« 看板つっこみ(18)~ こんな場所に? | トップページ | 漢字がかえって意味理解を阻害する »

2010年3月 6日 (土)

結婚報告と鯵ヶ沢顚末

 サッコ(伊藤咲子)さんが再婚した、というニュースが先月流れた。本当は、青森バスツアーでひまわり隊に真先に報告するはずが、どこからかマスコミに話が漏れて、後先になってしまったようである。
 以前の記事のように、わたしはバスツアーに参加できなかったのだが、参加した隊員のレポートなどもあり、まるで参加したかのように、その様子が分かる。

 青森鯵ヶ沢のステージで、サッコさんはきちんと自分の言葉で結婚について語られたそうだ。

 子供のいる相手との再婚なので、サッコさん念願のお母さんになられたわけだが、もうほぼ大人と言っていい歳のお子さんなので、友達感覚になるのかもしれない。お相手は48歳の一般の会社員とか。

 
 さて、この鯵ヶ沢では、ひまわり隊にサプライズがあったそうだ。ステージに上がって、サッコさんのバックコーラスを務めた、というのである。これを聞いただけで、なんで参加できなかったのか、と口惜しい。
 ともかく、そんな企画もありつつ、幕が下りる時には、サッコさんが下りてきた緞帳で頭を打つというハプニングもあったとか。サッコさんが後に、「おっちょこちょいのわたしらしいステージになった」と話しておられたのは、このことらしい。他に、歌詞のトチリなどもあったようだ。

 不老ふ死温泉での宴会は、酒と料理を待ちかねたサッコさんの希望で、予定より早く開宴した、とサッコさん自身に聞いた。
 宴会はかずかずのイベントでさらに盛り上がったそうである。サッコさんへのお惚気インタビューなんていうコーナーもあったそうだ。結婚の報に接した男性隊員の心持ちとしては、さだまさしさんの「CONGRATULATIONS」の歌詞そのままと言っていいだろう。歌詞は検索してください。
 宴会の後も、部屋に戻って賑わいは続いたようだ。詳しいことは隊員のレポートをお読みいただきたいが、ステージの疲れもなんのその、いちばんしゃべりつづけたのはサッコさんだったようだ。睡眠時間二時間とか三時間とかで全国を飛び回ったアイドルは、鍛え方が違う。
 不老不死とは夜のサッコさんのことだったようである。

 今後もたびたびこういうツアーを、というサッコさんのご希望のようなので、そのときはぜひ参加したいと思う。

|

« 看板つっこみ(18)~ こんな場所に? | トップページ | 漢字がかえって意味理解を阻害する »

1.0サッコ」カテゴリの記事

コメント

まるよしさんのように文才がないので、どこまで伝わっているのかが不安でしたが、なんとかわかっていただいたようで良かったです。
本当はまだまだお伝えできないようなお話がありますが、それはお会いした時にでも。

投稿: プリンゼ幸夫 | 2010年3月 7日 (日) 13時02分

 もうレポートだけが頼りですから。土産話も楽しみにしています。

投稿: まるよし | 2010年3月 7日 (日) 18時31分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/47733243

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚報告と鯵ヶ沢顚末:

« 看板つっこみ(18)~ こんな場所に? | トップページ | 漢字がかえって意味理解を阻害する »