかえって意味理解を阻害する | トップページ | 阪急臨時直通 2009’秋 »

2010年3月11日 (木)

神戸新交通8000型さよなら 

(この記事は、鉄道趣味資料庫ブログ『まるよし電車区』に移転しました)

|

« 漢字がかえって意味理解を阻害する | トップページ | 阪急臨時直通 2009’秋 »

3.3.3.9   私鉄乗車記録」カテゴリの記事

コメント

 先見の明か、神戸には「高架市電」の構想がありましたよね。
 ロッテルダム市電の路線一部には高架市電がありまして、「神戸もこうなっていた筈だ」と思います。

 しかし、ある物を活かせない、って、何てアホなと私は思うのですが。

 もっと愚は、大阪南港のニュートラムだと思います。
 従来線との互換を考えて、何で線路式にしなかったのか…。

 PS 咲子ファン、という枠を超えて、私はまるよしさんの着眼点が大好きです!

投稿: ドイツ語通訳 | 2010年3月12日 (金) 21時15分

> 先見の明か、神戸には「高架市電」の構想がありましたよね。

 そうなんですよ。廃止されてからそれを知って、惜しいなあ、と思いました。
 せっかくある神戸市電という伝統や設備を活かさず、一旦全部ばらしてから新しいのを造る、という発想は、わたしの肌に合いません。神戸市電だって、東京や札幌のように、うまくやれば一部でも活かすことはできたと思うんですがねえ。地下鉄海岸線なんて、市電の一部路下化・連接車化で十分だったはずです。

> 咲子ファン、という枠を超えて、私はまるよしさんの着眼点が大好きです!

 嬉しい言葉、ありがとうございます! 何も出ませんけど(笑)。

投稿: まるよし | 2010年3月12日 (金) 22時01分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/46720400

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸新交通8000型さよなら :

« 漢字がかえって意味理解を阻害する | トップページ | 阪急臨時直通 2009’秋 »